文字列の文字間隔を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

選択した文字列や特定の文字列の文字間隔を変更できます。また、段落全体を拡大または縮小して、希望する外観に合うように調整できます。

文字間隔を変更する

[広く] または [狭く] を選択すると、選択したすべての文字と文字の間隔が同じ幅ずつ調整されます。カーニングを行うと、特定の文字の組み合わせでの文字間隔が変わります。つまり、文字によって、間隔が増減します。

選択したすべての文字の間隔を均等に広くする、または狭くする

  1. 変更する文字列を選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

    注: Word 2007 を使用している場合、タブ名は、[文字間隔] です。

  3. [文字間隔] ボックスで、[広く] または [狭く] をクリックし、[間隔] ボックスに文字間隔を指定します。

    [フォント] ダイアログ ボックスを使用すると、文字間隔の拡大または縮小を指定できます。

特定のサイズ以上の文字でカーニングを行う

カーニングとは、2 つの特定の文字間の間隔がどのように調整されるかを意味します。("A" と "V" など) ぴったりと合わさる文字間のスペースを狭くし、そうでない文字間の間隔を広げ、見た目をよくすることを意図しています。

  1. 変更する文字列を選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

    注: Word 2007 を使用している場合、タブ名は、[文字間隔] です。

  3. [カーニングを行う] チェック ボックスをオンにし、[ポイント以上の文字] ボックスにポイント サイズを入力します。

    Word で、特定のフォント サイズ以上の文字間でカーニングが設定されるようにできます。

文字列を横方向に拡大または縮小する

文字列の大きさを調整する場合は、文字の表示倍率を変更します。文字列を拡大または縮小することで、文字列の大きさを調整できます。

  1. 拡大または縮小する文字列を選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

    注: Word 2007 を使用している場合、タブ名は、[文字間隔] です。

  3. [倍率] ボックスで、倍率を設定します。

    100% を超える倍率を設定すると、文字列は拡大されます。100% 未満の倍率を設定すると、文字列は縮小されます。

行間を変更する

段落内のテキストの垂直方向の行間の空白の広さを増減するには、段落で使用されるスタイルを変更するのが最良の方法です。

  1. リボンのスタイル ギャラリーから使用しているスタイルを検索します。

  2. 変更するスタイルを右クリックし、[変更] を選択します。

    スタイル ギャラリーにある [図表番号] スタイルを右クリックして図表番号の書式を変更します。
  3. ダイアログ ボックスの中心付近には、行間を 1 行、1.5 行、2 行の間隔で設定できる行間ボタンがあります。適用する間隔を選択して、[OK] をクリックします。

    スタイルの [行間] オプションを変更すると、Word の垂直方向での間隔を調整できます。

スタイルにより具体的な行間隔を適用する場合は、[スタイルの変更] ダイアログ ボックスの左下の [書式] ボタンを選択し、[段落] を選択すると、行間隔をより具体的に選択または設定することができる [行間] ドロップダウンが右下に表示されます。

[段落] ダイアログ ボックスを使用すると、より詳細にテキスト行の間隔を設定できます。

Word でのスタイル変更の詳細については、「Word でスタイルをカスタマイズする」を参照してください。

関連項目

Word の操作で、ここで取り上げていない問題について質問がある場合

Word の回答コミュニティで質問を投稿します。

Word を向上させるためのご協力のお願い

Word の改善に関する提案していますか。必要な場合は、 Word UserVoiceを参照してくださいお知らせ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×