文書にフォントを埋め込んで、必ず使用できるようにする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

文書内のフォントを埋め込むと、文書を新しいコンピューターに移動したり、印刷業者に入稿したりした場合でも、フォントは常に使用できるようになります。

TrueType フォントのみを埋め込むことができます。その場合は、ライセンスの埋め込みが許可されている場合に限ります。Publisher に含まれているすべての TrueType フォントは、埋め込みを許可します。

埋め込まれたフォントを使用すると、文書のファイルサイズが大きくなり、埋め込むフォントの数を制限できます。すべてのフォント (システムフォントの有無にかかわらず)、特定の個々のフォント、または特定のフォントのサブセットだけを埋め込むことができます。

注: publisher では、既定で TrueType フォントが埋め込まれています。ドキュメントパックウィザードを使用して、印刷業者に入稿する文書を準備します。ウィザードを実行する前に、[フォント] ダイアログボックスでこれを選択する必要はありません。

詳細については、「フォントライセンスの制限について」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

すべての TrueType フォントを埋め込む

個々の TrueType フォントを埋め込む

TrueType フォントのサブセットを埋め込む

フォントを埋め込むことができるかどうかを確認する

すべての TrueType フォントを埋め込む

文書にフォントを埋め込むと、一般的なシステムフォントは、他のほとんどのコンピューターにインストールされる可能性があるため、埋め込まれたフォントには含まれません。システムフォントを埋め込むかどうかを選ぶことができます。(たとえば、文書を操作しているユーザーが自分にアクセスできないことがわかっている場合は、埋め込みを選ぶことができます)。

  1. [ファイル]、[情報]、[埋め込みフォントの管理] をクリックします。

  2. [フォント] ダイアログボックスで、[文書を保存するときに TrueType フォントを埋め込む] チェックボックスをオンにします。

  3. システムフォントを埋め込むには、[共通システムフォントを埋め込まない] チェックボックスをオフにします。

注: 埋め込まれていないフォントを使用したという通知が表示されたら、[ OK] をクリックします。印刷業者に確認して、サービスが埋め込まれていないフォントにアクセスできることを確認します。印刷業者がこれらのフォントにアクセスできない場合は、文書内で代替フォントを使用することを検討する必要があります。

ページの先頭へ

個々の TrueType フォントを埋め込む

個々のフォントの埋め込み状態を設定できます。一部の TrueType フォントがコンピューターまたは印刷業者で利用できることがわかっていて、他のユーザーが使用できない場合は、必要なフォントのみを埋め込むことができます。

  1. [ファイル]、[情報]、[埋め込みフォントの管理] をクリックします。

  2. [フォント] ダイアログボックスで、フォントを選び、次のいずれかの操作を行います。

    • フォントが埋め込まれないように設定されているときにフォントを埋め込むには、[埋め込み] をクリックします。

    • 埋め込まれないように設定されているときに埋め込みの状態を変更するには、[埋め込み] をクリックします。

ページの先頭へ

TrueType フォントのサブセットを埋め込む

フォントを埋め込む場合は、フォント全体を埋め込む代わりに、文書で使用するフォントの文字だけを埋め込むことができます。文書のファイルサイズを小さくする必要がある場合は、フォントのサブセットを埋め込むと便利な場合があります。この操作を行うと、サブセットに含まれていない文字を使用するテキストの変更や追加を行うことはできません。後で文書を編集する必要がある場合は、フォントのサブセットを埋め込まないようにします。

  1. [ファイル]、[情報]、[埋め込みフォントの管理] をクリックします。

  2. [フォント] ダイアログボックスで、[文書を保存するときに TrueType フォントを埋め込む] チェックボックスをオンにします。

  3. [埋め込み時にフォントをサブセットにする] チェックボックスをオンにします。

注: 文書にテキストを入力したときに文字の代わりに四角形が表示される場合は、フォントの埋め込まれたサブセットに含まれていない文字を入力します。文書内のフォントセット全体を復元するには、[埋め込み時にフォントをサブセットにする] チェックボックスをオフにします。

ページの先頭へ

フォントを埋め込むことができるかどうかを確認する

フォントのライセンスの制限により、フォントを埋め込むことができない場合があります。publisher に付属しているフォントにはライセンスの制限はありません。これは、文書に埋め込むことができることを意味します。Publisher に付属していないフォントは、制限されている可能性があります。

  1. [ファイル]、[情報]、[埋め込みフォントの管理] をクリックします。

  2. [ライセンスの制限] と [フォントの埋め込み] で、フォントライセンスの詳細を確認します。

    ライセンスの制限が埋め込まれている可能性がある場合は、フォントを埋め込むことができます。ライセンスの制限によってプレビューのみが表示される場合、または埋め込まれない場合は、文書内でこのフォントを変更することを検討してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×