文字列を日付や時刻と結合する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

これらの日付を使用する数式に影響を与えずに複数の宛先、またはテキストを書式設定の日付のデータの複数の列から正しい文法文を作成するとします。日付または時刻でテキストを結合するテキスト関数を使用して、& (アンパサンド) 演算子。

使用例

日付と時刻の値を含む、数式がテキストを結合する方法の例

TEXT関数では、2 つの引数 (つまり、項目、かっこで囲まれた) が必要です。1 番目の引数は、数値、日付など、値です。この値は、テキスト値に変換されます。2 番目の引数では、表示形式] は、Excel が認識され、使用して、変換後のテキスト値を指定した形式で表示する特別な文字列です。2 番目および 3 番目の例では B3 とセル B4 で日付がテキストに変換され、2 つの異なる形式に表示される [:"d-mmm-yyyy"(2010 年 6 月 4 日のようになります) と"mmmm d、yyyy"。(年 6 月-07-2010 のようになります。)

関連項目

TEXT 関数

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×