数値の積を求める

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

たとえば、顧客との会議にミネラル ウォーターが何本必要かを計算したり (出席者数 × 4 日間 × 1 日 3 本)、出張費の仮払い清算をしたり (合計キロメートル数 × 0.46) する場合を考えてみましょう。数値の積を求める方法はいくつかあります。

セル内の数値の積を求める

この処理を実行するには、* (アスタリスク) 算術演算子を使用します。

たとえば、セルに「=5*10」と入力すると、結果 50 が表示されます。

数値の列と定数との積を求める

たとえば、7 列の各セルと別のセルに含まれる数値との積を求めるとします。 この例では、セル C2 に入力されている値 "3" との積を求めます。

1

2

3

4

5

6

7

8

A

B

C

データ

数式

定数

15000

=A2*$C$2

3

12

=A3*$C$2

48

=A4*$C$2

729

=A5*$C$2

1534

=A6*$C$2

288

=A7*$C$2

4306

=A8*$C$2

  1. セル B2 に「=A2*$C$2」と入力します。数式の "C" および "2" の前に $ 記号を含めるようにしてください。

    $ 記号は、C2 への参照が "絶対参照" であることを示します。つまり、この数式を他のセルにコピーしても、参照先は常にセル C2 になります。数式に $ 記号を使用しない場合、数式をセル B3 にドラッグすると、Excel Online では数式が =A3*C3 に変わりますが、セル C3 には値が入力されていないため、この数式は機能しません。

  2. B2 の数式を列 B の他のセルへドラッグします。

数式を使って複数のセルに入力された数値の積を求める

この処理を実行するには、アスタリスク (*) 演算子または PRODUCT 関数を使用します。

使用例

1

2

3

4

5

6

7

8

A

B

データ

5

15

[エンタープライズ日付 30

数式

説明 (計算結果)

=A2*A3

A2 と A3 の数値の積を求めます (75)

=PRODUCT(A2:A4)

範囲に含まれるすべての数値の積を求めます (2250)

=PRODUCT(A2:A4,2)

範囲に含まれるすべての数値と 2 との積を求めます (4500)

PRODUCT 関数では、最大 255 個の数値またはセル参照の組み合わせを使用できます。たとえば、数式 =PRODUCT(A2,A4:A15,12,E3:E5,150,G4,H4:J6) は 2 つの単独セル (A2 と G4) にある値、2 つの数値 (12 と 150)、3 つの範囲 (A4:A15、E3:E5、および H4:J6) にある値を乗算します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×