文字列やスペースの書式

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文字列   数値を含む文字列をセルに表示するには、文字を二重引用符 (" ") で囲むか、または表示形式で円記号 (¥) に続けて文字を指定します。次の特殊文字を入力する場合は、二重引用符を付ける必要はありません。

$、-、+、/、(、)、:、およびスペース

次の記号を入力すると、円記号 (¥) が挿入されます。

!、^、&、` (アクサングラーブ)、' (一重引用符)、~、{、}、=、<、および >

間隔   文字幅分の間隔を空けるには、表示形式で下線 (_) に続けて文字を指定します。たとえば、表示形式の最後に _) のように下線と右かっこを指定すると、かっこの幅の分だけ文字間隔が空くため、正の数を負の数と揃えて表示できます。

文字列の書式部分   文字列の書式部分を含む場合は、常に表示形式の末尾に指定します。書式部分のうち、入力した文字列を表示する部分に @ 記号を指定します。文字列の書式部分に @ 記号がない場合、入力した文字列は表示されません。入力した文字列と共に特定の文字列を表示する場合は、「"総合評価" @」のように表示する文字列を二重引用符で囲みます。

表示形式に文字列の書式部分がない場合、その表示形式はセルに入力する文字列には影響しません。

セル内で繰り返し表示する文字   表示形式で指定した文字をセル幅に達するまで繰り返し表示するには、表示形式の書式部分にアスタリスク (*) を指定します。たとえば、数字に続けて、セル内を半角ダッシュ (-) で埋めるには、「0*-」と入力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×