文字列形式の日付を日付形式に変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

次の図のように、インポートや貼り付けによって一見数字に見える日付がワークシートにある場合、短い日付または長い日付として表示されるように、日付の形式を再設定したい場合があります。 また、その日付をフィルタリング、並べ替え、または日付の計算で使用する場合も、日付形式の方が便利です。

文字列形式の日付の列

  1. 形式を再設定するセル、セル範囲または列を選びます。

  2. [表示形式] をクリックし、必要な日付形式を選びます。

[短い日付形式] は次のようになります。

リボンから、短い日付形式にデータを変更する

[長い日付形式] には、次の画像のように、より多くの情報が表示されます。

長い日付形式に変更するための、リボン上のボタン

DATEVALUE 関数を使用しても実行することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×