スキップしてメイン コンテンツへ

数値を丸める

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

たとえば、小数値が重要ではない場合に、最も近い整数に数値を四捨五入したいとします。 または、近似値を簡略化するために 10 の倍数に数値を四捨五入したいとします。 数値を四捨五入するにはいくつかの方法があります。

数値を変えずに、表示される小数点の桁数を変更する

ワークシート上で変更する

  1. 表示形式を変更するセルを選択します。

  2. 小数点以下の桁数を増やすには、[ホーム] タブの [数値] で ボタンの画像 [小数点以下の表示桁数を増やす] をクリックします。桁数を減らすには、 ボタンの画像 [小数点以下の表示桁数を減らす] をクリックします。

組み込みの表示形式の桁数を変更する

  1. [ホーム] タブの [数値] で表示形式の一覧の横にある矢印をクリックし、[その他の表示形式] をクリックします。

    [ホーム] タブの [数字] グループの [数値の書式] リスト

  2. 数値のデータ型に応じて、[分類] ボックスの [通貨]、[会計]、[パーセンテージ]、または [指数] のいずれかをクリックします。

  3. [小数点以下の桁数] ボックスに、表示する小数点以下の桁数を入力します。

数値を切り上げる

ROUNDUP 関数を使用します。 最も近い偶数の値に切り上げる場合は EVEN 関数を使用し、最も近い奇数の値に切り上げる場合は ODD 関数を使用します。

数値を切り捨てる

ROUNDDOWN 関数を使用します。

最も近い整数に数値を四捨五入する

Round 関数を使用します。

近い分数に数値を丸める

Round 関数を使用します。

指定した有効桁数で数値を丸める

有効桁数とは、正確性が保証された数値の桁数です。

このセクションの例では、ROUND 関数、ROUNDUP 関数、および ROUNDDOWN 関数を使用します。 これらの例で、正、負、整数、および小数の値を丸める方法をひととおり扱いますが、紹介する例は考えられるシナリオのごく一部にすぎません。

次の一覧に、指定した有効桁数で数値を丸めるときに留意する必要のある一般的な規則をまとめます。 丸め用の各種関数を試し、独自の数値とパラメーターに置き換えて、目的の有効桁数の数値を得ることができます。

  • 負の数値を丸める場合、その数値はまず絶対値 (負の符号を取った値) に変換されます。 その後で値が丸められ、負の符号が再び付加されます。 これはロジックを無視した方法に思えるかもしれませんが、丸め処理はこのように行われています。 たとえば、ROUNDDOWN 関数を使用し、上位 2 桁を有効数字として -889 を丸めると、-880 になります。 この場合、最初に -889 が絶対値 889 に変換されます。 次に、上位 2 桁を残して 3 桁目が切り捨てられます (880)。 最後に、負の符号が再び付加され、-880 になります。

  • 正の数値に対して ROUNDDOWN 関数を使用した場合、数値は常に切り捨てられ、ROUNDUP 関数を使用した場合は常に切り上げられます。

  • ROUND関数は、分数を含む数値を次のように四捨五入します。小数部が0.5 以上の場合、数値は切り上げられます。 小数点以下の部分が0.5 より小さい場合、数値は切り捨てられます。

  • ROUND 関数を整数に使用した場合、小数値に適用される規則と同様の規則 (0.5 を 5 の倍数に置き換えて考えてください) に従って切り上げと切り捨てが行われます。

  • 一般的な規則として、小数部が含まれていない数値 (整数) を丸める場合は、丸める値の有効桁数から減算します。 たとえば、2345678を3桁まで切り捨てるには、 = ROUNDDOWN (2345678,-4)のように、 ROUNDDOWN関数をパラメーター-4 とともに使用します。 これにより、数値が234万に切り捨てられ、"234" の部分が有効桁数になります。

指定した倍数値に数値を丸める

指定した数値の倍数に丸めたい場合があります。 たとえば、会社が18項目の crates で製品を出荷したとします。 MROUND関数を使用して、204のアイテムを発送するために必要な crates の数を確認できます。 この場合、204を18で割った値は11.333 であるため、この答えは12になります。 12番目の箱には6つのアイテムのみが含まれています。

また、負の数値を負の倍数値に丸めたり、小数を含む数値を、小数を含む倍数値に丸めたりしなければならない場合もあります。 このような場合にも MROUND 関数を使用できます。

関連項目

ROUND

MROUND

ROUNDUP

ROUNDDOWN

EVEN

ODD

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×