数式に関するヒントとテクニック

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel Online で数式を入力する場合、次のヒントとテクニックが役に立つことがあります。

目的 :

ベスト プラクティス :

数式をすばやくコピーする   

セルの範囲に同じ数式をすばやく入力するには、計算する範囲を選んで、数式を入力し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

たとえば、選択した範囲 C1:C5 の最初のセルに =SUM(A1:B1) を入力して Ctrl キーを押しながら Enter キーを押すと、A1 を相対参照として、その範囲の各セルに数式がコピーされます。

数式オートコンプリートを使用する   

数式を手動で入力する際の入力ミスをなくすには、最初に = (等号) を入力してから、使用する関数の最初の文字を入力します。 表示された一覧から目的の関数をダブルクリックし、表示された数式構文に従って、適切な引数を入力します。

関数画面のヒントを使用する   

関数の引数に慣れていない場合は、最初に関数名と左かっこを入力します。表示された関数画面のヒントで関数名をクリックすると、ヘルプが表示され、関数構文とその引数について、詳しく知ることができます。

壊れた数式のエラーを防ぐために何ができるの注意点をお勧めします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×