文字を入力して装飾してみよう

このページを学習すると、こんなことができるようになります。

できること


このページは以下の内容から構成されています。

  1. 文字装飾の種類について

  2. 文字を装飾してみよう


文字装飾の種類について

文字の装飾機能は主に、リボンの [ホーム] タブの [フォント] にあります。

リボンの[ホーム] タブ

リボンに表示されているボタンの名称と役割については、下記の表を参照してください。これらを組み合わせて、文字を装飾してみましょう。

ボタン

名称

役割

フォント

フォント

フォント (文字書体の種類) を変更します。

フォント サイズ

フォント サイズ

文字の大きさを変更します。

フォントの拡大

フォント サイズの拡大

文字を大きくします。

フォントの縮小

フォント サイズの縮小

文字を小さくします。

太字

太字

選択した文字列を太字にします。「ボールド」とも呼ばれます。

斜体

斜体

選択した文字列を斜体にします。「イタリック」とも呼ばれます。

下線

下線

選択した文字列に下線を引きます。「アンダーライン」とも呼ばれます。

下罫線

下罫線

現在選択されているセルに罫線を適用します。

塗りつぶしの色

塗りつぶしの色

選択したセルの背景の色を付けます。

フォントの色

フォントの色

選択した文字の色を付けます。

ルビ

ふりがなの表示 / 非表示

ふりがなを表示して、読み方を示します。

ヒント リボンのボタンには選択状態と非選択状態がある

文字装飾につかうボタンの中には、選択された状態 (緑色 : 太字 (選択状態) ) と非選択の状態 (リボンと同じ色 : 太字 (非選択状態) ) のものがあります。ボタンをクリックすることで、もう一方の状態に変更することができます。

「選択された状態」は、その機能が適用された状態であることを表しています。カーソルの現在位置を移動させると、その場所の状態がボタンに反映されます。

ページの先頭へ

文字を装飾してみよう

  1. 空白のブックを開き、セルの「A1」を選択してください。

    セルの「A1」を選択

    ヒント 選択されたセルは「アクティブ セル」といいます

    選択されているセルは、「アクティブ セル」、そのセルの位置を示す現在地のことを「セル番地」といいます。

    ヒント 空白のブックの開き方

    空白のブックの開き方は、「オフィス スタートでテンプレートを探そう」を参照してください。

  2. 「日光バスツアー参加者リスト」と入力して、Enter キーを押してください。

    「日光バスツアー参加者リスト」と入力

    ヒント 入力した文字が見えなくなったら !!

    小さなセル幅にたくさんの文字を入力すると、入力した文字が見えなくなってしまうことがあります。でも、セルの幅を広げることによって見えるようになります。

    1. A 列と B 列の間にマウス ポインターを置きます。すると、十字になります。そこでダブルクリックをしてください。

      マウス ポインタが十字になる
    2. 文字が見えるようになりました。Excel には、ダブルクリックで適切なセル幅を調節する機能があります。

      適切なセル幅を調節する
  3. 「日光」の 2 文字を選択してください

    「日光」の 2 文字を選択

    ヒント セル内の情報を変更する

    データの入力されているセルを選択すると、上の方にその内容が表示されます。これを「数式バー」と言います。これからも、よく登場する名前なので覚えましょう。

    数式バー


  4. フォント (文字書体の種類) から HGP 創英角ゴシック UB を選択してください。

    文字書体の種類を変更
  5. 「日光」の 2 文字が選択されたままの状態で、文字の色を変更してください。

    文字の色を変更
  6. 数式バーで「バスツアー」の 5 文字を選択してください。

    5 文字を選択
  7. 太字をクリックで選択し、色も変更してみましょう。

    太字をクリックで選択し、色も変更
  8. 文字の太さと色が変更されました。

    太さと色が変更される
  9. 「参加者リスト」を選択して、文字書体の種類と色を変更してください。下図の例を参考にしてください。

    文字書体の種類と色を変更
  10. セル「A1」が選択されていることを確認して、「ルビ」の右側にある下矢印をクリックしてください。メニューが表示されます。「ふりがなの表示」を選択してください。

    「ふりがなの表示」を選択
  11. ふりがなが表示されました。

    ふりがなが表示される

    このように、色々な機能を組み合わせて文字を装飾してみましょう。この機能は基本です。繰り返し練習をして、身につけてください。

    ヒント 「カタカナ」のふりがなを「ひらがな」に変更する

    「ふりがなの設定」を選択すれば簡単に変更できます。さらに、ふりがなの位置や、ふりがなの文字種類も変更できる機能がついているので、いろいろ試してみてください。

    ふりがなの設定

    ヒント 長い文字列を、自動的にすべて表示させるには

    1 つのセル内に長い文字列を入力した場合は、前に説明したように、セルの幅を変更して表示させることができます。しかし、横幅を広げたくない、文字列が増減するたびにセル幅を変更するのは面倒だ、という場合もあります。

    [ホーム] タブの [折り返して全体を表示する] を選択してみましょう。入力した文字数に応じてセルの高さが自動的に調整され、文字列がセル内で折り返されて、すべて表されるようになります。

    折り返して全体を表示する

    セルの高さが自動的に調整される

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×