数値を加算および減算する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel では、計算するための簡単な数式を作成することで加算や減算を簡単に実行できます。 ただし、Excel のすべての数式は等号 (=) で始まることにご注意ください。数式は数式バーを使用して作成できます。

数式バーにいくつかのセルの値の合計が表示される

1 つのセル内で 2 つ以上の数値を加算する

  1. 空白のセルをクリックし、等号 (=) を入力して数式を開始します。

  2. 等号に続けて、複数の数値を加算記号 (+) で区切って入力します。

    たとえば、「50+10+5+3」と入力して、

  3. Return キーを押します。

    例の数値を使用した場合、結果は 68 です。

    注: 

    • 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選び、その後、[ホーム] タブで [標準] を選びます。

    • [ホーム] タブで [全般] を選ぶ

セル参照を使用して数値を加算する

セル参照は、列文字と行番号の組み合わせです (A1、F345 など)。 数式でセルの値ではなくセル参照を使用すると、数式を変更することなく値を変更できます。

  1. セル C1 に数値 (例: 5) を入力します。 次に、セル D1 に別の数値 (例: 3) を入力します。

  2. セル E1 に等号 (=) を入力し、数式を開始します。

  3. 等号に続けて「C1+D1」と入力します。

  4. Return キーを押します。

    セルに数式を入力すると [数式バー] にも表示される

    例の数値を使用した場合、結果は 8 です。

    注: 

    • C1 または D1 の値を変更して Return キーを押すと、数式を変更しなくても E1 の値が変わります。

    • 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選び、その後、[ホーム] タブで [標準] を選びます。

すばやく行または列を合計する

  1. 列または行にいくつかの数値を入力し、数値が入力されたセルの範囲を選びます。

  2. ステータス バーで、[合計] の横の値を確認します。 合計は 86 です。

    数値の列を選ぶとその合計がページの下部に表示される

セル内で 2 つ以上の数値を減算する

  1. 空白のセルをクリックし、等号 (=) を入力して数式を開始します。

  2. 等号に続けて、複数の数値を減算記号 (-) で区切って入力します。

    たとえば、「50-10-5-3」と入力して、

  3. Return キーを押します。

    例の数値を使用した場合、結果は 32 です。

セル参照を使用して数値を減算する

セル参照は、列文字と行番号の組み合わせです (A1、F345 など)。 数式でセルの値ではなくセル参照を使用すると、数式を変更することなく値を変更できます。

  1. セル C1 と D1 に数値を入力します。

    たとえば、「5」と「3」を入力します。

  2. セル E1 に等号 (=) を入力し、数式を開始します。

  3. 等号に続けて「C1-D1」と入力します。

    セルに数式を入力すると [数式バー] にも表示される

  4. Return キーを押します。

    例の数値を使用した場合、結果は 2 です。

    注: 

    • C1 または D1 の値を変更して Return キーを押すと、数式を変更しなくても E1 の値が変わります。

    • 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選び、その後、[ホーム] タブで [標準] を選びます。

1 つのセル内で 2 つ以上の数値を加算する

  1. 空白のセルをクリックし、等号 (=) を入力して数式を開始します。

  2. 等号に続けて、複数の数値を加算記号 (+) で区切って入力します。

    たとえば、「50+10+5+3」と入力して、

  3. Return キーを押します。

    例の数値を使用した場合、結果は 68 です。

    注: 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選択し、[ホーム] タブの [数値] で、ポップアップメニューの [全般] をクリックします。

セル参照を使用して数値を加算する

セル参照は、列文字と行番号の組み合わせです (A1、F345 など)。 数式でセルの値ではなくセル参照を使用すると、数式を変更することなく値を変更できます。

  1. セル C1 に数値 (例: 5) を入力します。 次に、セル D1 に別の数値 (例: 3) を入力します。

  2. セル E1 に等号 (=) を入力し、数式を開始します。

  3. 等号に続けて「C1+D1」と入力します。

  4. Return キーを押します。

    セル参照による加算

    例の数値を使用した場合、結果は 8 です。

    注: 

    • C1 または D1 の値を変更して Return キーを押すと、数式を変更しなくても E1 の値が変わります。

    • 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選択し、[ホーム] タブの [数値] で、ポップアップメニューの [全般] をクリックします。

すばやく行または列を合計する

  1. 列または行にいくつかの数値を入力し、数値が入力されたセルの範囲を選びます。

  2. ステータス バーで、 Sum =の横にある値を確認します。合計は86です。

    ステータス バーの合計結果

    ステータス バーが表示されていない場合、[表示] メニューの [ステータス バー] をクリックします。

セル内で 2 つ以上の数値を減算する

  1. 空白のセルをクリックし、等号 (=) を入力して数式を開始します。

  2. 等号に続けて、複数の数値を減算記号 (-) で区切って入力します。

    たとえば、「50-10-5-3」と入力して、

  3. Return キーを押します。

    例の数値を使用した場合、結果は 32 です。

セル参照を使用して数値を減算する

セル参照は、列文字と行番号の組み合わせです (A1、F345 など)。 数式でセルの値ではなくセル参照を使用すると、数式を変更することなく値を変更できます。

  1. セル C1 と D1 に数値を入力します。

    たとえば、「5」と「3」を入力します。

  2. セル E1 に等号 (=) を入力し、数式を開始します。

  3. 等号に続けて「C1-D1」と入力します。

    セル参照による減算

  4. RETURN キーを押します。

    この例の数値を使用した場合、結果は-2 になります。

    注: 

    • C1 または D1 の値を変更して Return キーを押すと、数式を変更しなくても E1 の値が変わります。

    • 予期した結果ではなく日付が表示された場合は、セルを選択し、[ホーム] タブの [数値] で、ポップアップメニューの [全般] をクリックします。

関連項目

演算子と演算の順序を計算する

日付を加算または減算する

時刻を減算する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×