数値や日付などの連続データを入力する

必要に応じて、次の操作を行います。

既存の列と同じ値を簡単にセルに入力する

  1. 入力値の最初の数文字を列に入力します。

    入力した文字がその列の既存の入力値と一致する場合、列で既に使用されている入力値の一覧がメニューとして表示されます。

  2. ↓ キーを押して一致する入力値を選択し、RETURN キーを押します。

    注記: 

    • 文字列または文字列と数値の組み合わせだけが、入力値の候補一覧に表示されます。数値、日付、または時刻だけの入力値は表示されません。

    • 同じ行に一致する入力値があっても、候補一覧には表示されません。

    • 他の入力値と同じ値が自動的に入力されないようにする場合は、このオプションをオフにします。 Excel メニューの 環境設定 をクリックします。数式とリストオートコンプリート ( Excel の [環境設定] の [オートコンプリート] ボタン ) をクリックしてから、オートコンプリートを使用する チェック ボックスをオフにします。

既存の列と同じ値を複数のセルに一度に入力する

  1. 隣接するセルに入力するデータが含まれているセルを選択します。

  2. フィル ハンドル ( フィル ハンドル ) をドラッグし、連続データを入力するセルを選択します。

    注: 隣接するセルに連続するセル範囲を選択する場合、フィル ハンドルを 1 つの列または 1 つの行にドラッグすることはできますが、複数の列および複数の行にドラッグすることはできません。

  3. オートフィル オプション スマート ボタン ( [オートフィル オプション] ボタン ) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

セルのすべての内容を書式も含めてコピーする

セルのコピー をクリックします。

セルの書式のみをコピーする

書式のみコピー (フィル) をクリックします。

セルの内容はコピーするが書式はコピーしない

書式なしコピー (フィル) をクリックします。

注記: 

  • 同一の情報を複数のセルに一度に入力するには、すべてのセルを選択し、必要な情報を入力して、CONTROL + RETURN キーを押します。この方法は、選択した任意のセルで行うことができます。

  • フィル ハンドルをドラッグしたときに オートフィル オプション スマート ボタン ( [オートフィル オプション] ボタン ) が表示されないようにする場合は、オフにできます。 Excel メニューの 環境設定 をクリックします。作成編集 ( [ユーザー設定の編集] ボタン ) をクリックしてから、[挿入オプション] スマート ボタンを表示する チェック ボックスをオフにします。

数値、または文字列と数値の組み合わせの連続データを簡単に入力する

Excel では、入力パターンに基づいて、数値、文字列と数値の組み合わせ、数式などの連続データを自動的に入力できます。たとえば、セルに「アイテム 1」と入力すると、その下または右側のセルに「アイテム 2」、「アイテム 3」、「アイテム 4」のように自動入力できます。

  1. 開始番号、または文字列と開始番号の組み合わせが含まれるセルを選択します。

  2. フィル ハンドル ( フィル ハンドル ) をドラッグし、連続データを入力するセルを選択します。

    注: 隣接するセルに連続するセル範囲を選択する場合、フィル ハンドルを 1 つの列または 1 つの行にドラッグすることはできますが、複数の列および複数の行にドラッグすることはできません。

  3. オートフィル オプション スマート ボタン ( [オートフィル オプション] ボタン ) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

セルのすべての内容を、数式および書式も含めてコピーする

セルのコピー をクリックします。

セルの書式のみをコピーする

書式のみコピー (フィル) をクリックします。

セルの内容を数式も含めてコピーするが、書式はコピーしない

書式なしコピー (フィル) をクリックします。

注: フィル ハンドルをドラッグする前に複数の開始セルを選択しておくと、入力パターンを変更することができます。たとえば、2、4、6、8... のパターンの連続データをセルに入力する場合、2 つの開始セルに「2」と「4」を入力してから、フィル ハンドルをドラッグします。

日付、時刻、曜日、月、年などの連続データを簡単に入力する

日付、時刻、曜日、月、年などの連続データを簡単にセルに入力することができます。たとえば、セルに「月曜日」と入力し、その下または右側のセルに「火曜日」、「水曜日」、「木曜日」と自動入力できます。

  1. 開始の日、時刻、曜日、月、年などが含まれるセルを選択します。

  2. フィル ハンドル ( フィル ハンドル ) をドラッグし、連続データを入力するセルを選択します。

    注: 隣接するセルに連続するセル範囲を選択する場合、フィル ハンドルを 1 つの列または 1 つの行にドラッグすることはできますが、複数の列および複数の行にドラッグすることはできません。

  3. オートフィル オプション スマート ボタン ( [オートフィル オプション] ボタン ) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

セルのすべての内容を、数式と書式も含めてコピーする (自動入力しない)

セルのコピー をクリックします。

最初のセルの開始情報に基づいてデータを入力する

連続データ をクリックします。

セルの書式のみをコピーする

書式のみコピー (フィル) をクリックします。

セルの内容を数式も含めてコピーするが、書式はコピーしない

書式なしコピー (フィル) をクリックします。

最初のセルの開始日に基づいて、以降の日付を入力する

連続データ (日単位) をクリックします。

最初のセルの開始曜日名に基づいて、以降の曜日を入力する (土、日は除く)

連続データ (週日単位) をクリックします。

最初のセルの開始月名に基づいて、その年の以降の月を入力する

連続データ (月単位) をクリックします。

最初のセルの開始日に基づいて、以降の日付を年単位で入力する

連続データ (年単位) をクリックします。

注: フィル ハンドルをドラッグする前に複数の開始セルを選択しておくと、入力パターンを変更することができます。たとえば、月曜日、水曜日、金曜日... のように 1 日おきの曜日をセルに入力する場合、2 つの開始セルに「月曜日」と「水曜日」を入力してから、フィル ハンドルをドラッグします。

関連項目

日付、時刻、通貨、小数、またはパーセンテージを表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×