数式に文字列を含める

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データを見やすくするため、数式でテキストを理解する場合は、よく耳にします。たとえば、他のユーザーが販売数の数をテキストを追加することがあります。二重引用符で囲まれた数式でテキストを行うことができます (")。二重引用符の間ですべての文字 (数字、空白、句読点など) は、数式の結果内のテキストとして表示されます。

テキストを含んだ簡単な数式の例を示します。

= A2 &"さ"& B2 &"単位"。

列 A のセルが名前、列 B のセルが販売個数の場合、結果は次のようになります。吉田さんの販売個数は 234 個

列 A および列 B の値を文字列とともに連結するには、数式にアンパサンド (&) を使用します。 二重引用符は、A2B2 のようなセル参照は囲みません。 二重引用符は、数式内のセル参照の前後に来るテキストを囲む目的でのみ使用します。

関数を使う数式でテキストを使用する

この例では、TEXT および TODAY 関数を使用して、今日は 1 月 20 日 (金曜日) のような語句を作成します。

=「今日は」& TEXT (today()"dddd、mmmm dd.")

TODAY 関数は現在の日付を計算し、TEXT 関数はmm 月 dd 日 (aaaa) という日付の形式を適用して、1 月 20 日 (金曜日) というテキスト文字列を結果として表示します。

日付形式の mm 月 dd 日 (aaaa) を必ず二重引用符で囲み、書式設定でカンマとスペースがどのように使用されているかを確認します。通常、数式では、実行に必要な引数 (データ) を区切るためにカンマを使います。ただし、カンマを文字列として処理する場合は、必要に応じて使用できます。

最後に、数式を使用して、書式設定された日付の前後に空白が続く今日で、単語を結合します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×