数値の階乗または順列を計算する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

たとえば、音の異なる 6 つのベルがあるときに、それぞれのベルを 1 度ずつ順番に鳴らす方法が何とおりあるかを計算したい場合があります。それには、6 の階乗を計算します。一般に、階乗を使用すると、個別のアイテムをグループとして整列する方法 (順列ともいいます) をカウントできます。数値の階乗を計算するには、FACT 関数を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

A

データ

2.7

説明 (結果)

=FACT(A2)

6 の階乗、つまり、6、5、4、3、2、1 の積 (720) を求めます。

=FACT(3)

3 の階乗、つまり 3、2、1 の積 (6) を求めます。

=FACT(A2+4)

10 の階乗 (3,628,800) を求めます。

関数についての詳細情報

ファクト

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×