文字列の配置、インデント、間隔を変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

スライド上のテキストを読みやすくするには、 PowerPointプレゼンテーションのテキスト行と段落間の間隔を変更することをお勧めします。テキストの行の配置やインデントを調整することもできます。

リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで、[行間] (1 つのスペース、2つのスペースなど) と縦方向の配置 (上、下、または中央) をメニューボタンから使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用すると、1つのスペース、2つのスペース、またはその他の縦方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューでは、テキストをコンテナーの上端または下端に垂直方向に揃えるか、中央に縦方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスでは、さらに詳細な間隔オプションを使用できます。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    PowerPoint のリボンの画像

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    PowerPoint の [段落] ダイアログ ボックス

ダイアログボックスで使用できるオプションを次に示します。

[配置]

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで、中央両端揃え、または [分布] を選びます。[両端揃え] では、単語間の間隔を追加して、テキストの行が、通常の単語間隔を使用する段落の最後の行を除き、左と右の余白の両方にタッチするようにします。 分散は、両端揃えと似ていますが、最後の行でも、必要に応じて単語と文字の間にスペースが追加され、左右の余白にも触れます。

[インデント]

  • テキスト前にインデントを追加する、あるいはインデント幅を変更するには、[テキストの前] ボックスに数値を入力するか、選択します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落の上下の間隔を変更するには、[ 行間] オプション ([ 1行]、[ 1.5]、[ Double]) を使用します。 または、[間隔] ボックスで、[正確に] を選択して 、ポイント値 (0 ~ 1584) を加算します。(ポイント値が大きいほど、間隔が広くなります)。または、[複数] を選択して、[値] ボックスに数値を加算します。(9.99 以下の任意の数値を使用してください: 1の値は単一の間隔と等しくなりますが、値は3となります)。

注: プレースホルダーがいっぱいになるまで行を追加し続けた場合、自動調整機能が働いて、プレースホルダー内のリスト項目がすべて収まるよう、行間やフォント サイズを調整してくれます。 その場合、[自動調整オプション] [自動調整オプション] コントロール コントロールが表示されます。 自動調整機能をオフにするには、[自動調整オプション] をクリックして、[このプレースホルダーの自動調整をしない] をクリックします。

上記以外のインデントや行間の設定方法については、以下を参照してください。

リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで、[行間] (1 つのスペース、2つのスペースなど) と縦方向の配置 (上、下、または中央) をメニューボタンから使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用すると、1つのスペース、2つのスペース、またはその他の縦方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューでは、テキストをコンテナーの上端または下端に垂直方向に揃えるか、中央に縦方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスでは、さらに詳細な間隔オプションを使用できます。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    PowerPoint のリボンの画像

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    PowerPoint の [段落] ダイアログ ボックス

ダイアログボックスで使用できるオプションを次に示します。

[配置]

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで、中央両端揃え、または [分布] を選びます。[両端揃え] では、単語間の間隔を追加して、テキストの行が、通常の単語間隔を使用する段落の最後の行を除き、左と右の余白の両方にタッチするようにします。 分散は、両端揃えと似ていますが、最後の行でも、必要に応じて単語と文字の間にスペースが追加され、左右の余白にも触れます。

[インデント]

  • テキスト前にインデントを追加する、あるいはインデント幅を変更するには、[テキストの前] ボックスに数値を入力するか、選択します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落の上下の間隔を変更するには、[ 行間] オプション ([ 1行]、[ 1.5]、[ Double]) を使用します。 または、[間隔] ボックスで、[正確に] を選択して 、ポイント値 (0 ~ 1584) を加算します。(ポイント値が大きいほど、間隔が広くなります)。または、[複数] を選択して、[値] ボックスに数値を加算します。(9.99 以下の任意の数値を使用してください: 1の値は単一の間隔と等しくなりますが、値は3となります)。

注: プレースホルダーがいっぱいになるまで行を追加し続けた場合、自動調整機能が働いて、プレースホルダー内のリスト項目がすべて収まるよう、行間やフォント サイズを調整してくれます。 その場合、[自動調整オプション] [自動調整オプション] コントロール コントロールが表示されます。 自動調整機能をオフにするには、[自動調整オプション] をクリックして、[このプレースホルダーの自動調整をしない] をクリックします。

上記以外のインデントや行間の設定方法については、以下を参照してください。

リボンの [ホーム] タブの [段落] グループで、[行間] (1 つのスペース、2つのスペースなど) と縦方向の配置 (上、下、または中央) をメニューボタンから使用できます。

リボンの [行間] メニューオプションを使用すると、1つのスペース、2つのスペース、またはその他の縦方向の行間オプションを選ぶことができます。

図 1: 行間

リボンの [テキストの配置] メニューでは、テキストをコンテナーの上端または下端に垂直方向に揃えるか、中央に縦方向に配置するかを決定できます。

図 2: 縦方向の配置

[段落] ダイアログボックスでは、さらに詳細な間隔オプションを使用できます。

  1. スライド上で、変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[段落] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [段落] グループで、右下隅にある [起動ツール] ボタンをクリックして [段落] ダイアログボックスを開きます。

    [段落] ダイアログボックスが表示されます。

    [段落] ダイアログボックスには、水平方向の配置、左余白のインデント、行間を設定するためのオプションがあります。

ダイアログボックスで使用できるオプションを次に示します。

[配置]

  • テキストの水平方向の配置を変更するには、[配置] ボックスで、[]、[中央]、[]、または [両端揃え] を選びます。[両端揃え] では、単語間の間隔を追加して、テキストの行が、通常の単語間隔を使用する段落の最後の行を除き、左と右の余白の両方にタッチするようにします。

[インデント]

  • テキスト前にインデントを追加する、あるいはインデント幅を変更するには、[テキストの前] ボックスに数値を入力するか、選択します。 [最初の行] オプションを使うと、最初の行のみを字下げしたり、ぶら下げインデントを使用したりすることができます。

    インデントはインチ単位で調整され、整数や 1.2 インチのような小数を指定できます。

[間隔]

  • 段落の前後の行間隔を変更する場合は、[段落前] または [段落後] に値を入力するか、またはその横にある矢印をクリックします。 数値には、整数や 6.5 のような小数を指定できます。

  • 段落の上下の間隔を変更するには、[ 行間] オプション ([ 1行]、[ 1.5]、[ Double]) を使用します。 または、[複数] を選択して、[値] ボックスに数値を加算します。(9.99 以下の任意の数値を使用してください: 1.25の値は、1つの間隔よりも 25% 大きくなりますが、値は3に等しくなります)。

注: プレースホルダーに余裕がなくなるまで行を追加し続けると、自動調整機能によって、使用可能なスペースのすべてのリストアイテムに合わせて行間とフォントサイズが自動的に変更されます。

スライドのリストの書式を設定するには、「テキストに行頭文字または段落番号を追加する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×