数値を丸める

数値を丸めるには、小数点以下の表示桁数を変更するか、一連の関数 を使用して実際の数値を変更できます。

関数を使用して、最も近い偶数または奇数に数値を丸めることができます。さらに、最も近い分数、最も近い倍数、または最も近い有効桁数に数値を丸めることもできます。

重要: 関数を使用して数値を丸めると、単に数値の書式が変更されるのではなく、セルに入っている値そのものが変更されます。

必要に応じて、次の操作を行います。

数値を変えずに、表示される小数点の桁数を変更する

  1. 書式設定するセル範囲を選択します。

  2. ホーム タブの数値 で、小数点表示桁上げ  小数点以下の桁数を増やす または 小数点表示桁下げ 小数点以下の桁数を減らす をクリックします。

    Excel に格納されたセルの実際の値は変化しません。

数値を丸める

Excel には数値を丸めるためのさまざまな関数が用意されており、端数を切り上げる、端数を切り捨てる、数値を別の数値の倍数に丸める、などの目的に応じて使い分けることができます。

Excel で数式パレットを開き、数式名の最初の何文字かを検索ボックスに入力すると、多くの数式の中から目的の数式をすばやく見つけることができます。必要な数式名が表示されたらダブルクリックします。数式パレットの 数値 ボックスに、丸める数値を直接入力します。

  1. 空のセル内をクリックします。

  2. 数式 タブの関数 で、数式パレット をクリックします。

  3. 必要に応じて、次の操作を行ってください。

目的

数式パレットで検索してダブルクリックする数式

引数の操作

端数を切り上げる

ROUNDUP

端数を切り上げる数値を 数値 に入力します。桁数 に「0」と入力して、最も近い整数に数値を丸めます。

端数を切り捨てる

ROUNDDOWN

端数を切り捨てる数値を 数値 に入力します。桁数 に「0」と入力して、最も近い整数に数値を丸めます。

偶数に切り上げる

EVEN

切り上げる数値を 数値 に入力します。

奇数に切り上げる

ODD

切り上げる数値を 数値 に入力します。

最も近い別の数の倍数に数値を丸める

MROUND

倍数 の隣のボックスをクリックし、最も近いその数の倍数に丸める数値を入力します。

  1. RETURN キーを押します。

数値を有効桁数に丸める

有効数字への数値の丸めは、汎用的な丸め手法です。これにより、処理している複数の数値の精度を統一できます。

Excel の丸め関数を使用するときは、まず元の数値の桁数を数えます (たとえば、549282 は 6 桁)。丸め後の数値の有効桁数を 3 桁にする場合、丸め後の桁数から元の桁数を引きます。この結果を ROUND、ROUNDUP、および ROUNDDOWN の各関数でパラメーターとして使用します。

  1. 元の数値の桁数を数えます。

    たとえば、値 549282 は 6 桁です。

  2. 丸め後の数値の桁数を決めます。

    この例では、丸め後の数値の有効桁数を 3 にします。

  3. 丸め後の有効桁数から元の桁数を引いて、桁数パラメーターを求めます。

    この例では、有効桁数の 3 から元の桁数の 6 を引きます。桁数パラメーターの値は -3 になります。

  4. 数式 タブの関数 で、数式パレット をクリックします。

  5. これらのパラメーターを使用して関数を作成します。

セル A1 の値

目的

使用する値

549282

4 桁の有効数字に丸める

549300

関数に -4 を指定する

=ROUND(A1,-3)

549282

4 桁の有効数字に丸める (端数切り捨て)

549200

関数に -4 を指定する

=ROUNDDOWN(A1,-4)

549282

2 桁の有効数字に丸める (端数切り上げ)

550000

関数に -4 を指定する

=ROUNDUP(A1,-4)

-549282

4 桁の有効数字に丸める (端数切り上げ)

-549300

関数に -2 を指定する

=ROUNDUP(A1,-2)

-549282

4 桁の有効数字に丸める (端数切り捨て)

-549200

関数に -2 を指定する

=ROUNDDOWN(A1,-2)

注記: 

    • 負の数の端数を切り捨てると、実際には切り上げ操作を行うことになります。負の数を丸めるとき、まずその数値が絶対値 (負の符号を除いた値) に変換されます。続いて丸め操作が行われ、最後に負の符号が再適用されます。これは一見ロジックに反しているようですが、丸めはこのように機能します。たとえば、ROUNDDOWN 関数を使用して -889 を 2 桁の有効数字に丸めると、結果は -880 になります。まず、-889 が絶対値の 889 に変換されます。次に、その値が 2 桁の有効数字に丸められて結果は 880 になります。最後に、負の符号が再適用されて結果は -880 になります。

    • ROUND 関数では、分数を含む数値を次のように丸めます。分数部分が 0.5 以上の場合、数値は切り上げられます。分数部分が 0.5 未満の場合、数値は切り捨てられます。この関数では、同様のルールに従うことによって、つまり 0.5 の代わりに 5 の倍数を使用して整数を切り上げるか、または切り捨てます。

関連項目

数式を入力する

数値のべき乗を求める

パーセンテージを計算する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×