数値を郵便番号として表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel には、郵便番号や電話番号用に "郵便番号" と "電話番号 (東京)" の 2 つの特別な表示形式が用意されています。用意されている以外の形式が必要な場合は、ユーザー定義の郵便番号表示形式を作成することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

定義済みの郵便番号表示形式を数値に適用する

ユーザー定義の郵便番号表示形式を作成する

郵便番号に先行文字を含める

定義済みの郵便番号表示形式を数値に適用する

  1. 書式設定するセルまたは範囲を選択します。

    セルまたはセル範囲を選択する方法

    選択対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    先頭のセルを選択してから、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことで、行または列内のセルを選択することもできます。

    行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブで、[数値] の横にあるダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

  3. [分類] ボックスの [その他] をクリックします。

  4. [種類] ボックスの一覧の、[郵便番号] をクリックします。

    これらの郵便番号は、[ロケール (国または地域)] が [日本語] に設定されている場合にのみ、[種類] ボックスの一覧で使用できます。他のロケールでは、[種類] ボックスの一覧に別の郵便番号が用意されているか、特に郵便番号がないことがあります。

ヒント: 外部ファイルから住所をインポートする場合、郵便番号の先頭の 0 が削除されることがあります。郵便番号列の値が数値として解釈されるとこのような結果になるので、郵便番号を文字列として保存および書式設定することが重要になります。この問題を解決するには、テキスト ファイル ウィザードの手順 3. で、郵便番号が含まれている列をクリックし、[列のデータ形式] の [文字列] をクリックします。[完了] をクリックして、データのインポートを実行します。

ページの先頭へ

ユーザー定義の郵便番号表示形式を作成する

定義済みの郵便番号表示形式では不十分な場合は、ユーザー定義の表示形式を作成できます。この作業を容易にするためには、定義済みの郵便番号表示形式の 1 つを出発点として使用して、独自の郵便番号表示形式を作成します。

  1. 書式設定するセルまたは範囲を選択します。

    セルまたはセル範囲を選択する方法

    選択対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    先頭のセルを選択してから、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことで、行または列内のセルを選択することもできます。

    行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブで、[数値] の横にあるダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

  3. [分類] ボックスの [ユーザー定義] をクリックします。

  4. [種類] ボックスの一覧の、カスタマイズする表示形式をクリックします。数値書式に使用されるコードが、[種類] ボックスの一覧の上の [種類] ボックスに表示されます。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [ユーザー定義] 分類

    たとえば、定義済みの [電話番号 (東京)] 形式をカスタマイズするには、[種類] ボックスの一覧の [00000-0000] を選択します。[種類] ボックスの一覧の組み込みの表示形式を選択すると、その表示形式のカスタマイズ可能なコピーが作成されます。[種類] ボックスの一覧の元の表示形式を変更または削除することはできないので、元の表示形式を上書きする心配はありません。

  5. [種類] ボックスで、選択した表示形式に対して必要な変更を加えます。たとえば、セル範囲に 5 桁と 9 桁の両方の郵便番号が含まれている場合、「[<=99999]00000;00000-0000」と入力することで、両方の種類の郵便番号がワークシートに正しく表示されます。

カスタム数値表示形式の作成は、初めての人にとっては難しい場合があります。カスタム数値表示形式を作成する方法の詳細については、「 ユーザー定義の表示形式を作成または削除する」を参照してください。

ページの先頭へ

郵便番号に先行文字を含める

セルまたはセル範囲を書式設定して先行文字を表示すると、郵便番号の前からセル幅の先頭まで文字を表示できます。たとえば、0 またはダッシュを使用して、郵便番号を "0000000 999" または "------- 999" のように表示できます。

  1. 書式設定するセルまたは範囲を選択します。

    セルまたはセル範囲を選択する方法

    選択対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    先頭のセルを選択してから、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことで、行または列内のセルを選択することもできます。

    行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブで、番号の横にあるダイアログ ボックス起動ツール ボタンの画像 ] をクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

  3. [分類] ボックスの [ユーザー定義] をクリックします。

  4. [種類] ボックスの一覧で、「*0」に続けて、使用する郵便番号表示形式を入力します。

    たとえば、3 桁の郵便番号の場合、「*0###」と入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×