数式を入力、挿入、または変更する

数式を入力、挿入、または変更する

このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

すべてのバージョンの Word Office 2007 に書き込み数式を編集するための組み込みのサポートが含まれているを生成します。Microsoft Office Word 2007 より前のバージョンでは、Microsoft Equation 3.0 アドインまたは Office 2016 または Office 2013 では、アドインを Microsoft 数式エディター 3.0 はサポートされていない数式の種類を使用します。

注:  [数式] コマンドを互換モードで使用することはできません。互換モードをオフにするには、文書を現在の Microsoft Office Word ファイル形式に変換します。

Microsoft Office Word 2007 より前のバージョンの Word で入力された数式を現在のバージョンの Microsoft Word を使って編集する場合は、数式の入力に使用されたアドイン (Math Type など) を使う必要があります。

Word には、文書にドロップできる数式が用意されており、書式設定を行う必要はありません。組み込みの数式がニーズに合わない場合は、それらの数式を変更するか、ユーザー独自の高度な数式を一から作成することができます。

Word 2016 のインクから数式の機能を使用して、スタイラス、指、またはマウスで数式を記述したり、Word で数式をテキストに変換したりすることもできます。

  1. [挿入]、[数式] の順にクリックし、ギャラリーから目的の数式を選びます。

    数式を挿入する

  2. 一から作成する場合は、Alt キーを押しながら = キーを押すか、ギャラリーの下部にある [新しい数式の挿入] を選びます。

    数式ギャラリーで [新しい数式の挿入] オプションが強調表示されています

  3. 新しい数式に数式やプレース ホルダーを挿入した後、[数式ツール デザイン] タブは、数式のカスタマイズおよび追加用の多くの記号とオプションとともに開きます。タブを再表示するときはいつでも、この数式を選択します。

    [数式ツール] のリボンが表示されています

    注: また、この数式を選択し、数式の隣の矢印を選択して新しい数式として保存したり、インラインから中央に移動したりすることもできます。

ページの先頭へ

  1. [描画]、[インクを数式に変換] の順にクリックし、ギャラリーの下部にある [インク数式] をクリックします。

  2. スタイラスまたは自分の指を使用して、数式を手書きします。タッチ デバイスを使用していない場合、マウスを使用して数式を記述します。数式の一部を選択して編集したり、プレビュー ボックスを使用して Word が正しく手書きを解釈していることを確認したりすることができます。

    Word の [インクで数式を挿入] ウィンドウ

  3. 満足した場合、[挿入] をクリックして、インク数式をドキュメント内の数式に変換します。

  4. 組み込み数式を使用して、数式を挿入すると、[数式ツール デザイン] タブは、数式のカスタマイズおよび追加用の多くの記号とオプションとともに開きます。タブを再表示するときはいつでも、この数式を選択します。

数式オートコレクトのコードを使ってほとんどの数式をすばやく入力することもできます。

ページの先頭へ

数式を入力する場合、Unicode 文字コードと数式オートコレクト エントリを使って、テキストを記号に置き換えることができます。詳細については、「記号や特殊文字を挿入する」を参照してください。

数式を入力すると、その数式は自動的に 2 次元形式に変換されます。

  1. [挿入] タブの [記号と特殊文字] グループで、[数式] の下にある矢印をクリックし、[新しい数式の挿入] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. 数式を入力します。

ページの先頭へ

  • [挿入] タブの [記号と特殊文字] で、[数式] の横の矢印をクリックし、挿入する数式をクリックします。

    Word のリボンの画像

ページの先頭へ

  1. 追加する数式を選択します。

  2. [数式ツール] の [デザイン] タブの [ツール] で [数式] をクリックし、[選択範囲を数式ギャラリーに保存] をクリックします。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、数式の名前を入力します。

  4. [ギャラリー] ボックスの一覧の [数式] をクリックします。

  5. 使用するオプションを選択します。

ページの先頭へ

  1. [挿入] タブの [記号と特殊文字] グループで、[数式] の下にある矢印をクリックし、[新しい数式の挿入] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. [数式ツール] の [デザイン] タブの [構造] で、分数、べき乗根など構造の種類をクリックし、挿入する構造をクリックします。

  3. 構造にプレースホルダーが含まれている場合は、プレースホルダーをクリックし、数値または記号を入力します。数式プレースホルダーは、数式内の小さな、点線のボックスです ( 数式プレースホルダー )。

    ページの先頭へ

Word 2013 で入力された数式を編集するには、数式をクリックして変更を行うだけで済みます。この操作を行うときは、リボンに [数式ツール] が表示されます。

注: 数式ツール] が表示されない場合、数式が以前のバージョンの Word で作成されたがある可能性がします。必要な場合は、数式を変更する前のバージョンの Word で作成されたを参照してください。

数式ツール

さまざまな要素を数式に追加するツールを表示するには、[デザイン] をクリックします。

[記号と特殊文字] グループに表示される数学記号と特殊文字に関連します。すべての記号を表示するには、[その他] をクリックします。 ボタン イメージ 記号と特殊文字の他のセットを表示するには、ギャラリーの右上隅の矢印をクリックします。

基本的な数学記号

[構造] には、挿入できる構造が表示されます。挿入する構造を選択し、プレースホルダー (小さい点線のボックス) を値で置き換えます。

べき乗根構造

ページで数式を表示する場所と方法を制御するには、数式を格納しているコンテナーであるコンテンツ コントロールの右側にある矢印をクリックします。

数式コンテンツ コントロール

[2 次元形式] オプションでは、2 次元形式の値で数式が表示されます。[行形式] オプションでは、数式が 1 行に収まるように表示されます。

数式

ページの先頭へ

Microsoft Office Word 2007 より前のバージョンの Microsoft Office Word で作成された文書を変換し、現在の Microsoft Office Word ファイルとして保存する場合、Microsoft Office 2007 より前のバージョンの Word を使って、文書の数式を変更することはできません。

  • Microsoft Office Word 2007 より前のバージョンの Microsoft Office Word で作成された文書を変換するために Microsoft Office Word 2007 を使う場合は、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックしてから [名前を付けて保存] をクリックします。新しいファイル形式として Word 文書を選び、[保存] をクリックします。

  • Microsoft Office Word 2007 より前のバージョンの Microsoft Office Word で作成された文書を変換するために Microsoft Office Word 2010、2013 および 2016 を使う場合は、[ファイル] をクリックしてから [名前を付けて保存] をクリックします。新しいファイル形式として Word 文書を選び、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×