文書にフォントを埋め込んで、必ず使用できるようにする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

文書内のフォントを埋め込み、フォントを常に使用可能な場合でも、文書を新しいコンピューターに移動するか、印刷業者にします。

TrueType フォントだけを埋め込むこともでき、ライセンスによって許可されている場合だけです。埋め込みのすべての Publisher に含まれている TrueType フォントを許可します。

埋め込みフォント サイズを大きくファイルの文書のフォントを埋め込むことの数を制限することができます。すべてのフォントの有無システム フォント)、一部だけを埋め込むことができます個々 のフォント、または特定のフォントのサブセットです。

注: Publisher では、ウィザードを使用して、パック移動すると、印刷業者に文書を準備するとき、既定で TrueType フォントが埋め込まれます。ウィザードを実行する前に、[フォント] ダイアログ ボックスでこのオプションを選択する必要はありません。

詳細については、フォント ライセンスの制限について参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

すべての TrueType フォントを埋め込む

個々 の TrueType フォントを埋め込む

TrueType フォントのサブセットを埋め込む

フォントを埋め込むことができるかどうかを確認します。

すべての TrueType フォントを埋め込む

文書内でフォントを埋め込むと、[その他のほとんどのコンピューターにインストールすると考えられるため埋め込みフォントにシステムの一般的なフォントは含まれません。システムのフォントを埋め込むかどうかを選択できます。(たとえば、できますにアクセスできるように文書を操作する他のユーザーがないことがわかっている場合は、それらを埋め込む。)

  1. [ファイル] をクリックして >情報>埋め込みフォントを管理します。

  2. [フォント] ダイアログ ボックスでは、 TrueType フォントを埋め込む文書を保存するときにする] チェック ボックスを選択します。

  3. システムのフォントを埋め込んで、システムの一般的なフォントを埋め込むしない] チェック ボックスをオフにします。

注: 埋め込みできないフォントを使用しているメッセージが表示されたら、[ OK] をクリックします。印刷業者サービスを確認するには、埋め込まれたいないフォントにアクセスできます。印刷業者には、これらのフォントのアクセスがない、文書内での代替フォントを使用してについて説明する必要があります。

ページの先頭へ

個々 の TrueType フォントを埋め込む

個別のフォントの埋め込み状態を設定できます。TrueType フォントが使用できるは、お使いのコンピューターや印刷業者] では、他のユーザーが使用できないことがわかっている場合は、必要なフォントだけを埋め込むことができます。

  1. [ファイル] をクリックして >情報>埋め込みフォントを管理します。

  2. フォント] ダイアログ ボックスで、[フォント] をオンにして、次のいずれかの操作を行います。

    • 埋め込むには、フォントをフォントを埋め込み不可能に設定したときに、[埋め込み] をクリックします。

    • 埋め込みフォントを設定したときに、埋め込むしない埋め込み状態を変更するには、埋め込まれませんをクリックします。

ページの先頭へ

TrueType フォントのサブセットを埋め込む

フォントを埋め込む場合は、全体のフォントを埋め込みではなく、文書を使用するフォントの文字だけを埋め込むことができます。フォントのサブセットだけを埋め込むは、文書のファイル サイズを小さく必要がある場合に役立ちます。これを行うときに、テキストを変更またはサブセットに含まれていない文字を使用するために追加を行うことはできません。後で、文書を編集する場合は、フォントのサブセットを埋め込むしません。

  1. [ファイル] をクリックして >情報>埋め込みフォントを管理します。

  2. [フォント] ダイアログ ボックスでは、 TrueType フォントを埋め込む文書を保存するときにする] チェック ボックスを選択します。

  3. 埋め込み時に、一部のフォント] チェック ボックスを選択します。

注: 文書内でテキストを入力するときに、文字の代わりに四角形が表示される、フォントの埋め込みのサブセットに含まれていない文字が入力しました。文書内でセット全体のフォントを復元するには、埋め込み時に、一部のフォント] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

フォントを埋め込むことができるかどうかを確認します。

フォント ライセンスの制限では、フォントを埋め込むことがありますはできません。Publisher に付属しているフォントはライセンス制限がないため、文書内で埋め込むことができます。Publisher に付属していないフォントを制限することがあります。

  1. [ファイル] をクリックして >情報>埋め込みフォントを管理します。

  2. [ライセンスの制限埋め込みフォントフォントのライセンスの詳細を確認してください。

    記さ埋め込むことが、フォントを埋め込むことができます。ライセンスの制限と表示される場合はプレビュー専用または埋め込むことがない、文書内でフォントを変更することを検討します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×