数式に関するヒントとテクニック

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数式を作成する際には、次に示すベスト プラクティスを念頭に置いてください。また、数式作成時のよくある間違いを認識しておくことも重要です。

この記事の内容

数式の作成に関するベスト プラクティス

数式作成時のよくある間違いを防ぐためのルール

数式の作成に関するベスト プラクティス

数式の入力に関するベスト プラクティスを次の表に示します。

ベスト プラクティス

実行する操作

参照の種類を簡単に変更する      

相対参照、絶対参照、複合参照を切り替えるには、次の操作を行います。

  1. 数式が入力されているセルを選択します。

  2. 数式バー ボタンの画像 で、変更する参照を選びます。

  3. F4 キーを押して、参照の種類を切り替えます。

数式をすばやくコピーする   

セルの範囲に同次数式をすばやく入力するには、計算および、数式を入力し、ctrl キーを押しながら Enter キーを押す範囲を選択します。たとえば、範囲 c1: c5 に=SUM(A1:B1)を入力して、ctrl キーを押しながら Enter キーを押しますが入力されます数式、セル範囲の各セルの相対参照として A1 を使用します。

数式オートコンプリートを使用する   

式の作成および編集をより簡単に行い、入力ミスや構文エラーを最小限に抑えるには、数式オートコンプリートを使用します。= (等号) と最初の文字 (最初の文字は 表示トリガー として機能します) を入力すると、有効な関数と名前の動的な一覧がセルの下に表示されます。挿入トリガー (Tab キーを押すか、一覧のアイテムをダブルクリックします) を使用して数式に関数または名前を挿入すると、適切な引数がすべて表示されます。数式の入力時は、カンマの入力も表示トリガーとして機能し 、追加の引数が表示されます。追加の関数または名前を数式に挿入する際に最初の文字を入力すると、選択可能な内容を含む動的な一覧が再び表示されます。

関数画面のヒントを使用する   

関数の引数の場合は、関数名とかっこを入力した後に表示されるポップ ヒントは、関数を使用することができます。関数のヘルプ トピックを表示する関数名をクリックするか、数式で対応する引数を選ぶ引数名をクリックします。

ページの先頭へ

数式作成時のよくある間違いを防ぐためのルール

数式作成時のよくある間違いを防ぐためのいくつかのルールを、次の表に示します。

ルール

実行する操作

開くかっこと閉じるかっこをすべて一致させる   

数式で使用したすべてのかっこに、対応するかっこが存在することを確認します。数式を作成するとき、入力したかっこが色付きで表示されます。

セル範囲の指定にコロンを使用する   

セル範囲を参照するときは、範囲内の先頭のセルへの参照と範囲内の末尾のセルへの参照との間を、ダッシュ (-) などの記号ではなく、コロン (:) で区切ります。たとえば、「A1-A5」ではなく、「A1:A5」のようにします。数式では、コロンは算術演算子として使用されませんが、ダッシュ (またはマイナス記号) は算術演算子として使用されます。

必要な引数をすべて入力する   

数式が正常に実行されるように、必要な数の引数を正しく入力していることを確認します。数式構文の角かっこが付いた引数は省略可能であるため、必要に応じて入力することができます。

64 レベルを超える関数をネストしない   

関数を使用する数式の引数で他の関数をネストする場合は、その数式で 64 レベルを超える関数をネストしないようにしてください。

他のシートの名前を単一引用符で囲む   

数式内で、別のワークシートやブックの値またはセルが参照されている場合、およびそのワークシートやブックの名前に英数字以外の文字が含まれている場合は、名前を単一引用符 (') で囲みます。

外部参照先のブックへのパスを含める   

数式に入力したそれぞれの外部参照に、ブック名とそのブックへのパスが含まれていることを確認します。

数値を書式なしで入力する   

数式に数値を入力する際に、数値の書式が含まれていないことを確認します。数式の引数では、ドル記号 ($) は絶対参照を示すために使用され、カンマ (,) は引数の区切り記号として使用されます。そのため、数式に $1,000 という数値を指定する場合は、単に 1000 と入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×