文書のページを EPS ファイルとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書内のページのイメージを作成して、別の文書やドキュメントに挿入できます。これは、ページを Encapsulated PostScript (EPS) ファイルとして保存することにより行うことができます。EPS ファイルを保存するには、カラー PostScriptTE000128406を使用する必要があります。

PostScript カラー プリンターを持っていない場合は、プリンター ドライバーの業者印刷用の汎用カラー PS を設定することができます。詳細については、プリンター ドライバーの業者による印刷の標準色 PS をインストールするを参照してください。

  1. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックし、[文書および用紙の設定] タブをクリックします。

  2. [プリンタ名] ボックスの一覧の [Generic Color PS for Commercial Printing] を選択します。

  3. [ファイルへ出力] チェック ボックスをオンにします。

  4. [プロパティ] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。

  5. [プリンターの名前を文書の詳細設定] では、ドキュメントのオプション] を展開し、[ PostScript のオプション] を展開します。

  6. [PostScript 出力オプション] ボックスの一覧の [Encapsulated Postscript (EPS)] を選択し、[OK] を 2 回クリックして [印刷] ダイアログ ボックスに戻ります。

  7. [ページ範囲] の [ページ指定] をクリックし、EPS ファイルとして保存する 1 つのページのページ番号を入力します。

  8. [プリンタの詳細] タブの [プリンタの詳細設定] をクリックし、[分版] タブをクリックします。

  9. [色の印刷方法] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • カラー デスクトップ プリンタで印刷される簡易カラー校正版の PostScript ファイルを保存するには、[簡易カラー校正用 RGB] をクリックします。

    • 白黒プリンタで印刷される簡易カラー校正版の PostScript ファイルを保存するには、[簡易カラー校正用グレースケール] をクリックします。

    • サードパーティのトラッピングまたはページ面付けプログラムで使用するか、CMYK 校正デバイスで出力される簡易カラー校正版の PostScript ファイルを保存するには、[簡易カラー校正用 CMYK] をクリックします。

  10. [OK] をクリックします。

  11. [印刷] ダイアログ ボックスの [印刷] をクリックします。

  12. ファイルへ出力] ダイアログ ボックスで、EPS ファイルを保存する場所を選択し、[ファイルの名前を入力します。ファイル名拡張子.epsを使用することを確認します。

  13. [保存] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×