数値を丸める

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数値を丸めて表示する簡単な方法として、小数点以下の桁数を変更するやり方があります。 丸めたい数を選択して、[ホーム]、[小数点以下の表示桁数を減らす ボタンの画像 ] の順にクリックします。

セルの値が丸められたように見えますが、実際の値は変わっていません。セルを参照するときは、完全な値が使用されます。

関数を使用して数値を丸める

セルの実際の値を丸めるには、次のサンプル シートにある ROUNDROUNDUPROUNDDOWN、または MROUND 関数を使用します。

四捨五入する

このシートでは、ROUND 関数を使用した四捨五入の方法を紹介しています。

数値を丸めるときには、セルの形式によって結果の表示形式が影響を受ける場合があります。たとえば、2 番目の引数として小数点以下 4 桁を指定した場合でも、セルが小数点以下 2 桁を表示するように設定されている場合は、セルの表示形式が優先されます。

最も近い小数に丸める

このシートでは、ROUND 関数を使用して最も近い小数に丸める方法を紹介しています。

数値を切り上げる

このシートでは、ROUNDUP 関数の使用方法を紹介しています。

数値を最も近い偶数の整数に切り上げるときは EVEN 関数を使用し、最も近い奇数の整数に切り上げるときは ODD 関数を使用します。 これらの関数の用途は限られており、常に整数に切り上げられるという点に注意が必要です。

数値を切り捨てる

このシートでは、ROUNDDOWN 関数の使用方法を紹介しています。

指定した有効桁数に数値を丸める

このシートでは、指定した有効桁数に数値を丸める方法を紹介しています。 有効桁数により数値の精度を指定できます。

次の一覧は、指定した有効桁数に数値を丸めるときに注意したい一般的な規則です。これらの丸め関数を試し、独自の数値とパラメーターに置き換えて、目的の有効桁数の数値が得られるようにしましょう。

  • 端数が 0.5 以上の場合、ROUND を使用すると数値は切り上げられます。 0.5 より小さい場合は、切り捨てられます。 整数の場合も、0.5 の代わりに 5 の倍数をあてる規則に従い、切り上げまたは切り捨てができます。

  • 一般的なルールとして、整数を四捨五入する場合、丸めたい有効桁数からの長さを減算します。たとえば、2345678 を有効桁数 3 に丸める場合、ROUNDDOWN 関数にパラメーター -4 を指定して = ROUNDDOWN(2345678,-4) のようにします。数値は、「234」の部分が有効桁数とされ、2340000 に切り捨てられます。

  • 負の数値を丸めるには、その数に変換絶対値-負符号なしの値。小数点以下のことが完了したら、マイナス記号が再適用します。たとえば、 -880で 2 つの有効桁数結果に-889を ROUNDDOWN を使用したときに、 -889889に変換され、 880に切り捨てられます。マイナス記号は、[最終結果は-880再適用されます。

指定した倍数値に数値を丸める

この方法が必要になる場合があります。 たとえば、1 箱に 18 個の製品を詰めて出荷する場合に、204 個の製品に何箱必要か知りたいとします。 MROUND は、丸める数値を倍数で割り、これを切り上げます。 この例では、204 を 18 で割った値 11.333 を切り上げた結果の 12 が答えとなります。 12 番目の箱に入るのは 6 個のみです。

[このシートでは、指定した倍数に数値を丸めるMROUND 関数を使用する方法を示します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×