文書を保存して送信する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

保存し、送信] では、いくつかの形式で文書を保存できます。文書を保存するには、画像、pdf 形式または XPS としてファイル、または HTML ファイルします。Microsoft Publisher 2010テンプレートとして、または Publisher 2000 または Publisher 98 と互換性のある形式で文書を保存することができます。業者に持って行ったり、選択した場合、PDF ファイルを含む文書を別のコンピューターに移動または文書の作成に必要なすべての要素を含む、パックされた Publisher ファイルを作成することもできます。電子メール メッセージ、または添付ファイルとしてに加えて、文書を保存するには、文書、メールでに送信できます。一部のロケールでは、このページからテンプレートをオンライン コミュニティで作成したテンプレートを共有することがあります。

この記事の内容

電子メールを送信します。

電子メールのプレビュー

ファイルの種類を変更します。

HTML を発行します。

PDF または xps 形式で保存します。

書式を設定 PDF や XPS は何ですか。

PDF として保存します。

Xps 形式で保存します。

ドキュメント パック

業者印刷用に保存

別のコンピューターに保存します。

電子メールで送信する

5 つのオプションのいずれかを使用して電子メールで文書を送信することができます。

重要: 電子メールを送信するためにお使いのコンピューターにインストールされている次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Office Outlook

  • Outlook Express (5.0 以降)

  • Windows メール

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信] を選びますし、[電子メールで送信し、次のいずれかを選択します。

    • 現在のページの送信: 受信者には Publisher 文書を表示する必要はしないように、HTML 電子メール メッセージとして文書から、現在選択されているページを送信します。Publisher のユーザー インターフェイスをアドレス帳や既定の Web ブラウザーで電子メールをプレビューするにはアクセスできるように、電子メールと同様の外観を変更し、電子メール メッセージをキャンセルします。
      Publisher 2010 で文書をメールとして送信する

    • すべてのページを送信します。 : この文書内のすべてのページから 1 つの HTML 電子メール メッセージが作成されます。発行元のユーザー インターフェイスは、アドレス帳やをプレビューして電子メール メッセージをキャンセルするにはアクセスできるように、電子メールのように変更されます。

      注: 1 つの電子メールを作成して書式設定の一部、文書のページ複数からのページのメッセージが失われます。

    • [添付ファイルとして送信]: 文書を添付ファイルとして電子メール メッセージを作成します。文書を表示するには、受信者は Publisher をインストールする必要があります。

    • [PDF として送信 : この文書の PDF バージョンが作成され、電子メール メッセージに添付します。ドキュメントを表示するには、受信者にPDF リーダーをAdobe システムからの Acrobat Readerなどが自分のコンピューターにインストールされている必要があります。

    • [XPS として送信 : この文書の XPS バージョンが作成され、電子メール メッセージに添付します

      注: ドキュメントを pdf 形式または xps 形式で文書を保存する方法の詳細については、PDF または xps 形式で保存するを参照してください。

  3. 受信者の住所、件名、および他の電子メール オプションを入力し、[送信] をクリックします。

電子メールのプレビュー

既定の Web ブラウザーが開き、HTML 形式の電子メール メッセージをプレビューすると、電子メール メッセージに文書の内容が表示されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信]を選択] を選びますクリックし、電子メールのプレビュー, 電子メール プレビュー] ボタン。

  3. Publisher で文書が Web ページとして表示されます。

ページの先頭へ

ファイルの種類を変更する

このオプションを選択すると、文書をテンプレートとして保存Microsoft Publisher 2010 、いくつかの標準の画像の種類のいずれか、または Web ページとして Publisher 2000 または Publisher 98 と互換性の形式で有効にします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信]を選択] を選びますファイルの種類の変更します。

  3. 使用可能なオプションから選択します。

HTML を発行する

このオプションを選択すると、文書を Web ページとして発行することができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信選択] を選びます発行 HTML.

  3. [HTML を発行] で、次のいずれかの形式で保存するかどうかを選択することができます。

    • [Web ページ (HTML)]: 文書を HTML ドキュメントとして保存し、ページ上に表示されるイメージ、サウンドなどのサポート ファイルが含まれているフォルダーを作成します。

    • 単一ファイル Web ページ (MHTML): このオプションは、埋め込まれたサポート ファイルを含む 1 つの MHT ドキュメントを作成します。

  4. HTML の発行] をクリックし、[、名前を付けて保存] ダイアログの場所を選択し、ファイル名を入力します。

PDF 形式または XPS 形式で保存する

これらは変更できませんたい場合は、それらを簡単に共有や印刷を行うことにファイルを保存することもあります。PDF に文書を変換するPublisher 2010とまたは追加のソフトウェアやアドインを使用せずに XPS 形式を使用してこのドキュメントを作成するときにします。

  • ほとんどのコンピューターで同じように表示されるようにする

  • ファイル サイズを小さくする

  • 業界の形式に準拠する

  • Publisher をインストールしていなくても、無料の PDF または XPS ビューアーを使用して表示できます。

この例には、履歴書、法的文書、閲覧と印刷のみを目的としたファイル、印刷業者用のドキュメントなどがあります。

重要: 文書を pdf 形式または XPS ファイルとして保存したら、特別なソフトウェアまたはサード パーティのアドインの Microsoft Office ファイル形式に戻すに変換することはできません。

PDF 形式および XPS 形式について

  • Portable Document Format (PDF)Pdf 形式では、文書の書式を保持し、ファイルの共有を有効にします。PDF 形式のファイルをオンラインで表示または印刷する場合は、意図したとおりの書式を設定が保持されます。ファイル内のデータは、簡単に変更することはできず、編集を禁止する明示的に設定することができます。PDF 形式も業者による印刷方法を使用して複製されるドキュメントに役立ちます。多くの会社や組織では、有効な形式として PDF が承諾され、XPS より広範なプラットフォームの閲覧者が利用します。

重要: PDF ファイルを表示するには、PDF リーダーの Acrobat ReaderAdobe システムから利用できるなど、コンピューターにインストールが必要です。

  • XML 用紙の仕様 (XPS)XPS は、文書の書式を保持し、ファイルを共有できるもプラットフォームに依存しないテクノロジです。XPS ファイルをオンラインで表示または印刷すると、形式が意図したと、ファイル内のデータを簡単に変更できない正確が保持されます。XPS では、ファイルのすべてのフォントが埋め込まれるかどうか、指定したフォントが受信者のコンピューターで利用可能なより正確に画像および色のレンダリング PDF とは、受信者のコンピューター上に関係なく、意図したとおりに表示されているため。

PDF 形式で保存する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信] を選びますで、 [PDF/XPS の作成を選択をクリックしてPDF/XPS の作成します。

  3. [PDF または XPS 形式で発行] ダイアログで、[ファイルの種類] プルダウンから [PDF (*.pdf)] を選択します。

  4. [ファイル名] テキスト ボックスにドキュメントの名前を入力します。

  5. 発行オプションを変更するには、[オプション] をクリックします。

  6. あらかじめ定義された 4 つのオプション セットから選択し、[印刷オプション] を変更できます。

    • [最小サイズ]: 文書内の図の解像度が最大 96 dpi に設定されます。これは、画面表示に適した解像度であり、印刷された文書に通常適用されるものではありません。フォントは埋め込まれたり、ビットマップに変換されたりしないため、それらのフォントがインストールされていない場合、別のフォントが表示されます。[印刷オプション] は、ドキュメントが 1 ページでオンライン表示されるように最適化されています。このオプションには、文書のプロパティも含まれています。

    • [標準]: 文書内の図の解像度が最大 150dpi に設定されます。これは、受信者が文書をデスクトップ プリンターで印刷できる電子メールなどのオンライン配布に適した解像度です。[印刷オプション] は、ドキュメントが 1 ページでオンライン表示されるように最適化されています。このオプションには、アクセシビリティを高めるために構造タグだけでなく、文書のプロパティも含まれています。

    • [高品質印刷]: これは、デスクトップまたはコピー ショップ印刷に適したオプションの既定のセットです。図のカラー/グレースケールについては、最大 450dpi に設定され、このしきい値を超えると、300dpi まで低解像度処理されます。ラインアートの 1,800dpi については、このしきい値を超えると、1,200 dpi まで低解像度処理されます。このオプションには、アクセシビリティを高めるために構造タグだけでなく、文書のプロパティも含まれています。[印刷オプション] は、印刷用に最適化されています。

    • 業者 : この一連のオプションは、印刷業者による印刷に適した最大値および最大品質ファイルを作成します。画像がされている最大 450 dpi (350 dpi 元 450 dpi 上にあるときにダウン サンプル) のカラー/グレースケール] と 3600 dpi (2400 dpi 元 3600 dpi 上にあるときにダウン サンプル) のライン アートの。(業者使用できるように、独自の面、裁ち落としなどです。) が、印刷オプションを文書の 1 つの基本的なコピーに設定します。この選択は、文書のプロパティは、され、フォントを埋め込みできないをビットマップに変換されます。[デザイン チェックの実行、色または透明度を使用して潜在的な問題に関する警告が表示されます。さらに、パスワードを使用して文書を暗号化するためのオプションを使用できなくなります。

    • ユーザー設定 : このオプションを選択だけで、オプションをすべて使用できるようにする . 変更され、設定済みのオプションのいずれかを選択して、[プロパティを編集する場合 ユーザー設定 .

    • [印刷オプション]: このボタンをクリックすると、[印刷オプション] ダイアログが起動します。

  7. その他のオプション:

  8. 画像とライン アート ダウン   : 図または行の dpi が 2 番目の数値の上にある場合は、DPI を小さくする (品質を減らす)、最初の数値にします。2 番目の数値でない場合、その変更しないでください。これにより、文書のサイズを管理します。

  9. 透明度と色に関する警告を使用して   : は、保存する前に、[デザイン チェックを実行する - デザイン チェックのヘルプ記事を参照してください

  10. ドキュメントのプロパティ   :文書のプロパティ] の [PDF のプロパティの詳細については、.publication ファイルからのドキュメントのプロパティを保存します。

  11. アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ   : を含む PDF タグで作成された PDF、PDF をより使いやすく (ユーザー補助機能は、移動し、PDF を閲覧する方法を理解) および PDF リーダー ソフトウェアの詳細については、PDF のコンテンツに関連する方法を提供します。

  12. ISO 19005-1 準拠 (PDF/A)   : オンの場合は、結果の PDF ファイルは PDF/A ISO 標準に準拠してになります。 アーカイブの適切なユニバーサル判読可能な pdf ファイルを作成するのにはこの標準が対象としています

    • すべてのフォントのライセンスで埋め込みを禁止していない場合は、すべてのフォントが埋め込まれ、それ以外の場合は、元の外観を維持するためにテキストがビットマップに変換される

    • ドキュメントのプロパティは、常に含まれている

    • 文書内で透明を使用した箇所はすべてが削除される (すべての透明な領域が不透明になる)

    • PDF は、暗号化できない

    • PDF は、編集できないようにロックされる

  13. ビットマップ テキストのフォントを埋め込みできない場合   :フォントが示すライセンスs whether には、ファイルに埋め込むことがあります場合は、ライセンス埋め込みが許可されていないは、このオプションは、 このようなすべてのフォントを変換するイメージにsを machin で PDF を開いたときに、外観が変更されないように、e フォントがないです。Tと、その結果になりました 、ファイル サイズが増加しの損失を選択して、P 内のテキストをコピーする機能DF ファイル (画像のため).場合は、このオプション選択されていません。別のフォントが使用します。置き換えがないマシンで表示されると、フォントのライセンス.

  14. 文書をパスワードで暗号化する   :PDF ファイルをパスワードで暗号化するのには、それを表示できないようにまたは編集しない限りパスワードがを入力します

  15. [OK] をクリックし、[発行] をクリックします。

ページの先頭へ

XPS 形式で保存する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [保存し、送信] を選びますで、 [PDF/XPS の作成を選択をクリックしてPDF/XPS の作成します。

  3. [PDF または XPS 形式で発行] ダイアログで、[ファイルの種類] プルダウンから [XPS ドキュメント (*.xps)] を選択します。

  4. [ファイル名] テキスト ボックスにドキュメントの名前を入力します。

  5. 発行オプションを変更するには、[変更] をクリックします。

  6. あらかじめ定義された 3 つのオプション セットから選択し、[印刷オプション] を変更できます。

    • [最小サイズ]: 文書内の図の解像度が最大 96 dpi に設定されます。これは、画面表示に適した解像度であり、印刷された文書に通常適用されるものではありません。埋め込みできないフォントがビットマップに変換されます。[印刷オプション] は、ドキュメントが 1 ページでオンライン表示されるように最適化されています。このオプションには、文書のプロパティも含まれています。

    • [標準]: 文書内の図の解像度が最大 150dpi に設定されます。これは、受信者が文書をデスクトップ プリンターで印刷できる電子メールなどのオンライン配布に適した解像度です。[印刷オプション] は、ドキュメントが 1 ページでオンライン表示されるように最適化されています。このオプションには、アクセシビリティを高めるために構造タグだけでなく、文書のプロパティも含まれています。

    • [高品質印刷]: これは、デスクトップまたはコピー ショップ印刷に適したオプションの既定のセットです。図のカラー/グレースケールについては、最大 450dpi に設定され、このしきい値を超えると、300dpi まで低解像度処理されます。ラインアートの 1,800dpi については、このしきい値を超えると、1,200 dpi まで低解像度処理されます。このオプションには、アクセシビリティを高めるために構造タグだけでなく、文書のプロパティも含まれています。[印刷オプション] は、印刷用に最適化されています。埋め込みできないフォントがビットマップに変換されます。

    • ユーザー設定 : このオプションを選択だけで、オプションをすべて使用できるようにする

    • [印刷オプション]: このボタンをクリックすると、[印刷オプション] ダイアログが起動します。

  7. [OK] をクリックし、[発行] をクリックします。

ドキュメント パック

ドキュメント パック ウィザードを使用すると、印刷するために文書とそのリンクされたファイルが印刷業者またはコピー ショップに入稿できる 1 つのファイルにパックされます。編集するために、パックされたファイルを別のコンピューターに移動することもできます。ドキュメント パック ウィザードを使用して、完成した文書を処理または表示できるユーザーにその文書を渡すために必要なすべてのファイルがあることを確認します。

外部印刷用に保存する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [送信と保存] を選択し、[外部印刷用に保存] をクリックします。

  3. [外部印刷用に保存] には、次のオプションがあります。

    • ファイルのサイズと品質のオプション: それらのオプションは、PDF 形式での保存に使用されるのと同じあらかじめ定義された 4 つのオプション セットです。

    • PDF ファイルおよび Publisher ファイル、あるいは PDF のみの保存: 印刷業者に入稿するために PDF ファイルと .pub ファイルの両方を保存したり、PDF ファイルだけを保存したりすることができます。

  4. [ドキュメント パック] をクリックして] ボタン

  5. CD ドライブなど、ファイルを保存し、をクリックする場所を選択します。 次へ .

  6. 選択ウィザードは、ファイルをパックされ指定した場所に保存または、[簡易カラー校正版を印刷する] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

    注: [簡易カラー校正版の印刷] チェック ボックスは、既定ではオンです。ファイルを印刷業者に渡す前に、校正用の集版を使用して文書の印刷時のエラーを確認します。印刷業者側でファイルのエラーを修正する場合は、通常、その分の経費がかかります。

別のコンピューターに保存する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [送信と保存] を選択し、[別のコンピューターに保存] をクリックします。

  3. [ドキュメント パック ] ボタンとをクリックし、 ] をクリックします。

  4. CD ドライブなど、ファイルを保存し、をクリックする場所を選択します。 次へ .

  5. フォントとを含むグラフィック] ダイアログ ボックスで、TrueType フォントを埋め込み、グラフィックスのリンクのオプションを選択し、[次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックし、文書を .zip ファイルに保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×