新しいプロジェクトを作成し、スケジュールする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しいプロジェクトを作成して、 開始日や終了日では、プロジェクト スケジュールを設定することもできますの整理やプロジェクトを検索するためのファイルのプロパティを定義することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しいプロジェクトを作成し、スケジュールする

プロジェクトのファイル プロパティを定義する

新しいプロジェクトを作成し、スケジュールする

  1. [ファイル] タブをクリックし、[新規作成] をクリックします。

  2. [空のプロジェクト] が選択されていることを確認し、右側のウィンドウで [作成] をクリックします。

  3. [プロジェクト] タブの [プロパティ] で [プロジェクト情報] をクリックします。

    [プロジェクト] タブの [プロパティ] のイメージ

  4. [プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、プロジェクトをスケジュールします。

    • 開始日からスケジュールするには、[スケジュールの基点] ボックスで [プロジェクトの開始日] をクリックし、[開始日] ボックスで開始日を選択します。

    • 終了日からスケジュールするには、[スケジュールの基点] ボックスで [プロジェクトの終了日] をクリックし、[終了日] ボックスで終了日を選択します。

      ヒント: プロジェクトの開始日をどれだけ遅らせることができるかを確認する必要がある場合は、終了日からスケジュールします。ただし、プロジェクトの作業を開始するときには、開始日からスケジュールする設定に変更することをお勧めします。

  5. Project Professional 2010を使用している場合は、プロジェクトのエンタープライズ ユーザー設定フィールドを含めることができます。[エンタープライズ ユーザー設定フィールド] セクションで、ユーザー設定フィールドのフィールドをクリックし、[値を選択します。

    注: アスタリスク (*) が付いているエンタープライズ ユーザー設定フィールドは値の入力が必須であり、これらのフィールドに値を入力しないと、プロジェクトの保存はできません。

計画を変更した場合、当初のプロジェクト情報は [プロジェクト情報] ダイアログ ボックス内でいつでも変更できます。ただし、実際の開始日と終了日など、実際のデータがタスクに適用されている場合、それらのタスクが更新されたプロジェクト情報に応じて再スケジュールされることはありません。また、タスクに制約が適用されている場合、プロジェクトの開始日や終了日を変更しても、新しい日付に関連したタスクがすべて変更されるとは限りません。

Project Professional 2010ユーザーのいくつかの注意点:

  • プロジェクトをエンタープライズ プロジェクトとして保存する場合は、プロジェクトの作成前に Project Server に接続する必要があります。

  • 作成して、プロジェクトをローカルに保存して後で Project Server に保存する、 エンタープライズ グローバル テンプレートの設定で、プロジェクトが更新されます。プロジェクトが別のビュー、テーブル、フィールド、およびその他のアイテムを更新します。また、エンタープライズ グローバル テンプレートと一致することはない書式設定は失われます。

ページの先頭へ

プロジェクトのファイル プロパティを定義する

  1. プロジェクトを開きます (詳細については、「プロジェクトを開く」を参照してください)。

  2. [ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックします。

  3. 右側のウィンドウで、[プロジェクト情報] をクリックし、[詳細プロパティ] をクリックします。

    ファイルのプロパティのメニュー画像。

  4. [サマリー] タブで、適切なプロジェクト情報をボックスに入力します。

  5. [ユーザー設定] タブで、[名前]、[種類]、および [] の各ボックスにユーザー設定情報を入力し、[追加] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

注: 印刷用には、 ヘッダー、 フッター、またはプロジェクト表示またはレポートの凡例にプロジェクトの詳細を追加することもできます。詳細については、ビューやレポートを印刷するを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×