新しいページを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しい図面を開くとき図面には 1 ページしかありませんが、必要な数のページを追加することができます。図面で複数ページを使用するのは、次の場合です。

  • 関連の図形を同じファイルに保存する場合。たとえば、オフィス拡張プロジェクトの場合は、オフィス レイアウトを 1 つのファイルにまとめ、オフィス機器の配置図を別のファイルにまとめることができます。

  • 1 つの図面のすべての改定を 1 つのファイルに連続したページとして保存し、プロジェクトの進捗を把握する場合。

  • 一連の図面を全画面表示で表示し、それらを 1 つのスライド ショーとして順番に示す場合。

  • 複数のページをまとめてリンクする場合。たとえば、ハイパーリンクを使用して、ワークフロー図の図形から別のページに記載された詳細手順に移動できます。

  • すべてのページの背景に表示する項目を配置する場合。たとえば、図面内の各ページの背景に企業のロゴが表示されるように配置します。

新しい図面ページは、特に指定しない限り、現在の図面ウィンドウに表示されているページのサイズ、方向、縮尺、寸法単位、影のオフセット、ルーラー、およびグリッドの設定が継承されます。ただし、新しいページのこれらの設定は変更できます。

新しいページを追加する

  1. 左下の図面ウィンドウ] では、ページ] タブの [ [ページ] タブ を右クリックし、[ページの挿入] をクリックします。

  2. [ページのプロパティ] タブをクリックして、ページの名前を入力するか、既定の名前をそのまま使用します。

  3. 新しいページの縮尺やサイズを変更するには、[図面縮尺] と [ページ サイズ] タブをそれぞれ使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×