文書で不足しているフォントを他のフォントで代用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

文書にはサポートされていないコンピューターや、文書に埋め込まれているフォントが含まれている場合は、Microsoft Windows オペレーティング システムがないフォントの既定の代替を提供します。お使いのコンピューターにインストールされていないフォントが含まれる Publisher で文書を開くときに一時的にするオプションを選択または完全に文書で使用されているフォントには、コンピューター上のフォントを置換できます。

フォントの置換は、別のコンピューターで文書を表示して、テキスト フォントが別のコンピューターに関係なく読むことがあるかどうかを確認する場合に便利です。日本語の文字がない場合は、特別な場合は、し、その他のフォントを個別に処理されます。

ほとんどの場合、フォントの置換が原因で代用するテキスト。改行、段区切り、改ページ、行間隔、およびハイフネーションが可能性がありますを変更する場合でも、代替フォントが不足しているフォントに似ています。フォントの置換では、文書のレイアウトに影響があります、ことになるためを回避またはフォントの置換をオフにします。

フォントの置換がオンになっているとするか、印刷業者を使用しているフォントがない別のコンピューターでファイルを開き、文書内でテキストを確認できるように Microsoft Windows、選択したフォントが置き換えられます。

  1. [フォント] ダイアログ ボックスでは、フォントの置換] をクリックします。

    注: 文書を開いたときに、[フォント] ダイアログ ボックスが表示されない場合は、[ファイル] をクリックし、商用印刷設定] をポイント埋め込みフォントを管理する] をクリックします。[フォント] ダイアログ ボックスでは、フォントの置換] をクリックします。

  2. [フォントの置換] ダイアログ ボックスでは、[フォントの一覧から不足しているフォントを選択します。

  3. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 代替の候補を使用するには、表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換をこのセッションのフォントはのみをクリックします。

      注: 一時的なと表示されているフォントは、文書では保存されません。

    • 今後の代替フォントの候補で不足しているフォントを置き換えるには、完全に置換するパブリケーションのフォントをクリックします。

      注: 永続的な変更は、この後、 [OK] をクリックして、後でインストールする場合は、元のフォントを使用することができますが、元に戻すすることはできません。

    • 代わりに使用するフォントを割り当てるには、次の操作を行います。

      1. 代替フォント] ボックスの一覧で別のフォントを選択します。

      2. 表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換または完全に置換するパブリケーションのフォント] をクリックします。

ページの先頭へ

使用しているフォントには、特定の文字が含まれていないと、自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックスをオフにした場合 (ファイル>オプション>詳細設定)、小さなボックスが表示します。不足している文字の代わりに文字を問わず、文字列内で発生します。

自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックスが選択されている場合、Publisher により、代替フォントが不足している東アジア文字に自動的に適用します。既定では、自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックスが選択されています。チェック ボックスを自分のコンピューターから文書を印刷する場合にオンのままにすることをお勧めします。

別のコンピューターまたは印刷業者に文書を実行する場合は、ただし、お勧め文書にテキストを入力する前に、自動のフォントの置換をオフにします。次に、不足している文字の代わりに小さなボックスが表示されるたびには、小さいボックスを別のフォントを使用する文字を含むに置き換えることが手動でできます。

文書内の文字にフォントの置換を適用する、印刷業者または他のユーザーを防ぐため、印刷することを送信する前に、文書のフォントを埋め込むこと必要があります。

東アジア文字対応のフォント置換オンまたはオフにします。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. 選択または日本語の文字がない場合のフォントを自動的に置換する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

文書のレイアウトを維持する場合、改行、列とページ区切り、行間、ハイフネーションを含む-フォントの置換を防ぐために行うことができます。

フォントの置換を避けるためには、次のいずれかの操作を行います。

  • 文書内では、TrueType フォントを埋め込みます。TrueType フォントを埋め込むことがある場合は、文書内で保存されます。埋め込みフォントが文書では、表示でき、それらのフォントは、通常の方法を使用しているコンピューターにインストールされていない場合でも、元のフォントでテキストを印刷することができます。

    注: TrueType フォントだけには、埋め込まれたおよび埋め込み、使用するライセンスが場合にのみができます。

  • 文書を別のコンピューターを実行する場合は、コンピューターにインストールされているのと同じフォントの文書で使用したことを確認します。

  • 文書内で PostScript フォントを使用して、印刷業者にいる場合は、プリンターが使用したフォントが使用されてまたはそれらを購入するかどうかを確認します。

ページの先頭へ

_Z0z_プリンターに文書を印刷するときに、使用するプリンターには、プリンターで文書で使用される TrueType フォントと同じ名前の上にある PostScript フォントが置き換えられます。予期しない改行、ハイフネーション、および_z1z_文書の外観を変更することがありますテキストの折り返し] があります。印刷を文書に埋め込まれているか、お使いのコンピューターにインストールされているフォントだけを使用すると、フォントの置換をオフにするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] をクリックして > [印刷] し、[プリンター ] ボックスの一覧を展開します。

  2. 最終的な出力に使用する PostScript プリンターを選択します。

  3. 出力の詳細設定] をクリックし、[グラフィックスおよびフォント] タブのをクリックします。

  4. [フォント] の [文書のフォントだけを使用] をクリックします。

ページの先頭へ

フォントの置換がオンになっているとするか、印刷業者を使用しているフォントがない別のコンピューターでファイルを開き、文書内でテキストを確認できるように Microsoft Windows、選択したフォントが置き換えられます。

  1. フォントの読み込み] ダイアログ ボックスで、フォントの置換] をクリックします。

    注: ツール] メニューで、文書を開いたときに、フォントの読み込み] ダイアログ ボックスが表示されない場合は、印刷業者のツールをポイントし、[フォント] をクリックします。[フォント] ダイアログ ボックスでは、フォントの置換] をクリックします。

  2. [フォントの置換] ダイアログ ボックスでは、[フォントの一覧から不足しているフォントを選択します。

  3. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 代替の候補を使用するには、表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換をこのセッションのフォントはのみをクリックします。

      注: 一時的なと表示されているフォントは、文書では保存されません。

    • 今後の代替フォントの候補で不足しているフォントを置き換えるには、完全に置換するパブリケーションのフォントをクリックします。

      注: 永続的な変更は、この後、 [OK] をクリックして、後でインストールする場合は、元のフォントを使用することができますが、元に戻すすることはできません。

    • 代わりに使用するフォントを割り当てるには、次の操作を行います。

      1. 代替フォント] ボックスの一覧で別のフォントを選択します。

      2. 表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換または完全に置換するパブリケーションのフォント] をクリックします。

ページの先頭へ

フォントを使用しているが、特定の文字を含まないし、するを参照してください、([ツール] メニューのオプション]、[編集] タブ) に、自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換えるチェック ボックスをオフにします。不足しているの代わりに小さなボックスは、文字がテキストで発生する場所に文字です。

自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックスが選択されている場合、Publisher により、代替フォントが不足している東アジア文字に自動的に適用します。既定では、自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックスが選択されています。チェック ボックスを自分のコンピューターから文書を印刷する場合にオンのままにすることをお勧めします。

別のコンピューターまたは印刷業者に文書を実行する場合は、ただし、お勧め文書にテキストを入力する前に、自動のフォントの置換をオフにします。次に、不足している文字の代わりに小さなボックスが表示されるたびには、小さいボックスを別のフォントを使用する文字を含むに置き換えることが手動でできます。

文書内の文字にフォントの置換を適用する、印刷業者または他のユーザーを防ぐため、印刷することを送信する前に、文書のフォントを埋め込むこと必要があります。

東アジア文字対応のフォント置換オンまたはオフにします。

  1. [ツール] メニューのオプション] をクリックし、[編集] をクリックします。

  2. 選択または日本語の文字がない場合のフォントを自動的に置換する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

文書のレイアウトを維持する場合、改行、列とページ区切り、行間、ハイフネーションを含む-フォントの置換を防ぐために行うことができます。

フォントの置換を避けるためには、次のいずれかの操作を行います。

  • 文書内では、TrueType フォントを埋め込みます。TrueType フォントを埋め込むことがある場合は、文書内で保存されます。埋め込みフォントが文書では、表示でき、それらのフォントは、通常の方法を使用しているコンピューターにインストールされていない場合でも、元のフォントでテキストを印刷することができます。

    注: TrueType フォントだけには、埋め込まれたおよび埋め込み、使用するライセンスが場合にのみができます。

  • 文書を別のコンピューターを実行する場合は、コンピューターにインストールされているのと同じフォントの文書で使用したことを確認します。

  • 文書内で PostScript フォントを使用して、印刷業者にいる場合は、プリンターが使用したフォントが使用されてまたはそれらを購入するかどうかを確認します。

ページの先頭へ

PostScriptプリンターに文書を印刷するときに、使用するプリンターには、プリンターで文書で使用される TrueType フォントと同じ名前の上にある PostScript フォントが置き換えられます。予期しない改行、ハイフネーション、およびオーバーフロー文書の外観を変更することがありますテキストの折り返し] があります。印刷を文書に埋め込まれているか、お使いのコンピューターにインストールされているフォントだけを使用すると、フォントの置換をオフにするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューで、印刷] をクリックし、[プリンターの詳細] タブのをクリックします。

  2. プリンター名] ボックスに、最終的な出力に使用する PostScript プリンターを選択します。

  3. プリンターの詳細設定] をクリックし、[グラフィックスおよびフォント] タブのをクリックします。

  4. [フォント] の [文書のフォントだけを使用] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×