文字列を日付や時刻と結合する

これらの日付を使用する数式に影響を与えずに複数の宛先、またはテキストを書式設定の日付のデータの複数の列から正しい文法文を作成するとします。日付または時刻でテキストを結合するテキスト関数を使用して、& (アンパサンド) 演算子。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空白のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

A

データ

請求日

6/5/10

説明 (計算結果)

="申し立て日: "&TEXT(A3,"d-mmm-yyyy")

数式内の文字列を日付と結合します (申し立て日: 5-Jun-2010)

=A2&" "&TEXT(A3 "mmmm d, yyyy")

別々のセルに入力されている文字列と日付とを結合して、1 つのセルにまとめます (請求日 June 05, 2010)

=TEXT(A3,"mmm-dd-yyyy")

テキストにセル内の日付に変換します。 し、指定された"mmm-dd-yyyy"の形式で表示します。ユーザー設定の表示形式を作成する場合"請求日:"@この書式を適用するのには、この数式が入力されているセル、セルは、次を表示:請求日: Jun-05-2010します。

注: セルに入力されている数値形式のコードを数式にコピーできます。セルを選択し、[ホーム] タブの [数値] で、矢印をクリックし、[その他の表示形式] をクリックします。次に、[分類] の一覧の [ユーザー定義] をクリックし、[種類] ボックスでユーザー定義の表示形式をクリックして、内容をコピーします。

関数についての詳細情報

TEXT関数では、2 つの引数 (つまり、項目、かっこで囲まれた) が必要です。1 番目の引数は、数値、日付など、値です。この値は、テキスト値に変換されます。2 番目の引数では、表示形式] は、Excel が認識され、使用して、変換後のテキスト値を指定した形式で表示する特別な文字列です。日付の上の例では 10 5/6/がテキストに変換され、クリックする 2 つの異なる形式で表示されます"d-mmm-yyyy"(2010 年 6 月-5 - のようになります) と"mmmm d、yyyy。"。(2010 年 6 月 5 日のようになります。)

詳細については、 TEXT 関数を参照してください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×