数値を単語に変換する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel には、ワークシートに英語の単語として数値を表示する既定の関数はありませんが、次の SpellNumber 関数コードを VBA (Visual Basic for アプリケーション) モジュールに貼り付けることによって、この機能を追加することができます。この関数を使用すると、ドルとセントの量を数式で単語に変換できます。22.50 は、22ドルと50セントと読み上げられます。Excel をテンプレートとして使用して、小切手を印刷する場合は、これは非常に便利です。

数値を単語として表示せずにテキスト形式に変換したい場合は、代わりにtext 関数を使用します。

注: Microsoft では、明示的または黙示的な保証なしに、イラストのプログラミング例のみを提供しています。これには、特定の目的に対する商品性または適合性の黙示的な保証が含まれますが、これに限定されるものではありません。この記事では、VBA プログラミング言語について理解していることを前提としています。また、手順を作成してデバッグするためのツールを使用しています。Microsoft サポートエンジニアは、特定の手順の機能を説明するのに役立ちます。ただし、追加された機能を提供するためにこれらの例を変更したり、特定の要件を満たすための手順を構成したりすることはありません。

数値を単語に変換する SpellNumber 関数を作成する

  1. キーボードショートカット、 Alt + F11キーを使用して、Visual Basic Editor (VBE) を開きます。

    注: リボンの [開発] タブを表示することによって、Visual Basic エディターにアクセスすることもできます。

  2. [挿入] タブをクリックし、[モジュール] をクリックします。

    [挿入] メニューで [モジュール] をクリックします。
  3. 次の行のコード行をコピーします。

    注: ユーザー定義関数 (UDF)として知られているこのコードは、ワークシート全体で数値をテキストに変換するタスクを自動化します。

    Option Explicit
    
    'Main Function
    
    Function SpellNumber(ByVal MyNumber)
    
    Dim Dollars, Cents, Temp
    
    Dim DecimalPlace, Count
    
    ReDim Place(9) As String
    
    Place(2) = " Thousand "
    
    Place(3) = " Million "
    
    Place(4) = " Billion "
    
    Place(5) = " Trillion "
    
    ' String representation of amount.
    
    MyNumber = Trim(Str(MyNumber))
    
    ' Position of decimal place 0 if none.
    
    DecimalPlace = InStr(MyNumber, ".")
    
    ' Convert cents and set MyNumber to dollar amount.
    
    If DecimalPlace > 0 Then
    
    Cents = GetTens(Left(Mid(MyNumber, DecimalPlace + 1) & _ "00", 2))
    
    MyNumber = Trim(Left(MyNumber, DecimalPlace - 1))
    
    End If
    
    Count = 1
    
    Do While MyNumber <> ""
    
    Temp = GetHundreds(Right(MyNumber, 3))
    
    If Temp <> "" Then Dollars = Temp & Place(Count) & Dollars
    
    If Len(MyNumber) > 3 Then
    
    MyNumber = Left(MyNumber, Len(MyNumber) - 3)
    
    Else
    
    MyNumber = ""
    
    End If
    
    Count = Count + 1
    
    Loop
    
    Select Case Dollars
    
    Case ""
    
    Dollars = "No Dollars"
    
    Case "One"
    
    Dollars = "One Dollar"
    
    Case Else
    
    Dollars = Dollars & " Dollars"
    
    End Select
    
    Select Case Cents
    
    Case ""
    
    Cents = " and No Cents"
    
    Case "One"
    
    Cents = " and One Cent"
    
    Case Else
    
    Cents = " and " & Cents & " Cents"
    
    End Select
    
    SpellNumber = Dollars & Cents
    
    End Function
    
    
    ' Converts a number from 100-999 into text
    
    Function GetHundreds(ByVal MyNumber)
    
    Dim Result As String
    
    If Val(MyNumber) = 0 Then Exit Function
    
    MyNumber = Right("000" & MyNumber, 3)
    
    ' Convert the hundreds place.
    
    If Mid(MyNumber, 1, 1) <> "0" Then
    
    Result = GetDigit(Mid(MyNumber, 1, 1)) & " Hundred "
    
    End If
    
    ' Convert the tens and ones place.
    
    If Mid(MyNumber, 2, 1) <> "0" Then
    
    Result = Result & GetTens(Mid(MyNumber, 2))
    
    Else
    
    Result = Result & GetDigit(Mid(MyNumber, 3))
    
    End If
    
    GetHundreds = Result
    
    End Function
    
    
    ' Converts a number from 10 to 99 into text.
    
    
    Function GetTens(TensText)
    
    Dim Result As String
    
    Result = "" ' Null out the temporary function value.
    
    If Val(Left(TensText, 1)) = 1 Then ' If value between 10-19...
    
    Select Case Val(TensText)
    
    Case 10: Result = "Ten"
    
    Case 11: Result = "Eleven"
    
    Case 12: Result = "Twelve"
    
    Case 13: Result = "Thirteen"
    
    Case 14: Result = "Fourteen"
    
    Case 15: Result = "Fifteen"
    
    Case 16: Result = "Sixteen"
    
    Case 17: Result = "Seventeen"
    
    Case 18: Result = "Eighteen"
    
    Case 19: Result = "Nineteen"
    
    Case Else
    
    End Select
    
    Else ' If value between 20-99...
    
    Select Case Val(Left(TensText, 1))
    
    Case 2: Result = "Twenty "
    
    Case 3: Result = "Thirty "
    
    Case 4: Result = "Forty "
    
    Case 5: Result = "Fifty "
    
    Case 6: Result = "Sixty "
    
    Case 7: Result = "Seventy "
    
    Case 8: Result = "Eighty "
    
    Case 9: Result = "Ninety "
    
    Case Else
    
    End Select
    
    Result = Result & GetDigit _
    
    (Right(TensText, 1)) ' Retrieve ones place.
    
    End If
    
    GetTens = Result
    
    End Function
    
    
    ' Converts a number from 1 to 9 into text.
    
    Function GetDigit(Digit)
    
    Select Case Val(Digit)
    
    Case 1: GetDigit = "One"
    
    Case 2: GetDigit = "Two"
    
    Case 3: GetDigit = "Three"
    
    Case 4: GetDigit = "Four"
    
    Case 5: GetDigit = "Five"
    
    Case 6: GetDigit = "Six"
    
    Case 7: GetDigit = "Seven"
    
    Case 8: GetDigit = "Eight"
    
    Case 9: GetDigit = "Nine"
    
    Case Else: GetDigit = ""
    
    End Select
    
    End Function
  4. コピーしたコード行を、[Module1 (コード)] ボックスに貼り付けます。

    [Module1 (コード)] ボックスに貼り付けられたコード。
  5. Alt + Qキーを押して Excel に戻ります。これで、SpellNumber 関数を使用する準備が整いました。

    注: この関数は、現在のブックに対してのみ機能します。この関数を別のブックで使用するには、そのブック内のコードをコピーして貼り付ける手順を繰り返す必要があります。

ページの先頭へ

個別のセルで SpellNumber 関数を使用する

  1. セルに数式= SpellNumber(a1) を入力します。ここで、a1 は変換する数値を含むセルです。= SpellNumber (22.50) のような値を手動で入力することもできます。

  2. enterキーを押して数式を確定します。

ページの先頭へ

SpellNumber 関数のブックを保存する

Excel では、マクロを使用しないブックを標準のマクロなしのブック形式 (xlsx) で保存することはできません。[ファイル]、[保存] の順にクリックします。[ VB プロジェクト] ダイアログボックスが開きます。[いいえ] をクリックします。

VB プロジェクト ダイアログ ボックスで [いいえ] をクリックします。

ファイルをExcel マクロ有効ブック (xlsm)として保存して、ファイルを現在の形式に保つことができます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. [ファイルの種類] ドロップダウンメニューをクリックし、[ Excel マクロ有効ブック] を選択します。

  3. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

関連項目

TEXT 関数

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×