新しい用語セットを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しい用語セットを設定するには、用語ストアの管理ツールにアクセスし、ツールを使用して用語セットのプロパティを指定する必要があります。

用語ストア ツールのナビゲーション ウィンドウで要素を選んでメニューを開くことができます

重要:  用語ストアの管理ツールで用語セットを追加するには、グループ マネージャーまたは用語ストア管理者である必要があります。

新しい用語セットを設定するには、次の手順に従います。

  1. 用語ストアの管理ツールを開きます

  2. ツリー ビュー ナビゲーション ウィンドウで、グループを展開し、用語セットを追加するグループを見つけます。

  3. プランを表示される矢印を選んで、新しい用語セットを選択し、用語を追加する用語セットをポイントします。

  4. ツリー ビューに新しく作成された用語に、既定のラベルとして使用する名前を入力します。

  5. 用語ストアの管理ツールの [プロパティ] ウィンドウで、[全般] タブを選択し、新しい用語セットに関する以下の情報を指定します。

    1. 用語セット名用語セットの名前を入力します。このフィールドには、既に列の名前が表示されていますが、更新または変更できます。

    2. 説明ユーザーが用語の使用方法を理解できるように説明を入力します。

    3. 所有者用語セットの所有者を自分以外のユーザーにする場合は、所有者を別のユーザーまたはグループに変更できます。入力できる項目は 1 つだけです。

    4. 連絡先サイト ユーザーが用語セットに関してフィードバックを送信できるようにする場合に、電子メール アドレスを入力します。

    5. 関係者用語セットに主要な変更を加える前に通知する必要があるユーザーまたはグループの名前を追加します。

    6. 用語の登録ポリシー用語セットの設定を [管理者のみ] または [公開] に指定します。

    7. タグ付けで使用可能このチェック ボックスをオンにすると、用語セット内の用語をタグ付けに使用できるようになります。チェック ボックスをオフにすると、この用語セットはほとんどのユーザーに表示されなくなります。用語セットが作成中の場合や使用できない状態の場合は、このチェック ボックスをオフにすることをお勧めします。

  6. [使用目的] タブを選択し、以下の設定を指定します。

    1. タグ付けで使用可能このチェック ボックスをオンにすると、ユーザーがタグ付けのためにこの用語セットを選択できるようになります。

    2. この用語セットをサイト ナビゲーションで使用このチェック ボックスをオンにすると、この用語セットを管理ナビゲーションで使用できるようになります。

  7. [ユーザー設定の並べ替え] タブを選択し、任意の並べ替え順序を選択します。

  8. タブを選択し、用語セットに関するその他の必要なデータを指定します。

  9. 保存プロパティの更新内容を保存する] を選びます。

用語セットへの用語の追加方法については、「用語セットの用語を作成および管理する」をご覧ください。

ページの先頭へ

用語ストアの管理ツールを開く

用語ストアの管理ツールを開くには、使用する SharePoint 環境を選択し、表示される手順に従います。

  • SharePoint Online で次の手順に従います。

    1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

    2. SharePoint 管理センターに移動します。

    3. 用語ストア] を選びます。

  • SharePoint Server で次の手順に従います。

    1. サイト コレクションのホーム ページでは、[サイト コンテンツを選択します。

    2. [サイト コンテンツ] ページで、 Office 365 の [設定] ボタン の設定を選択します。

    3. [サイトの設定] ページの [サイトの管理] グループで、[用語ストアの管理] をクリックします。

用語ストアの管理ツールを開いた後で、用語セットの設定を開始することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×