スキップしてメイン コンテンツへ

数値を指数形式で表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

指数形式では、数値が指数表記で表示され、数値の一部が e +nに置き換えられます。この場合、e (指数) では、前の数値を10倍とn番目の数値に乗算します。 たとえば、2つの10進科学の書式では、12345678901を 1.23 E + 10 として表示します。この場合、1.23 は10の累乗になります。

数値に指数形式を適用するには、次の手順を実行します。

  1. 表示形式を変更するセルを選択します。 詳細については、「ワークシートのセル、セル範囲、行、または列を選択する」を参照してください。

    ヒント: セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブで、[数値] の横にある小さな [その他] ボタン(z0z_)をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [分類] ボックスの一覧の [指数] をクリックします。

  4. 小さい矢印を使用して、表示する小数点以下の桁数を指定します。
     

    ヒント: ワークシート上の選択範囲のアクティブセルの番号が [サンプル] ボックスに表示されるため、選択した数値の書式設定オプションをプレビューできます。

また、次の点にも注意してください。

  • 指数表記で数値の書式をすばやく設定するには、[表示形式] ボックス ([ホーム] タブの [数値]) で [指数] をクリックします。 指数表記の既定値は小数点以下2桁です。

  • 表示形式を設定しても、計算の実行時に使用される実際のセルの値には影響しません。 実際の値は、どのz0z_でも表示できます。

  • 数値の有効桁数の上限は15桁であるため、数式バーに表示される実際の値は、大きな数値 (15 桁を超える) で変更される可能性があります。

  • 数値の表示形式をリセットするには、[表示形式] ボックス ([ホーム] タブの [数値]) で [全般] をクリックします。 一般的な書式が設定されているセルでは、特定の表示形式は使用されません。 ただし、一般的な形式では大きな数値 (12 桁以上の数字) には指数表記が使用されます。 大きな数値から指数表記を削除するには、数値などの別の表示形式を適用することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×