新しい Business Contact Manager データベースの作成または選択

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Business Contact Manager for Outlook最初のインストール時にデータベースを作成しなかった場合は、新しいデータベースを作成または別の既存のいずれかを選択します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [データベースの作成または選択] をクリックします。

  4. データベースの作成または選択ウィザードで、次のいずれかをクリックします。

    ローカル データベースに接続します。

    既存のデータベースに接続するには、このオプションをクリックします。

    1. 一覧からデータベースを選択します。

    2. [接続] をクリックします。

    リモート データベースに接続します。

    別のコンピューター上にあるデータベースを使用するにはこのオプションをクリックします。詳細については、「共有 Business Contact Manager データベースに接続する」を参照してください。

    注: 別のコンピューター上のデータベースに接続するにリモート コンピューターのデータベースの所有者する必要がありますアクセス許可を付与に接続します。リモート コンピューターへのアクセスを与える必要もあります。

    新しいローカル データベースを作成します。

    新しいデータベースを設定するにはこのオプションをクリックします。

    1. 新しいデータベースにはデータベース名が自動的に作成されますが、別の名前を入力することもできます。

      注: 以前コンピューターに存在していたデータベースの名前を再度使用することはできません。

    2. [作成] をクリックします。

Business Contact Manager データベースの場所について

Business Contact Manager データベースの名前は、データベース所有者がデータベースを作成するときに使用した名前です。Business Contact Manager データベースは SQL Server データベースであるため、このデータベースは、メインのデータベースとデータベースのログ ファイルの 2 つのコンポーネントで構成されています。

データベース ファイルは次のフォルダーに格納されています。

Windows XP の場合

Windows XP では、Business Contact Manager データベースとログ ファイルは次の場所に格納されています。

C:\Documents and Settings\<username>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Business Contact Manager\<databasename.mdf>

username はデータベース所有者の名前、databasename は Business Contact Manager データベースの名前です。

注: 一部のファイルのパスを表示する非表示のファイルとフォルダーを表示する必要があります。隠しフォルダーを表示する方法については、ヘルプし、サポートを参照してください。

C:\Documents and Settings\<username>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Business Contact Manager\<databasename.ldf>

username はデータベース所有者の名前、databasename は Business Contact Manager データベースの名前です。

Windows Vista および Windows 7 の場合

Windows Vista および Windows 7 の場合、Business Contact Manager データベースとログ ファイルは次の場所に格納されます。

C:\Users\<username>\AppData\Local\Microsoft\Business Contact Manager\<databasename.mdf>

username はデータベース所有者の名前、databasename は Business Contact Manager データベースの名前です。

注: パス内の一部のファイルは、隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示するように設定しなければ表示されません。隠しフォルダーを表示する方法については、[ヘルプとサポート] を参照してください。

C:\Users\<username>\AppData\Local\Microsoft\Business Contact Manager\<databasename.ldf>

username はデータベース所有者の名前、databasename は Business Contact Manager データベースの名前です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×