文字列をコピーしてペーストするときに適用される書式

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキストを切り取りまたはコピーして、同じ文書内または別の Word 文書に貼り付けるときに、元の書式設定を保持するか、貼り付け先の周囲のテキストの書式設定に合わせるかを選ぶことができます。 別の文書から単純に切り取って貼り付けるときに、選択範囲が Word でどのように書式設定されるかは、選択範囲に段落記号やセクション区切りが含まれているかによって異なります。

選択範囲

適用される書式

段落記号 ( 段落記号 ) を含まない

選択範囲に適用されている文字スタイルとその他の文字書式が適用されます。

1 つの段落記号のみ

段落スタイルとその他の段落書式が段落に適用されます。

段落記号を含む

段落スタイルとその他の段落書式が段落に適用されます。 選択範囲に適用されている文字スタイルとその他の文字書式も適用されます。

セクション区切りを含む

セクション区切りの前にあるセクションの書式がすべて適用されます。これには、余白、段数、行数、用紙のサイズと向き、ヘッダー、フッターが含まれます。

次のいずれかの操作を実行します。

元のテキストの書式設定を保持する

  1. 切り取る、またはコピーするテキストを選び、切り取る場合は コマンド + X を押し、コピーする場合は コマンド + C を押します。

  2. テキストを貼り付ける場所をクリックして、 コマンド + V を押します。

  3. テキストを貼り付けた後に表示される [ペーストのオプション] 貼り付けのオプション をクリックします。

    テキストを貼り付けるときに [ペーストのオプション] が表示されない場合

    1. [Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

    2. [作成および校正ツール] の [編集] をクリックします。

    3. [カット/ペーストのオプション] の下の [[ペーストのオプション] ボタンを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [元の書式を保持する] をクリックします。

    注: 箇条書きまたは段落番号の項目を箇条書きまたは段落番号が含まれる文書に貼り付ける場合、[ペーストのオプション] をクリックしたときに [元の書式を保持する] が表示されないことがあります。

元のテキストの書式設定を貼り付け先の書式設定に合わせて変更する

  1. 切り取る、またはコピーするテキストを選び、切り取る場合は コマンド + X を押し、コピーする場合は コマンド + C を押します。

  2. テキストを貼り付ける場所をクリックして、 コマンド + V を押します。

  3. テキストを貼り付けた後に表示される [ペーストのオプション] 貼り付けのオプション をクリックします。

    テキストを貼り付けるときに [ペーストのオプション] が表示されない場合

    1. [Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

    2. [作成および校正ツール] の [編集] をクリックします。

    3. [カット/ペーストのオプション] の下の [[ペーストのオプション] ボタンを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

太字や斜体などの書式設定を保持する

[貼り付け先の書式に合わせる] をクリックします。

貼り付けようとしているテキストから元の書式設定をすべて削除する

[テキストのみ保持] をクリックします。

注記: 

  1. 選択範囲にテキストではない内容が含まれている場合、[テキストのみ保持] オプションを選ぶと、内容が破棄されるかテキストに変換されます。 たとえば、図と表を含む内容を貼り付けるときに [テキストのみ保持] オプションを使用すると、貼り付ける内容から図が削除され、表は一連の段落に変換されます。

  2. 選択範囲に箇条書きまたは段落番号が含まれている場合、[テキストのみ保持] オプションを選ぶと、Word のテキストの貼り付けの既定の設定によって、行頭文字や番号付けが破棄されることがあります。 行頭文字と段落番号を保持するには、箇条書きや段落番号の書式設定を行頭文字または段落番号で始まる段落に変換します。

関連項目

オブジェクトまたは文字列間で書式をコピーする

書式をコピーする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×