数式でネストした関数を使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

関数を使用して、関数を使用する数式の引数のいずれかの入れ子と呼びます、ネストした関数として機能するを参照します。たとえばでは、IF 関数の引数では、関数と SUM 関数をネストするには、次の数式の合計を計算 (集合 g2: g5) の数値の (f2: f5) の数値の平均値が 50 より大きい場合にのみです。それ以外の場合、0 が返されます。

入れ子になった関数

関数と SUM 関数は、IF 関数内にネストします。

数式では 64 レベルまで関数をネストできます。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 数式の先頭に関数を挿入するには、 ボタン イメージ (数式バー) の ボタン イメージ (関数の挿入) をクリックします。

    等号 (=) が自動的に挿入されます。

  3. [関数の分類] ボックスの一覧の [すべて表示] をクリックします。

    関数のカテゴリに精通している場合は、カテゴリを選ぶこともできます。

    どの関数を使ったらよいかわからない場合、[関数の検索] ボックスに、計算内容を説明する質問を入力できます。たとえば、「合計 数値」と入力すると、SUM 関数が返されます。

  4. 別の関数を引数として入力するには、適切な引数ボックスに目的の関数を入力します。

    [関数の引数] ダイアログ ボックスに表示される数式の各部分は、前の手順で選んだ関数を反映したものになります。

    [IF] をクリックした場合は、[関数の引数] ダイアログ ボックスに IF 関数の引数が表示されます。別の関数をネストするには、引数ボックスに関数を入力します。たとえば、IF 関数の [真の場合] ボックスに「SUM(G2:G5)」と入力できます。

  5. 数式を完了するために必要な引数があれば、それを入力します。

    セル参照を入力する代わりに、参照するセルを選ぶこともできます。 ボタンの画像 をクリックしてダイアログ ボックスを最小化し、参照するセルを選んでから、 ボタンの画像 をクリックし、もう一度ダイアログ ボックスを展開します。

    ヒント: 関数と引数についての詳細は、[この関数のヘルプ] をクリックします。

  6. 数式の引数を入力したら、[OK] をクリックします。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 数式の先頭に関数を挿入するには、 ボタン イメージ (数式バー) の ボタン イメージ (関数の挿入) をクリックします。

  3. [関数の挿入] ダイアログ ボックスで、カテゴリを選択する] ボックスに、すべてを選択します。

    関数のカテゴリに精通している場合は、カテゴリを選ぶこともできます。

  4. 引数として使用するには、別の関数を入力するには、式ビルダーで、またはセルに直接引数ボックスに、関数を入力します。

  5. 数式を完了するために必要な引数があれば、それを入力します。

  6. 数式の引数が完了したら、ENTER キーを押します。

ネストされた IF 関数をアルファベットによる評価ランクを数値に割り当てるテスト スコアの使用例を次に示します。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

得点

45

90

78

数式

説明

結果

'=IF(A2>89,"A",IF(A2>79,"B", IF(A2>69,"C",IF(A2>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A2 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A2>89,"A",IF(A2>79,"B",IF(A2>69,"C",IF(A2>59,"D","F"))))

'=IF(A3>89,"A",IF(A3>79,"B", IF(A3>69,"C",IF(A3>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A3 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A3>89,"A",IF(A3>79,"B",IF(A3>69,"C",IF(A3>59,"D","F"))))

'=IF(A4>89,"A",IF(A4>79,"B", IF(A4>69,"C",IF(A4>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A4 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A4>89,"A",IF(A4>79,"B",IF(A4>69,"C",IF(A4>59,"D","F"))))

ヒント: 

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

ビデオ: 入れ子になった IF 関数

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×