新しい基本カレンダーを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Project には、何種類かの基本カレンダーが既定で用意されています。

  • 標準:午前 8 時から午後 5 時まで。午後 12 時に 1 時間の昼食が含まれています。

  • 24 時間体制:毎日、午前 0 時から午前 0 時まで。

  • 夜間作業:午後 11 時から午前 8 時。午前 3 時に 1 時間の休憩が含まれています。

注: 

重要: Project を Project Web App で使用している場合、基本カレンダーの変更を依頼するには、管理者に問い合わせてください。

  1. [プロジェクト] > [プロパティ] > [稼働時間の変更] の順にクリックします。

    [稼働時間の変更]

    注: Project 2007 を使用している場合は、[ツール] > [稼働時間の変更] の順にクリックします。

  2. [新しいカレンダーの作成] をクリックします。

    [新しいカレンダーの作成]

  3. 新しいカレンダーに名前を付け、[新しい基本カレンダーの作成] を選択して、[OK] をクリックします。

    新しいカレンダーを作成する

  4. [稼働日] タブをクリックして、[詳細] をクリックします。

    [稼働日] タブ

    注: 休日の場合は、[例外] タブを使用して、スケジュールに休日を追加します。詳細については、こちらを参照してください。

  5. 稼働時間を変更する曜日を選択して、その時間を稼働にするか非稼働にするかを決定します。

    曜日と稼働または非稼働を選択します

  6. [選択した曜日に指定の稼働時間を設定する] を選択した場合は、[開始] と [終了] 列で選択した曜日に稼働時間を設定します。

    稼働時間を設定します

  7. [OK] をクリックして [稼働時間の変更] ダイアログ ボックスに戻り、[OK] をもう一度クリックします。

他のプロジェクトでも使用できる新しい基本カレンダーを作成するには、 プロジェクトをテンプレートとして保存します。これで、そのテンプレートで作成されたすべての新しいプロジェクトでこの作業スケジュールが表示されます。Project を Project Web App で使用している場合は、管理者に連絡して、組織全体の基本カレンダーの変更を依頼してください。

トラブルシューティング

[プロジェクト情報] ダイアログボックスで指定されているプロジェクトカレンダーに基づいて、リソースの予定表が自動的に作成します。リソースの新しい基本カレンダーを作成し、新しい基本カレンダーの稼働時間を変更しても、新しい基本予定表のリソースカレンダーを基にしていない場合は、入力した予定表の設定が無視されているかのように見えます。特に指定しない限り、project は既定でプロジェクト予定表のリソースカレンダーに基づいています。

注: リソースカレンダーがエンタープライズリソースに変更されるようにするには、まずリソースをチェックアウトする必要があります。

解決法

  • 作成したリソースカレンダーを既定のリソースカレンダー (標準の予定表) に置き換えるには、[表示]、[リソースシート] の順に選びます。リソース名を選択し、[基本カレンダー ] フィールドで [標準] を選びます。リソースは、それ用に作成したものではなく、標準の予定表を使用してスケジュールされるようになりました。[リソース] タブの [情報] (Project 2007 のリソース情報 ボタン イメージ ) を選択し、[全般] タブの [稼働時間の変更] を選択して、入力した非稼働日と時刻を再入力します。他の予定表。

  • カレンダーを置き換えずに、複数の予定表をリソースの基本カレンダー ([稼働時間の変更] ダイアログボックスで作成したもの) と同期するには、[表示]、[リソースシート] の順に選びます。リソース名を選び、[リソース] タブの [情報] (Project 2007 のリソース情報 ボタン イメージ ) を選んでから、[全般] タブの [稼働時間の変更] を選びます。[基本カレンダー ] ボックスで、作成して変更したリソースカレンダーの名前を選択します。このリソースカレンダーの設定は、基本カレンダーとして使用するときに、既定のリソースカレンダーに設定されます。

    このリソースの稼働時間または非稼働時間にさらに変更を加える必要がある場合は、基本カレンダーがリソースカレンダーを更新するので、いずれかの予定表で行うことができます。基本カレンダーを別のリソースに使用する必要がある場合は、基本カレンダーに更新された情報を入力します。既定のリソースカレンダーに加えた変更は、基本カレンダーには表示されません。

この他にカレンダーでできることは何ですか?

Project を使用すると、複数のカレンダーを使用してスケジュールを調整できます。それぞれがどのように連携しているかを理解していると、プロジェクトの日付がどのように影響を受けるかを予測しやすくなります組織内で稼働日と非稼働日をより正確に計画するために役に立つ記事をいくつか紹介します。

プロジェクト
プロジェクトの稼働時間、休暇、および祝日を設定する
休日と休暇を追加する

タスクタスクの予定表を作成する

リソース
特定のリソースに独自のスケジュールを設定する
プロジェクトの稼働時間、休暇、および祝日を設定する
予定表を使わずにリソースの利用可能時間を変更する

ヒント: 必要でなくなったカレンダーは、削除してください

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×