文字列形式の日付を日付形式に変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次の図のように、インポートや貼り付けによって一見数字に見える日付がワークシートにある場合、短い日付または長い日付として表示されるように、日付の形式を再設定したい場合があります。 また、その日付をフィルタリング、並べ替え、または日付の計算で使用する場合も、日付形式の方が便利です。

文字列形式の日付の列

  1. 形式を再設定するセル、セル範囲または列を選びます。

  2. [表示形式] をクリックし、必要な日付形式を選びます。

[短い日付形式] は次のようになります。

リボンから、短い日付形式にデータを変更する

[長い日付形式] には、次の画像のように、より多くの情報が表示されます。

長い日付形式に変更するための、リボン上のボタン

DATEVALUE 関数を使って、この処理を行うこともできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×