数値を丸める

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

簡単な方法として表示される数に丸められたは、小数点以下の桁数を変更するのにはします。四捨五入し、[ホーム] をクリックして目的の番号] を選び >小数点表示桁下げ ボタンの画像 します。

セルの値が丸められたように見えますが、実際の値は変わっていません。セルを参照するときは、完全な値が使用されます。

関数を使用して数値を丸める

セルの実際の値を丸める、丸めるROUNDUPROUNDDOWN、またはワークシートに次の例のように、 MROUND関数を使用することができます。

四捨五入する

[このシートでは、方法を使用した関数を四捨五入するを最も近い値が表示されます。

数値を丸めるときには、セルの形式によって結果の表示形式が影響を受ける場合があります。たとえば、2 番目の引数として小数点以下 4 桁を指定した場合でも、セルが小数点以下 2 桁を表示するように設定されている場合は、セルの表示形式が優先されます。

最も近い小数に丸める

[このシートでは、丸める関数を使用して、最も近い小数に丸める方法を示します。

数値を切り上げる

[このシートでは、 ROUNDUP 関数を使用する方法を示します。

数値を切り上げる、偶数/奇数関数を使用することもできます。、偶数番目と奇数の整数の最も近いします。これらの機能が制限されており、関数を使用してにことが常に切り上げのみの整数に注意してください。

数値を切り捨てる

[このシートでは、 ROUNDDOWN 関数を使用する方法を示します。

指定した有効桁数に数値を丸める

このシートでは、指定した有効桁数に数値を丸める方法を紹介しています。 有効桁数により数値の精度を指定できます。

次の一覧は、指定した有効桁数に数値を丸めるときに注意したい一般的な規則です。これらの丸め関数を試し、独自の数値とパラメーターに置き換えて、目的の有効桁数の数値が得られるようにしましょう。

  • 端数が 0.5 以上の場合、ROUND を使用すると数値は切り上げられます。 0.5 より小さい場合は、切り捨てられます。 整数の場合も、0.5 の代わりに 5 の倍数をあてる規則に従い、切り上げまたは切り捨てができます。

  • 一般に、整数を四捨五入する丸めたい有効桁数の長さを減算します。たとえば、2345678 3 桁に丸めるは、パラメーター-4 ROUNDDOWN を使用します。たとえば、 = ROUNDDOWN(2345678,-4)にすると、2340000 の有効桁数として「234」部分は、数値が切り上げられます。

  • 負の数値を丸めるには、その数に変換絶対値-負符号なしの値。小数点以下のことが完了したら、マイナス記号が再適用します。たとえば、 -880で 2 つの有効桁数結果に-889を ROUNDDOWN を使用したときに、 -889889に変換され、 880に切り捨てられます。マイナス記号は、[最終結果は-880再適用されます。

指定した倍数値に数値を丸める

この方法が必要になる場合があります。 たとえば、1 箱に 18 個の製品を詰めて出荷する場合に、204 個の製品に何箱必要か知りたいとします。 MROUND は、丸める数値を倍数で割り、これを切り上げます。 この例では、204 を 18 で割った値 11.333 を切り上げた結果の 12 が答えとなります。 12 番目の箱に入るのは 6 個のみです。

[このシートでは、指定した倍数に数値を丸めるMROUND 関数を使用する方法を示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×