整理機能について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

以前のバージョンの Microsoft Outlook では、整理機能を使用して、電子メール メッセージ用にテキストの条件付き書式ルールを作成し、アイテムを移動したりビューを変更したりするルールを作成できました。

Microsoft Office Outlook 2007 の [整理] ウィンドウ

たとえば、条件付きのルールにより、上司から届いたすべてのメッセージをメッセージの一覧で赤いテキストで表示するように指定できました。

条件付き書式

条件付き書式は、整理ウィンドウで最もよく使用された機能です。Microsoft Outlook 2010 では、ビュー用のテキストの条件付き書式は残っていますが、[ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで使用するようになりました。

  1. [ビュー] タブの [現在のビュー] で [ビューの設定] をクリックします。

リボンの [ビューの設定]

  1. [ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで、[条件付き書式] をクリックします。

[ビューの詳細設定] ダイアログ ボックス

既定のルールのセットが表示されます。さらに、以前のバージョンの Outlook での整理ウィンドウで作成した条件付き書式のルールが表示されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ルールを削除するには、ルールをクリックして [削除] をクリックします。

    • ルールを一時的に無効にするには、そのルールのチェック ボックスをオフにします。

    • ルールの条件を変更するには、ルールをクリックして [条件] をクリックします。

    • ルールに適用するテキストの書式を変更するには、ルールをクリックして [フォント] をクリックします。

    • 新しい条件付き書式ルールを追加するには、[追加] をクリックして [名前] ボックスに名前を入力し、[フォント] をクリックして書式を指定します。次に、[条件] をクリックしてこのルールの条件を指定します。

ビュー

以前 [ビューを使う] にあったコマンドは、Outlook 2010 では、リボンの [ビュー] タブの [現在のビュー] で使用できます。

ルール

以前 [フォルダーを使う] にあったコマンドは、Outlook 2010 では、Backstage ビューで使用できます。[ファイル] タブをクリックして、[仕分けルールと通知の管理] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×