文書の読みやすさをテストする

Outlook と Word がスペル チェックと文章校正で完了、に応じて次のテストの読みやすさのスコアを含む文書の閲覧レベルに関する情報を表示することができます。

文書の読みやすさを評価する

Office プログラム別の設定方法

Outlook

  1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [メール] をクリックし、[メッセージの作成] の下で [スペル チェックとオートコレクト] をクリックします。

  3. [文章校正] をクリックします。

  4. [Outlook のスペル チェック] で [文章校正とスペル チェックを一緒に行う] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  5. [文書の読みやすさを評価する] チェック ボックスをオンにします。

この機能を有効にした後、ファイルを確認するには、スペル チェックを開きます。Outlook や Word は、スペル チェックと文章校正を終了すると、文書の閲覧のレベルに関する情報を表示します。

Word

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [Word のスペル チェックと文章校正]で [文章校正とスペル チェックを一緒に行う] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  4. [文書の読みやすさを評価する] チェック ボックスをオンにします。

この機能を有効にした後、ファイルを確認するには、スペル チェックを開きます。Outlook や Word は、スペル チェックと文章校正を終了すると、文書の閲覧のレベルに関する情報を表示します。

Office プログラム別の設定方法

Outlook

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [スペル チェック] タブをクリックし、[スペル チェックとオートコレクト] をクリックします。

  3. [文章校正] をクリックします。

  4. Outlook で文章校正を修正するときに、[スペル チェックと文章校正を行う] チェック ボックスを選択します。

  5. [文書の読みやすさを評価する] チェック ボックスをオンにします。

この機能を有効にした後、ファイルを確認するには、スペル チェックを開きます。Outlook や Word は、スペル チェックと文章校正を終了すると、文書の閲覧のレベルに関する情報を表示します。

Word

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[ Word のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. 文章校正とスペル チェックが選択されていることを確認します。

  4. [ Word の文章校正を修正するとき読みやすさの統計情報を表示する] チェック ボックスを選択します。

読みやすさのスコアについて

読みやすさのテストは、1 単語あたりの平均音節数や 1 文あたりの平均単語数を基準にしています。以下のセクションでは、それぞれのテストがファイルの読みやすさを評価する方法について説明します。

[Flesch 式リーディング難易度] テスト

最高ポイントを 100 として読みやすさを評価します。スコアが高いほど読みやすい文章といえます。標準的な文書の場合は、60 ~ 70 を目標とします。

[Flesch 式リーディング難易度] のスコアを算出するための計算式は次のとおりです。

206.835 – (1.015 x ASL) – (84.6 x ASW)

ここで

ASL = 文章の平均の長さ (文章数で割って得られた単語数)

ASW = 1 単語あたりの平均音節数 (単語数で割って得られた音節数)

[Flesch-Kincaid 式学年レベル] テスト

このテストは、米国の学校の 学年を基準にしています。たとえば、スコアが 8.0 の場合は、8 年生であれば文書を理解できることを意味します。ほとんどの文書では、約 7.0 ~ 8.0 を目標とします。

[Flesch-Kincaid 式学年レベル] のスコアを算出するための計算式は次のとおりです。

(.39 x ASL) + (11.8 x ASW) – 15.59

ここで

ASL = 文章の平均の長さ (文章数で割って得られた単語数)

ASW = 1 単語あたりの平均音節数 (単語数で割って得られた音節数)

言語が読みやすさのスコアに与える影響について

文書で使用する言語は、Office プログラムが読みやすさをチェックし、スコアを表示する方法に影響します。

  • 他の言語でのチェックと文章校正が行われる設定になっている場合、複数の言語で作成された文書では、最後にチェックされた言語の文字列の読みやすさのレベルのみが表示されます。たとえば、文書内に 3 つの段落があり、その言語が上から英語、フランス語、英語の場合、英語のテキストの読みやすさのレベルのみが Word により表示されます  。

  • 英語の文書内に含まれるヨーロッパ言語の中には、読みやすさのレベルではなく、語数と平均値だけが表示される言語もあります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×