文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除

文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除

Microsoft Office では、パスワードを使って、文書、ブック、プレゼンテーションを他のユーザーが開いたり変更したりできないように保護できます。また、文書の保護を使って、校閲者が実行可能な変更の種類を制限することもできます。

警告: ただし、パスワードを忘れると、Microsoft でも復元することができないので注意が必要です。

この記事の内容

  • 開いている文書で、[ファイル]、[情報]、[文書の保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [文書の保護] とそのオプション

    • 最終版にする:    文書を読み取り専用にします。

      最終版の状態になっている文書では、入力操作、編集コマンド、および校正マークが無効 (オフ) になり、文書が読み取り専用になります。[最終版にする] コマンドで、自分が共有している文書が完成版であることを伝えることができます。また、校閲者または閲覧者が不注意で文書に変更を加えるのを防ぐこともできます。

      文書を最終版にするときに、ファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回からこの文書を開くと、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、文書は最終版ではなくなります。

    • パスワードを使用して暗号化   : 文書にパスワードを設定します。

      重要: パスワードを安全な場所に保管します。パスワードを紛失したり、忘れた場合は、復元できません。

      [パスワードを使用して暗号化] を選択すると、[ドキュメントの暗号化] ダイアログ ボックスが表示されます。[パスワード] ボックスにパスワードを入力し、確認の再入力を求められたら、もう一度パスワードを入力します。重要: パスワードを紛失したり忘れたりした場合は Microsoft でも復元できないため、パスワードの一覧と対応するファイル名を安全な場所に保管してください。

  • 編集の制限:    文書に適用できる変更の種類を制御します。

    [編集の制限] を選ぶと、次のオプションが表示されます。

    • [書式の制限   ] 外観を維持したまま、書式設定のオプションを減らします。[設定] をクリックして、使用を許可するスタイルを選びます。

    • [編集の制限]    ファイルの編集方法を制御したり、編集を無効にしたりできます。だれに編集を許可するかは、[例外処理] または [その他のユーザー] をクリックして制御します。

    • [保護の開始]    [はい、保護を開始します] をクリックすると、パスワードによる保護を使用するか、ユーザー認証を使用するかを選択できます。また、[アクセスの制限] をクリックすると、制限付きのアクセス許可を持った編集者を追加または削除できます。

    • ユーザー アクセスの制限:    Windows Live ID を使ってアクセスを制限します。

      Windows Live ID または Microsoft Windows アカウントを使ってアクセス許可を制限します。組織で使用するテンプレートを通じてアクセス許可を適用することも、[アクセス制限あり] をクリックしてアクセス許可を追加することもできます。Information Rights Management の詳細については、「Office の Information Rights Management」を参照してください。

  • デジタル署名の追加    表示されるデジタル署名または非表示のデジタル署名を追加します。

    デジタル署名では、コンピューターの暗号化作成技術を利用して、文書、メール メッセージ、マクロなどのデジタル情報を認証します。デジタル署名は、署名を入力するか、署名のイメージを使って作成され、真正性、整合性、非否認性が確保されます。デジタル署名の詳細については、このトピックの末尾にあるリンクを参照してください。

    デジタル署名の詳細については、「デジタル署名と証明書」を参照してください。

  • 開いている文書で、[ファイル]、[情報]、[文書の保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [文書の保護] とそのオプション

    • 最終版のマークを削除する:    文書を最終版にするときに、Word からファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回、この文書を開いたときに、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、文書は最終版ではなくなります。

    • パスワードの暗号化を削除する:    文書からパスワードの暗号化を削除するには、文書を開き、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。次に、[ファイル]、[情報]、[文書の保護]、[パスワードを使用して暗号化] の順にクリックします。[パスワード] ボックスの内容を削除し、[OK] をクリックして文書を保存し直します。

    • 編集の制限を削除する:    編集の制限を削除するには、[編集の制限] ウィンドウの下部にある [保護の中止] をクリックします。

    • アクセス制限を削除または変更する:    アクセス制限を削除または変更するには、ファイルを開き、文書の上部にある黄色のバーの [権限の変更] をクリックします。

    • デジタル署名を削除する:    デジタル署名を削除するには、ファイルを開き、署名行を右クリックして [署名の削除] をクリックします。または、[署名] ウィンドウの署名の横にある矢印をクリックして [署名の削除] をクリックします。

  • 開いているワークシートで、[ファイル]、[情報]、[ブックの保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [ブックの保護] ボタンとそのオプション

    • 最終版にする:    ブックを読み取り専用にします。

      最終版の状態になっているブックでは、入力操作、編集コマンド、および校正マークが無効 (オフ) になり、文書が読み取り専用になります。[最終版にする] コマンドで、自分が共有しているブックが完成版であることを伝えることができます。また、校閲者または閲覧者が不注意でブックに変更を加えるのを防ぐこともできます。

      ブックを最終版にするときに、Excel にファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回、このブックを開いたときに、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、ブックは最終版ではなくなります。

    • パスワードを使用して暗号化   : ブックにパスワードを設定します。

      注: パスワードを安全な場所に保管します。パスワードを紛失したり、忘れた場合は、復元できません。

      [パスワードを使用して暗号化] を選択すると、[ドキュメントの暗号化] ダイアログ ボックスが表示されます。[パスワード] ボックスにパスワードを入力し、確認の再入力を求められたら、もう一度パスワードを入力します。重要: パスワードを紛失したり忘れたりした場合は Microsoft でも復元できないため、パスワードの一覧と対応するファイル名を安全な場所に保管してください。

    • 現在のシートの保護:    ワークシートおよびロックされたセルを保護します。

      [現在のシートの保護] 機能を使うことで、パスワード保護を選び、他のユーザーによるワークシートの領域に対する各種の操作 (選択、書式設定、挿入、削除、並べ替え、編集など) を許可したり禁止したりすることができます。

    • ブック構成の保護   : [ブック構成の保護] 機能を使うことで、重要なデータをユーザーが変更、移動、削除できないようにするオプションを選択したり、パスワードで保護したりすることができます。

    • ユーザー アクセスの制限:    Windows Rights Management をインストールしてアクセス許可を制限します。

      Windows Live ID または Microsoft Windows アカウントを使ってアクセス許可を制限します。組織で使うテンプレートを通じてアクセス許可を適用することも、[アクセス制限あり] をクリックしてアクセス許可を追加することもできます。Information Rights Management の詳細については、「Office の Information Rights Management」を参照してください。

    • デジタル署名の追加:    表示されるデジタル署名または非表示のデジタル署名を追加します。

      デジタル署名では、コンピューターの暗号化技術を利用して、文書、メール メッセージ、マクロなどのデジタル情報を認証します。デジタル署名は、署名を入力するか、署名のイメージを使って作成され、真正性、整合性、非否認性が確保されます。

      デジタル署名の詳細については、「デジタル署名と証明書」を参照してください。

  • 開いているワークシートで、[ファイル]、[情報]、[ブックの保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [ブックの保護] ボタンとそのオプション

    • 最終版のマークを削除する:    ブックを最終版にするときに、Excel にファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回、このブックを開いたときに、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、ブックは最終版ではなくなります。

    • パスワードの暗号化を削除する:    ファイルからパスワードの暗号化を削除するには、ブックを開き、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。次に、[ファイル]、[情報]、[ブックの保護]、[パスワードを使用して暗号化] の順にクリックします。[パスワード] ボックスの内容を削除し、[OK] をクリックしてファイルを保存し直します。

    • シートからパスワードの保護を削除する:    シートからパスワードの保護を削除するには、[ファイル]、[現在のシートの保護] の順にクリックし、[ブック保護の解除] ダイアログ ボックスにパスワードを入力します。

    • ブック構成からパスワードの保護を削除する:    ブック構成からパスワードの保護を削除するには、[ファイル]、[ブック構成の保護] の順にクリックし、[ブック保護の解除] ダイアログ ボックスにパスワードを入力します。

    • アクセス制限を削除または変更する:    アクセス制限を削除または変更するには、ファイルを開き、文書の上部にある黄色のバーの [権限の変更] をクリックします。

    • 埋め込み署名を削除する:    デジタル署名を削除するには、ファイルを開き、署名行を右クリックして [署名の削除] をクリックします。または、[署名] ウィンドウの署名の横にある矢印をクリックして [署名の削除] をクリックします。

  • 開いている文書で、[ファイル]、[情報]、[プレゼンテーション​​の保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [プレゼンテーションの保護] とそのオプション

    • 最終版にする:    プレゼンテーションを読み取り専用にします。

      最終版の状態になっているプレゼンテーションでは、入力操作、編集コマンド、および校正マークが無効 (オフ) になり、プレゼンテーションが読み取り専用になります。[最終版にする] コマンドで、自分が共有しているプレゼンテーションが完成版であることを伝えることができます。また、校閲者または閲覧者が不注意でプレゼンテーションに変更を加えるのを防ぐこともできます。

      プレゼンテーションを最終版にするときに、ファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回からこのプレゼンテーションを開くと、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、プレゼンテーションは最終版ではなくなります。

    • パスワードを使用して暗号化:    プレゼンテーションにパスワードを設定します。

      注意: パスワードを安全な場所に保管します。パスワードを紛失したり、忘れた場合は、復元できません。

      [パスワードを使用して暗号化] を選ぶと、[ドキュメントの暗号化] ダイアログ ボックスが表示されます。[パスワード] ボックスにパスワードを入力し、確認の再入力を求められたら、もう一度パスワードを入力します。重要: パスワードを紛失したり忘れたりした場合は Microsoft でも復元できないため、パスワードの一覧と対応するファイル名を安全な場所に保管してください。

    • ユーザー アクセスの制限:    Windows Rights Management をインストールしてアクセス許可を制限します。

      Windows Live ID または Microsoft Windows アカウントを使ってアクセス許可を制限します。組織で使うテンプレートを通じてアクセス許可を適用することも、[アクセス制限あり] をクリックしてアクセス許可を追加することもできます。Information Rights Management の詳細については、「Office の Information Rights Management」を参照してください。

    • デジタル署名の追加:    表示されるデジタル署名または非表示のデジタル署名を追加します。

      デジタル署名では、コンピューターの暗号化技術を利用して、文書、メール メッセージ、マクロなどのデジタル情報を認証します。デジタル署名は、署名を入力するか、署名のイメージを使って作成され、真正性、整合性、非否認性が確保されます。

      デジタル署名の詳細については、「デジタル署名と証明書」を参照してください。

  • 開いているプレゼンテーションで、[ファイル]、[情報]、[プレゼンテーションの保護] の順にクリックします。

    次のオプションが表示されます。

    [プレゼンテーションの保護] とそのオプション

    • 最終版のマークを削除する:    プレゼンテーションを最終版にするときに、PowerPoint にファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。次回、このファイルを開いたときに、上部に黄色の "最終版" というメッセージが表示されます。[編集する] をクリックすると、プレゼンテーションは最終版ではなくなります。

    • パスワードの暗号化を削除する:    プレゼンテーションからパスワードの暗号化を削除するには、ファイルを開き、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。次に、[ファイル]、[情報]、[プレゼンテーションの保護]、[パスワードを使用して暗号化] の順にクリックします。[パスワード] ボックスの内容を削除し、[OK] をクリックしてプレゼンテーションを保存します。

    • アクセス制限を削除または変更する:    アクセス制限を削除または変更するには、ファイルを開き、プレゼンテーションの上部にある黄色のバーの [権限の変更] をクリックします。

    • デジタル署名を削除する:    デジタル署名を削除するには、ファイルを開き、署名行を右クリックして [署名の削除] をクリックします。または、[署名] ウィンドウの署名の横にある矢印をクリックして [署名の削除] をクリックします。

  1. [校閲] タブの [保護] グループで、[文書の保護] をクリックし、[書式設定と編集の制限] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. [文書の保護] 作業ウィンドウの [書式の制限] で、[利用可能な書式を制限する] チェック ボックスをオンにし、[設定] をクリックして校閲者が適用または変更できるスタイルを指定します。

  3. [編集の制限] で、[ユーザーに許可する編集の種類を指定する] チェック ボックスをオンにします。

  4. 編集の制限リストで、[変更履歴] をクリックします (これには、コメント、挿入、削除、移動されたテキストが含まれます)。

    注: 別の保護機能セットで Active Directory ディレクトリ サービスを使う場合は、[アクセスの​​制限] をクリックして Information Rights Management を使います。

  5. [保護の開始] の [はい、保護を開始します] をクリックします。

  6. 文書にパスワードを割り当てて、パスワードを知っている校閲者だけが保護を解除できるようにするには、[新しいパスワードの入力 (省略可)] ボックスにパスワードを入力し、確認のため、パスワードをもう一度入力します。

    重要: パスワードを使用しない場合は、すべてのレビュー担当者が編集の制限を変更できます。

  1. [校閲] タブの [保護] グループで、[文書の保護] をクリックし、[書式設定と編集の制限] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. [文書の保護] 作業ウィンドウの [編集の制限] で、[ユーザーに許可する編集の種類を指定する] チェック ボックスをオンにします。

  3. 編集の制限リストで、[コメント] をクリックします。

  4. 一部のユーザーに文書の特定の部分を編集できるようにする場合は、文書の該当する領域を選択し、文書の選択領域を編集できるユーザー (グループまたは個人) を選びます。グループまたは個人名の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、グループまたは個人が編集できる次の領域またはすべての領域を見つけるか、グループまたは個人のアクセス許可を削除します。

    注: 別の保護機能セットで Active Directory ディレクトリ サービスを使う場合は、[アクセスの​​制限] をクリックして Information Rights Management を使います。

  5. [保護の開始] の [はい、保護を開始します] をクリックします。

  6. 文書にパスワードを割り当てて、パスワードを知っている校閲者だけが保護を解除できるようにするには、[新しいパスワードの入力 (省略可)] ボックスにパスワードを入力し、確認のため、パスワードをもう一度入力します。

    重要: パスワードを使用しない場合は、すべてのレビュー担当者が編集の制限を変更できます。

  1. [校閲] タブの [保護] グループで、[文書の保護] をクリックし、[書式設定と編集の制限] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. [文書の保護] 作業ウィンドウで、[保護の中止] をクリックします。

注: パスワードを使って文書に保護を追加している場合、保護を中止する前にパスワードを入力する必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×