数式に名前を使用する

セル、セル範囲、数式、または定数 値の意味を示す名前 を使用することによって、わかりやすい数式を作成できます。

ここでは、用意されているサンプル データと次の手順を使用して、セル範囲に名前を割り当てる方法と、その名前を使用して数式を作成する方法について説明します。

サンプル データをコピーする

手順をより詳しく理解するには、次のサンプル データを空白シートのセル A1 にコピーします。

  1. 空白ブックまたは空白シートを作成します。

  2. 次のサンプル データを選択します。

    注: サンプル データを空白シートにコピーする場合は、行見出し (1、2、3...) も列見出し (A、B、C...) も選択しないでください。

    ヘルプのサンプル データを選択する

    サンプル データを選ぶ

地域

予想

実績

東部

¥500,000

¥532,500

西部

¥150,000

¥147,700

南部

¥250,000

¥263,300

北部

¥50,000

¥121,100

中西部

¥350,000

¥332,200

中部

¥200,000

¥212,000

  1. コマンド + C キーを押します。

  2. シートで、セル A1 を選択してから、 コマンド + V キーを押します。

セルに名前を指定して数式を作成する

  1. 東部、西部、南部、および北部の販売実績を示すセル C2 ~ C5 を選択します。

  2. 数式バー の名前ボックス に、「担当地域」と入力し、RETURN キーを押します。

    セル C2 ~ C5 に "担当地域" という名前が指定されます。

  3. セル C9 を選択し、「担当地域の平均実績」と入力します。

  4. セル C10 を選択し、「=AVERAGE(担当地域)」と入力して、RETURN キーを押します。

    結果は 266150 になります。

  5. 266150 が含まれるセルを選択します。

  6. ホーム タブのの 数値 で、通貨  [通貨] ボタン をクリックします。

    結果は ¥266,150 となり、東部、西部、南部、および北部の平均販売実績を示します。

    ヒント: 

    • 指定した名前を確認して管理するには、挿入 メニューの 名前 をポイントし、定義 をクリックします。

    • ブックのセルに指定したすべての名前のリストを作成できます。シートで、何も入力されていない 2 列分の領域を見つけます。この領域に作成されるリストでは、一方の列に名前が、もう一方の列に名前に対応するセル参照が含まれることになります。この領域でリストの左上端となるセルを選択します。挿入 メニューの 名前 をポイントし、ペースト をクリックします。名前のペースト ダイアログ ボックスの 一覧のペースト をクリックします。

名前を作成する際のガイドライン

ガイドライン

説明

使用できる文字

名前は、文字またはアンダースコア (_) で始まり、文字、数字、ピリオド (.)、アンダースコア (_) で構成されている必要があります。言語によっては、一部の文字がアンダースコア (_) に置き換えられます。

書式

スペースは使用できません。単語を区切るには、"消費_税" や "第1.四半期" などのように、アンダースコア (_) やピリオド (.) を使用します。

セル範囲との重複

Z$100 や BIN9、R1C1 など、セル範囲と同じ名前を使用することはできません。

最大文字数

名前は 255 文字までです。セル範囲に 253 文字を超える名前を付けると、名前ボックス でそのセル範囲を選択できなくなります。ただし、数式ではその名前を使用できます。

大文字と小文字の区別

名前には大文字と小文字を使用できますが、Excel では大文字と小文字が区別されません。たとえば、1 つのブックのあるセルに "Sales" という名前を付け、別のセルに "SALES" という名前を付けると、最初に付けた名前は 2 番目に付けた名前に置き換えられます。

関連項目

演算子と演算の順序

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×