スキップしてメイン コンテンツへ
数値グループの平均を計算する

数値グループの平均を計算する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

たとえば、従業員ごとにタスクを完了するまでの平均日数を求めるとします。 または、10年の期間の特定の日の平均温度を計算する必要があります。 数値グループの平均値を計算するには、いくつかの方法があります。

AVERAGE 関数では、データの中心傾向 (統計的分布における数値グループの中心位置) が評価されます。 中心傾向を表す最も一般的な指標として、次の 3 つが挙げられます。

  • 平均    これは算術平均であり、数値のグループを加算し、それらの数値の個数で除算することによって計算されます。 たとえば、2、3、3、5、7、10 の平均は、30 を 6 で割った数、つまり 5 です。

  • メジアン     数値グループの中央の数値。 2数値の値が中央値よりも大きく、半分より小さい場合は、中央値より小さい値が設定されます。 たとえば、2、3、3、5、7、10 のメジアンは 4 です。

  • モード    数値グループで最も頻繁に出現する番号。 たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のモードは 3 です。

数値のグループが対称分布の場合には、これら 3 つの中心傾向の測度の値は同じになります。 数値グループの非対称分布では、異なる値にすることができます。

次の手順を実行します:

  1. 平均値を求める数値の下または右のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [編集] グループで、[ () ] の横にある矢印をクリックし、[平均] をクリックして、enter キーを押します。

この処理を実行するには、 AVERAGE関数を使用します。 次の表を空のワークシートにコピーします。

数式

説明 (計算結果)

= AVERAGE (A2: A7)

上のリストのすべての数値の平均値を計算します (9.5)

= AVERAGE (A2: A4, A7)

リストの上位の3と最後の数値の平均を表示します (7.5)

= AVERAGEIF (A2: A7, "<>0")

セル A6 などのゼロが含まれているものを除き、リスト内の数値の平均値を計算します (11.4)

この処理を実行するには、 SUMPRODUCT関数とSUM関数を使用します。 vThis 例では、3つの購入分のユニットに対して支払われる平均価格を計算します。この例では、各購入の単価が、単位ごとに異なる単価になっています。

次の表を空のワークシートにコピーします。

1

2

3

4

A

B

単位あたりの価格

単位数

20

500

50

750

35

200

数式

説明 (計算結果)

= SUMPRODUCT (A2: A4, B2: B4)/SUM (B2: B4)

注文の合計単位数に基づいて、3つの注文の合計コストを除算します (24.66)

この処理を実行するには、 AVERAGE関数とIF関数を使用します。 次の表をコピーして、空白のワークシートにコピーした場合は、この例を理解しやすいことを覚えておいてください。

数式

説明 (計算結果)

= AVERAGEIF (A2: A7, "<>0")

セル A6 などのゼロが含まれているものを除き、リスト内の数値の平均値を計算します (11.4)

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

AVERAGE

AVERAGEIF

SUM

SUMPRODUCT

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×