文書で不足しているフォントを他のフォントで代用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書にはサポートされていないコンピューターや、文書に埋め込まれているフォントが含まれている場合は、Microsoft Windows オペレーティング システムがないフォントの既定の代替を提供します。お使いのコンピューターにインストールされていないフォントが含まれる Publisher で文書を開くときに一時的にするオプションを選択または完全に文書で使用されているフォントには、コンピューター上のフォントを置換できます。

フォントの置換は、別のコンピューターで文書を表示して、テキスト フォントが別のコンピューターに関係なく読むことがあるかどうかを確認する場合に便利です。不足している東アジア言語の文字は、特殊な場合は、し、他のフォントを個別に処理されます。

ほとんどの場合、フォントの置換によってテキストの外観が変わります。代替フォントが不足フォントに似ている場合でも、改行、段区切り、改ページ、行間、ハイフネーションが変わることがよくあります。フォントの置換は文書のレイアウトに大きな影響を与えるので、フォントの置換を避けるかオフにする方がよい場合もあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フォントの代替フォントを割り当てる

日本語文字のフォントを置き換える

フォントの置換を避ける

印刷するときに、フォントの置換をオフにします。

不足フォントの代替フォントを割り当てる

フォントの置換がオンの場合、ファイルで使用しているフォントと同じフォントがない別のコンピュータでそのファイルが開かれると、選択したフォントが置換されるので、文書内のテキストを読むことができます。

  1. [フォント] ダイアログ ボックスで [フォントの置換] をクリックします。

    注: 文書を開いたときに [フォント] ダイアログ ボックスが開かない場合は、[ファイル] タブをクリックし、[商用印刷設定] をクリックして、[埋め込みフォントの管理] をクリックします。[フォント] ダイアログ ボックスで [フォントの置換] をクリックします。

  2. [フォントの置換] ダイアログ ボックスで、フォントの一覧から不足フォントを選択します。

  3. 次のうち、必要な操作を行います。

    • 提示された代替フォントの選択をそのセッションだけで使用する場合は、[表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換する] をクリックします。

      注: 一時フォントとしてリストされているフォントは、文書には保存されません。

    • それ以降、不足フォントを提示された代替フォントの選択で置き換える場合は、[文書にあるこのフォントを完全に置換する] をクリックします。

      注: [OK] をクリックすると、これは完全に変更されて元に戻すことはできませんが、後で元のフォントをインストールすると、元のフォントを使用することができます。

    • 置換するフォントを割り当てるには、次の操作を行います。

      1. [代替フォント] 一覧で、別のフォントを選択します。

      2. [表示と印刷用にこのフォントを一時的に置換する]、または [文書にあるこのフォントを完全に置換する] をクリックします。

ページの先頭へ

日本語文字がない場合にフォントを置換する

使用しているフォントが含まれていない場合、特定の文字にして自動的に日本語の文字がない場合のフォントを置き換える] チェック ボックス (ファイル]、[オプション] を選択し高度な) をオフに、その文字がテキストの場所に存在しない文字の代わりに小さなボックスが表示されます。

[対応する日本語文字が無い場合、自動でフォントの代替を行う] チェック ボックスがオンの場合は、不足している日本語文字に代替フォントが自動的に適用されます。既定では、[対応する日本語文字が無い場合、自動でフォントの代替を行う] チェック ボックスはオンです。文書を自分のコンピュータから印刷する場合は、このチェック ボックスをオンのままにしておくことをお勧めします。

ただし、別のコンピュータや印刷業者のプリンタから文書を印刷する場合は、テキストを文書に入力する前にフォントの自動代替をオフにすることをお勧めします。オフにした場合は、小さなボックスが未対応文字の部分に表示されるたびに、そのボックスを目的の文字に対応している別のフォントに手動で置き換えることができます。

作成した文書の文字に対して印刷業者や他のユーザーによるフォントの置き換えが適用されないようにするには、印刷対象の文書を送る前に、その文書にフォントを埋め込む必要があります。

日本語文字のフォント置換機能をオンまたはオフにする

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックして、[詳細設定] をクリックします。

  2. [対応する日本語文字が無い場合、自動でフォントの代替を行う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ページの先頭へ

フォントの置換を避ける

文書のレイアウト (改行、段区切り、改ページ、行間、ハイフネーションなど) を維持するには、フォントの置換を避ける必要があります。

フォントを代用しないようにするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 文書内では、TrueType フォントを埋め込みます。TrueType フォントを埋め込むことがある場合は、文書内で保存されます。埋め込みフォントが文書では、表示でき、それらのフォントは、通常の方法を使用しているコンピューターにインストールされていない場合でも、元のフォントでテキストを印刷することができます。

    注: TrueType フォントのみ文書内に埋め込むことができます。ただし、フォントの中には、ライセンスによって埋め込みが制限されているものがあります。

  • 文書を別のコンピュータで開く場合は、文書で使用しているフォントがそのコンピュータにインストールされていることを確認してください。

  • 文書内で PostScript フォントを使用して、印刷業者にいる場合は、プリンターが使用したフォントが使用されてまたはそれらを購入するかどうかを確認します。

ページの先頭へ

印刷時のフォントの置換をオフにする

文書を PostScript プリンタに印刷するときには、文書で使用されている TrueType フォントが、プリンタに用意されている同じ名前の PostScript フォントに置換されます。それによってテキストの流し込みが変わり、予期しない改行、ハイフネーション、オーバーフローなどによって文書の外観が変化する場合があります。印刷時のフォントの置換をオフにし、文書に埋め込まれているフォントまたはコンピュータにインストールされているフォントだけを使用するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[印刷] をクリックして、[プリンターの詳細] タブをクリックします。

  2. [プリンター] ボックスで、最終出力の印刷に使用する PostScript プリンターを選択します。

  3. [出力の詳細設定] をクリックし、[グラフィックスとフォント] タブをクリックします。

  4. [フォント] で、[常に文書のフォントを使用する] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×