数値の表示形式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

日付、通貨、または小数などの数値の表示形式をワークシート内のセルに適用します。たとえば、四半期の予算に関するデータを作成している場合は、通貨の表示形式を使用して金額を表示できます。または、日付の列がある場合、2012/03/14、14-Mar-12、または 3/14 などのいずれの形式で日付を表示するかを設定できます。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. Ctrl キーを押しながら 1 を押します。

    Mac では、Control + 1 キー、または Command + 1 キーを押します。

  3. [セルの書式設定] ボックスの [表示形式] タブをクリックします。

  4. 数値のお好みの表示形式を選び、右側にある形式の具体的な変更内容を選びます。

[セルの書式設定] ダイアログ ボックス

ヒント: セルの中に ##### のように表示される数値がありますか? その場合は、セルが狭すぎて数値全体を表示できていない可能性があります。##### と表示されるセルを含む列の右枠線をダブルクリックしてみてください。この操作により、列の幅が数値に合わせて調整されます。また、列がお好みのサイズになるまで、右側の境界をドラッグすることもできます。

数値にオートフォーマットが適用されるのを止める

セルに数値を入力するか、または別のデータ ソースから数値インポートすると、それらの数値の形式が誤って設定される場合があります。たとえば、スラッシュ記号 (/) やハイフン (-) が含まれた数値を入力すると、それらの数値が Excel によって日付と解釈され、日付形式が適用される場合があります。このような操作が行われないようにするには、セルにテキスト形式を適用してから数値を入力してください。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. Ctrl キーを押しながら 1 を押します。

    Mac では、Control + 1 キー、または Command + 1 キーを押します。

  3. [数値] タブの [書式] 一覧で [テキスト] をクリックします。

[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [テキストとして保存]

数値の書式設定の補足説明

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×