文字サイズの自動調整機能のオンとオフを切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Publisher 2010が自動的にテキスト ボックスが他のテキスト ボックスに接続していないときに、テキスト ボックスに収まるように、テキストのサイズを変更することができます。

文字サイズの自動調整機能をオンにする

  1. テキスト ボックス内をクリックします。

  2. [テキスト ボックス ツール] タブの [テキストの自動調整] をポイントします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのサイズ変更時または入力時に、ボックスに合わせてテキストが縮小または拡大されるようにするには、[枠に合わせて自動調整する] をクリックします。

    • オーバーフロー内のテキストがなくなるまでテキストのポイント サイズを小さくするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] をクリックします。

    • テキストが収まるようにテキスト ボックスが拡大されるようにするには、[テキスト ボックスを自動で拡大] をクリックします。

文字サイズの自動調整機能をオフにする

T の拡張を使用するテキスト ボックスのサイズを変更するときに入力することも、サイズの変更は、テキストに合わせてオンの場合。テキストが同じサイズが配置されるようにオフにする方法を示します。

  1. テキスト ボックス内をクリックします。

  2. [テキスト ボックス ツール] タブの [テキストの自動調整] をポイントし、[自動調整なし] をクリックします。

自動調整機能をオフにすると、テキスト ボックスのサイズを変更してもフォント サイズは変わりません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×