数値グループの平均を計算する

数値グループの平均を計算する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

別の従業員のタスクを完了するまでの日数数の平均値を検索するとします。または、特定の日に 10 年間にわたり平均気温を計算します。数値グループの平均を計算するためにいくつかの方法があります。

平均関数メジャー中央傾向、統計的分布における数値グループの中心の場所であります。3 つの指標な傾向のとおりです。

  • 平均   これは、算術平均であり、数値のグループを追加して、これらの数値の数で割ってで計算されます。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 の平均値は割ることによって、5 を対象とします。

  • Median 関数    数値グループの中央の数値。半分の数値、中央値より大きい値があり、半分の数値中央値未満の値。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 の中央値には 4 です。

  • モード   数値グループの最も頻繁に出現する数です。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のモードには 3 です。

数値グループの左右対称の場合、これら 3 つの主要な傾向の値は、すべて同じです。さまざまな数値グループの分布ができます。

次の操作を行います。

  1. 下、または平均値を求める数値の右側で、セルをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [編集] グループで、 ボタン イメージ オート Sumの横にある矢印をクリックし、[平均] をクリックし、Enter キーを押します。

このタスクを実行するには、 AVERAGE関数を使用します。空白のワークシートには、次の表をコピーします。

説明 (結果)

=AVERAGE(A2:A7)

上記リストの数値全体の平均値を求めます (9.5)

=AVERAGE(A2:A4,A7)

上記リストの上から 3 番目までの数値と最後の数値との平均値を求めます (7.5)

=AVERAGEIF(A2:A7, "<>0")

上のリストのうち、セル A6 のように値が 0 のセルを除いた数値の平均値を求めます (11.4)

このタスクを実行するには、 sumproduct 関数SUM関数を使用します。vThis の例では、支払いはどこに買い物ごとに異なる単価の単位数が異なるため、3 つの購入にわたって単位の平均価格を計算します。

空白のワークシートには、次の表をコピーします。

1

2

3

4

A

B

単価

個数

[エンタープライズ フラグ 20

50000

2500

750

35

200

説明 (結果)

=SUMPRODUCT(A2:A4,B2:B4)/SUM(B2:B4)

3 つの商品の発注総額を発注総数で除算します (24.66)

このタスクを実行するには、[ AVERAGE関数とIF関数を使用します。下の表をコピーし、可能性のある次の例を容易に把握空白のワークシートにコピーする場合に留意してください。

説明 (結果)

=AVERAGEIF(A2:A7, "<>0")

上のリストのうち、セル A6 のように値が 0 のセルを除いた数値の平均値を求めます (11.4)

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

AVERAGE

AVERAGEIF

SUM

SUMPRODUCT

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×