文書を Web ページとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word 文書を Web ページ形式で保存する必要がある場合、最適な方法は [Web ページ (フィルター後)] オプションを使用することです。

フィルター処理された Web ページとして文書を保存すると、内容、スタイル設定、およびその他の一部の情報のみが保持されます。ファイル サイズは小さくなり、余分なコードは多く含まれません。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックして、文書を保存する場所を選びます。

  2. ファイルに名前を付けます。

  3. [ファイルの種類] の一覧で [Web ページ (フィルター後)] を選びます。

[Web ページ (フィルター後)] が選択された [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

  1. [タイトルの変更] をクリックし、Web ブラウザーのタイトル バーに表示するタイトルを入力します。

  2. [保存] をクリックします。

ヒント

文書のプロパティやその他の Word 情報を Web ページに保存するには、種類として [単一ファイル Web ページ] を選びます。ただし、ファイル サイズは大きく (約 10 倍に) なります。

Web ページのテキスト部分とは別のフォルダーに図を保存するには、種類として [Web ページ] を選びます。Web ページを Web サイトに投稿するときは、ピクチャ フォルダーも投稿します。

Web ページの HTML コードを表示するには、エクスプローラーでファイルを参照して右クリックし、[プログラムから開く] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。次に、Internet Explorer でページを右クリックし、[ソースの表示] をクリックします。

文書をオンラインで共有するためのその他の方法

Word は、もともと文書の作成と印刷のために設計されました。Word 2013 には、自分の考えを共有し、オンラインで作業するためのオプションが新たに備わっています。

文書をブログの投稿として保存する

ブログを開設していて、Word で投稿を書く場合は、文書をブログの投稿として保存することができます。Word では、内容と共に最小限の情報が保持されます。公開された文書ではブログのスタイルが使われます。

  1. [ファイル]、[共有]、[ブログの投稿として発行] の順にクリックします。

  2. [ブログの投稿​​として発行] をクリックします。

[ブログの投稿として発行]

Word で初めて文書をブログに投稿するときは、ブログ アカウントの登録に関する案内が表示されます。

OneDrive に保存して共有する

文書を OneDrive に保存し、その文書を表示するように友人や同僚を招待することで、文書を共有できます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存]、[OneDrive] の順にクリックします。

  2. OneDrive フォルダーの場所を選びます。

  3. ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

次に、文書を表示するように他のユーザーを招待します。他のユーザーが Word を持っていない場合、文書は自動的に Word Online で開きます。

  1. [ファイル]、[共有]、[ユーザーを招待] の順にクリックします。

ユーザーの電子メール アドレスを表示するボックス

  1. ユーザーのメール アドレスを追加します。

  2. [共有] をクリックします。

[共有] ボタン

詳しくは、「SharePoint または OneDrive を使用して文書を共有する」をご覧ください。

PDF 形式で保存する

Web サイトに投稿できる PDF に文書を変換するには、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。[ファイルの種類] の一覧で [PDF] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×