スキップしてメイン コンテンツへ

文書をカスタマイズするためのヒント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ほとんどのお客様は、名前での呼び出しだけでなく、ユーザーの基本設定によって知られていることに注意して、ショップやレストランで記憶しています。たとえば、次のいずれかのように表示されることがあります。

"新しいサンプルが到着したときに通知するように依頼する方法をご確認ください。ここには、お気に入りの色が設定されています。

"お気に入りのテーブルを保存しました。これで、最近使用した列は、特集メニューにあります。"

カスタマイズする理由

お客様は、通常、他の理由がない場合には、お客様が覚えて役立ったようです。この種の個人的な注意事項はカスタマーロイヤリティを構築します。[店] および [レストラン] では、顧客の関心事が接近していても、通常、お客様の回答により多くの時間とお金を返します。

同じように、差し込み印刷を行うことができます。お客様の特定の関心事に対応しているメールにコンテンツを含める場合、ユーザーはより多くの注意を払い、対応する可能性が高くなります。

必要な顧客情報を収集する

具体的には、個々のユーザーの興味や特徴を追跡することは、複雑な作業になる場合があります。情報を収集して、簡単に取得できる形式で保存する必要があります。また、ビジネスに適した特性や、メールの投資を最大限に活用できるようにするためにフィルター処理する必要があります。より正確に、同じ関心事を共有しているユーザーをより正確に特定できるようになります。これにより、投資が回収される可能性が高くなります。

Microsoft Office Publisher のヘルプを参照してください。Microsoft Publisher、または excel、outlook、outlook、Business Contact Manager、Access などの他のプログラムで、直接作成したデータベースに顧客データを入力できます。また、Microsoft List Builder などから購入したリストを使用することもできます。

情報を収集したら、それを分析して、最適な顧客がどのような共通を持っているかを判断し、その類似性別に顧客をグループ化し、メールをカスタマイズして、特定の興味を引くようにします。

データファイルを設定する

文書に追加する住所と個人情報は、任意の場所から取得する必要があります。大量の郵便物を準備するための最初の手順は、顧客に関する連絡先情報を含むデータファイルを設定するためです。データファイルの場合、microsoft office Excel ワークシート、microsoft office Word のテーブル、microsoft office access データベース、または microsoft office Outlook の連絡先フォルダーを使用できます。メーリングリストは、このデータファイルから構築されます。

データファイルを設定するときは、次の点に注意してください (一覧の詳細については、次の図を参照してください。これには、Excel ワークシートの列と、はがきの2つの側にある差し込みフィールドが表示されます)。

  • 列内の情報の種類    データファイルの各列は、文書に追加する1つの情報に対応しています。たとえば、印刷するはがきのコピーごとに顧客の住所と個人メモを追加する必要がある場合は、名前、住所、市区町村、都道府県、郵便番号、個人メモ用のデータファイル内の列が必要です。

  • 1 行につき1エントリ    データファイルの各行には、文書の1つのコピーに移動する情報が含まれています。たとえば、Excel ワークシートの行2に含まれるすべての情報は、顧客1に送信するはがきに入ります。行3のすべての情報は、顧客2に送信するはがきに入ります。

  • 文書にフィールドを追加する    データファイル内の情報を使用するには、表示する情報の各部分に1つのフィールドを文書に配置します。たとえば、はがきの各コピーに名前、住所、市区町村、都道府県、郵便番号、個人メモを印刷する場合は、その情報の各要素に対応するフィールドがはがきに含まれている必要があります。

Excel スプレッドシート内の列とはがきの文書内のフィールドが一致する

ヒント: 電子メールで送信する文書に図を差し込む場合、データファイルには、画像ファイル名データを含む列を含める必要があります。この列の各行には、特定の画像のファイル名を含める必要があります (例: firstphoto .jpg)。データソースと同じフォルダーに画像がない場合は、各画像へのパスを指定します。

住所ブロックとあいさつ文を追加する

imprinted 住所ブロック (メールが送信されるのではなく、ニュースレターに表示される) と、顧客の名前を含むあいさつ文が、宛先ごとに固有のものであることを示す簡単なパーソナライズテクニックです。

名前、住所、その他の情報を含む住所ブロックを追加する

  1. [差し込み文書] タブの [文章入力 & 挿入フィールド] で、[住所ブロック] をクリックします。

  2. [住所ブロックの挿入] ダイアログ ボックスで、含める住所の要素をクリックし、[OK] をクリックします。

    注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher で住所ブロックに使用されるフィールドの名前と一致していない場合は、[住所ブロックの挿入] ダイアログボックスで [フィールドの対応] をクリックする必要がある場合があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

あいさつ文を追加する

  1. [差し込み文書] タブの [文章入力 & フィールドの挿入] グループで、[あいさつ文] をクリックします。

  2. [あいさつ文の挿入] ダイアログボックスで、あいさつ文、名前の書式、フォロー中の句読点を含む、あいさつ文の書式を選択します。または、各テキストボックスに新しいエントリを入力します。

  3. データソースに姓または名が含まれておらず、会社名のみが含まれている場合など、Publisher が受信者の名前を解釈できない場合に表示するテキストを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

    注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher であいさつ文に使用されるフィールドの名前と一致していない場合は、[あいさつ文 (英文)] ダイアログボックスの [フィールドの対応] をクリックする必要があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

住所に画像を追加する

住所ブロックや文書の領域に写真や写真を追加することができます。表示される画像は、お客様の興味分野、年齢、性別、または追跡している他のデータフィールドに合わせて変化させることができます。

  1. 文書内で、図の差し込みフィールドを挿入する場所をクリックします (たとえば、住所ブロックの横)。

  2. [差し込み文書] タブの [文章入力 &の [フィールドの挿入] グループで、[>挿入図フィールド] をクリックします。

  3. [画像フィールドの挿入] ダイアログボックスで、データファイルの写真情報に対応するフィールドを選び、[ OK]をクリックします。

    publisher では、選択したカーソル位置の文書内に、差し込み印刷フィールドが図枠内に挿入されます。図枠のサイズ変更または移動を行うことができます。

ノートとハイパーリンクを追加する

顧客に関する適切な個人情報を保存するようにデータファイルを設定している場合は、「メーリングリストのヒント」で説明しているように、収集された情報を使用して、顧客の興味を明確に対象とするコンテンツを配信できます。顧客の関心事に一致するコンテンツを提供することは、カスタマイズの強力な形態です。たとえば、次のような場合があります。

  • 別のメールを性別別に調整   する 各顧客の性別 ("男性" または "女性") をメーリングリストに含めることによって、新しい製品行のみを男性または女性のみに発表します。その後、"Mr" や "Ms" のように、タイトルフィールドのさまざまなエントリの一覧をフィルター処理することもできます。URL (印刷) または Web ページへの直接のリンク (電子メール) を含めることができます。そのためには、それぞれの性別について、そのオプションを説明します。これを行うには、この目的で指定された列の各レコードに適切な URL を追加します。

  • 特定の期間の受信者にフォーカスを移動する    顧客の生活段階に適した製品またはサービスを顧客に通知する (twenties での定年の計画、fifties の退職の計画など) お客様の生年月日をお客様の生年月日として収集します。ar("1945" など)。

    現在の月に誕生日が入っているすべてのお客様にプロモーション用のプレゼントを提供したい場合は、誕生日を月、日、年として収集することができます (「1月1日、2008」など)。

  • 購入履歴を使用する    最近主に購入したユーザーに特別なお知らせを送信します。または、お気に入りのブランドの新しいモデルがある場合は、ユーザーに通知します。特定の購入を追跡している場合は、データファイルを並べ替えて、製品ラインの新しい出荷を行ったとき、または他のお客様が購入した関連製品について通知するときに、ブランド購入履歴を特定することができます (「お客様のアイテムを購入したお客様」もご覧ください)。このアイテムは役に立ちました ")。

個人メモを追加する

カスタマイズされたテキストメッセージを、共通の関心を持つ各顧客セグメントに送信できます。そのためには、これらのメッセージを格納するためのフィールド (列) をデータファイルに追加し、各レコード (または行) に適切なメッセージを追加します。特定のメッセージを、同じ性別、年齢または生年月日、または過去6か月間に購入したユーザーに関連付けることができます。メーリングリストの準備について詳しくは、「メーリングリストのヒント」をご覧ください。

  1. 個人用に設定した情報を表示する文書内のテキストボックスをクリックします。または、[ホーム] タブの [テキストボックスの描画] をクリックし、目的のサイズになるまで四角形をドラッグします。

    • テキストボックスに既にテキストがある場合、そのテキストを置き換えたい場合は、テキストを選択します。

    • テキストボックスに既にテキストがある場合、そのテキストを保持するには、パーソナライズされたメッセージを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、作業ウィンドウのリストボックスで適切な差し込み印刷フィールドをクリックします。

個人用のハイパーリンクを追加する

特定の興味や属性に対応した Web ページをユーザーに示すハイパーリンクを含めることができます。ユーザーの名前またはその他のデータフィールドをハイパーリンクのテキストに追加して、それを真の個人的なものにすることができます。

  1. [差し込み文書] タブの [文章入力 &の [フィールドの挿入] グループで、[個人用ハイパーリンクの挿入] をクリックします。

  2. [宛先ユーザー別のハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスで、表示するテキストと、受信者がハイパーリンクをクリックしたときに移動先となる Web サイトのアドレスを入力します。

  3. 表示テキスト内のデータフィールドを使用する場合は、表示テキストをクリックし、右側のリストボックスで、挿入するデータフィールドをクリックしてください。

    注: データフィールドを挿入する場合は、挿入されたデータフィールドに対応する空白のエントリに対して、代替表示テキストと Web アドレスを指定できます。必要に応じて、[空白のエントリに既定のテキストを使用] チェックボックスと [空白のエントリに既定のハイパーリンクを使用する] チェックボックスをオンにして、代替テキストと Web アドレスを入力します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×