数式を変更する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query でのすべてのクエリ変換は、数式によって実行されます。クエリ エディター ビルダーを使用している場合は、数式が数式バーに追加されます。ビルダーに関連付けられていない数式の追加や、既存の数式の変更を行うことができます。

必要な作業

数式バーの表示と非表示を切り替える

クエリに数式を追加する

数式を編集する

数式のダイアログ ボックスを使用して数式を編集する

数式バーで数式を編集する

数式バーの表示と非表示を切り替える

  1. [クエリ エディター] リボンで、[ビュー]、[表示]、[数式バー] の順に選択します。

クエリ エディターで数式バーを表示する

クエリに数式を追加する

Power Query の数式に関する情報は、「Power Query の式について」トピックを参照してください。数式を作成すると、Power Query によって数式の構文が検証されます。この検証動作は、[高度なクエリの編集] ダイアログで、指定した数式を検証する方法と一貫性があります。

注: クエリで中間のステップを挿入または削除すると、クエリを破損させる可能性があります。 新しいステップを挿入しようとすると、Power Query では、"ステップの挿入" 警告が表示されます。

クエリに数式を追加するには

  1. クエリ ステップ ウィンドウで、新しいステップ (数式) より優先したいステップを選びます。

  2. 数式バーの左にある [fx] アイコンをクリックします。 新しい数式が = <nameOfTheStepToReference> の形式で作成されます。 たとえば、= Production.WorkOrder のようになります。

  3. = Class.Function(ReferenceStep[,otherparameters]) の形式で新しい数式を入力します。
    たとえば、[性別] 列を含むテーブルがあり、性別によって “女性” または “男性” の値を含む列を追加したい場合を考えてみます。 数式は = Table.AddColumn(<ReferencedStep>, "Prefix", each if [性別] = "F" then "女性" else "男性") となります。

数式の例

ページの先頭へ

数式を編集する

数式を編集するには、数式のダイアログ ボックスの使用と、数式バーの使用という 2 つの方法があります。

数式のダイアログ ボックスを使用して数式を編集する

  1. クエリ ステップ ウィンドウで、編集するステップを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューから [設定の編集] を選びます。

  3. ダイアログ ボックスで数式を編集します。

数式バーで数式を編集する

  1. クエリ ステップ ウィンドウで、編集するステップを選びます。

  2. 数式バーでパラメーター値を見つけて任意の値に変更します。

  3. [更新] をクリックします。

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×