数式を含むセル範囲の選択

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

チェック、更新、またはブック内の数式を監査するときに簡単に、数式を含む 1 つまたは複数のセルを選択してジャンプ] ダイアログ ボックスを使用したり、複数の結果を返す配列数式のセルだけを選択できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

非配列数式を含むセルの範囲を選択します。

複数の結果を算出する配列数式が含まれているセルの範囲を選択します。

非配列数式を含むセルの範囲を選択します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 特定のセル範囲を確認するには、セルの範囲を選択します。

    • ワークシート全体を確認するには、作業中のワークシート上のすべてのセルを選択する任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [編集] の [検索と選択] の横にある矢印をクリックし、[条件を選択してジャンプ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

    [選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [数式] をクリックします。

  4. オンまたは 1 つ以上のかをチェックする数式の種類がに基づいて、数式の結果を示す次のチェック ボックスをオフにします。

    • 数値     数値を指定します。

    • テキスト    テキスト値。

    • 論理値    TRUE または FALSE の値。

    • エラー    #DIV/0 を含む、エラー値!、#n/a、#NAME?、#null!!、#num!!、#ref!!、および #value! です。

1 つまたは複数の選択したセルに、手順 4 で選択した数式の結果に基づく数式が含まれている場合は、それらのセルが強調表示されている、それ以外の場合Microsoft Office Excel 2007メッセージを表示するセルが見つかりませんでした。

ページの先頭へ

複数の結果を算出する配列数式が含まれているセルの範囲を選択します。

  1. 複数の結果を返す配列数式を含むセルをクリックします。

    複数の結果を計算する関数の詳細については、作成または削除する数式傾向を示す、および指数を参照してください。

  2. [ホーム] タブの [編集] の [検索と選択] の横にある矢印をクリックし、[条件を選択してジャンプ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

    [選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [アクティブ セルの配列] をクリックします。

セルに、手順 1 で選択したセルの配列数式が含まれている場合は、それらのセルが強調表示されている、それ以外の場合Office Excel 2007メッセージを表示するセルが見つかりませんでした。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×