数式でセル参照を使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

簡単な数式を作成するとき、数式に関数を使用して、数式の引数にセル参照を含めてワークシートのセルにデータを参照できます。たとえばと入力するか、セルA2を選択すると、、数式は、結果を計算するのにセルの値を使用します。セルの範囲を参照することもできます。

セル参照の詳細については、セルの参照を作成または変更を参照してください。詳細については、数式を参照してください一般に、数式の概要

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. ボタンの画像 (数式バー) に「=」(等号) を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行い、必要な値を含むセルを選択するか、そのセル参照を入力します。

    単一のセル、セル範囲、別のワークシート内の場所、または別のブック内の場所を参照できます。

    セル範囲を選択する場合は、選択したセルの枠線をドラッグしてセルを移動したり、境界線の隅をドラッグしてセルを拡張したりできます。

    参照元のセル範囲を示すカラー コード

    1. 最初のセル参照は B3 で、色は青色です。セル範囲の枠線は青色で、隅に四角形が表示されます。

    2. 2 番目のセル参照は C3 で、色は緑色です。セル範囲の枠線は緑色で、隅に四角形が表示されます。

    注: 色分けされた枠線の隅に四角形が表示されていない場合、参照先は名前付き範囲です。

  4. Enter キーを押します。

    ヒント:  名前付きセルまたは範囲への参照を入力することもできます。詳細については、「数式で名前を定義し使用する」をご覧ください。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。"資産" (B2:B4) と "負債" (C2:C4) を定義するには、[名前の定義] ([数式] タブの [定義された名前]) を使います。

部署

資産

負債

IT

274000

71000

管理

67000

18000

人事

44000

3000

数式

説明

結果

'=SUM(資産)

定義された名前 "資産" (セル範囲 B2:B4 として定義されている) に示された 3 つの部署の資産の合計を返します (385000)。

=SUM(資産)

'=SUM(資産)-SUM(負債)

定義された名前 "資産" の合計から定義された名前 "負債" の合計を減算します (293000)。

=SUM(資産)-SUM(負債)

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×