新しい共有ノートブックを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

共同作業は、グループとしてノートの作成します。一度に 1 人のユーザーを編集用のファイルを「ロック」その他のプログラムとは異なりMicrosoft Office OneNote 2007は複数のユーザーが同時に一連のノートを共有にアクセスできます。ノートブックには、常に最新の状態をすべてのノートブックに変更が自動的に同期されます。

また、OneNote では、各ユーザーのコンピューターに、オフライン版のノートも保存されます。 そのため、参加者は、ネットワークに接続されていなくても、ノートをローカルに編集できます。 次回、共有ノートブックに接続すると、OneNote では、ローカルで変更された内容と、他のユーザーが変更した内容が自動的に結合されます。

共有ノートブックのセットアップは、簡単です。 新しいノートブック ウィザードを実行すると、手順に従って、自分とチーム メンバーがアクセスできるネットワークの場所に共有ノートブックを作成できます。 また、コンピューター上のファイル共有に、ノートブックを作成することもできます。

新しい共有ノートブックを作成する

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントして、[ノートブック] をクリックします。

  2. 新しいノートブック ウィザードで、次の操作を行います。

    • [名前] ボックスに、共有ノートブックの名前 (「チーム状況週間レポート」や「哲学グループ ノート」など) を入力します。

    • オプションとして、[ノートブック] ナビゲーション バーにアイコンとして表示されるノートブック カバーの色を選びます。

    • また、オプションとして、[テンプレートから] 一覧で、共有ノートブックのページで使う既定のテンプレートを選びます。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. [このノートブックを使用するユーザー] で、[複数のユーザーがノートブックを共有する] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • サーバー上のユーザーと共有ノートブックを使用して他のユーザーにアクセスして、ネットワーク ファイル共有またはサーバー上のファイルを変更する権限がある場合をクリックします。

      注: ネットワーク管理者に連絡して、サーバー上のファイル共有へのアクセス権を取得することが必要になる場合があります。

    • このコンピューター上の共有フォルダーの他のユーザーにアクセスできるようになりますコンピューター上のファイル共有を作成する] をクリックします。ハード ディスク ドライブ上の共有フォルダーを作成するために、コンピューターに管理者としてログインする必要があります。

      注: このコンピューターがほとんどの場合、ネットワークで利用できる場合のみ、このオプションを選びます。 頻繁にコンピューターをオフラインにしたり、外出先で使ったりする場合は、共有ノートブックをネットワーク ファイル共有に作成することを検討してください。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. 新しい共有ノートブックに適した場所を選びます。 次の場所をお勧めします。

    • 会社や学校のコンピューター ネットワークの内部または一般向けファイル共有

    • 管理者権限を持つコンピューター上の共有フォルダー

    • Microsoft Windows SharePoint Services Web サイトのドキュメント ライブラリ

    • 大容量 USB (ユニバーサル シリアル バス) ドライブ

      共有ノートブックでは、これ以外のファイル共有やフォルダー共有と同期テクノロジーを使わないことをお勧めします。

  7. [場所] ボックスで、表示された共有ノートブックの場所を確認します。

    注: 手順 2 で入力したノートブック名は、場所を示すパスに自動的に追加されます。

  8. 共有ノートブックの場所を示すリンクが含まれたメール メッセージを作成するには、[このノートブックへのリンクが含まれたメールを作成して、他のユーザーに送信する] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 共有ノートブックの作成後に、共有ノートブックへのリンクを送信するには、[共有] メニューの [共有ノートブックのリンクを他のユーザーに送信] をクリックします。

  9. [作成] をクリックします。

    注: OneNote では、指定した場所に共有ノートブックを作成します。新しいノートブック ウィザードで選択したオプションによっては、OneNote はダイアログ ボックスやその他のユーザーのアクセス許可を設定する手順を案内するその他のヘルプ トピックを表示できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×