数値に文字列の書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel で特定の種類の数値を文字列として処理する場合は、数値形式の代わりに文字列形式を使用できます。たとえば、クレジット カード番号や、16 桁以上の数値が含まれている数値コードを使用している場合は、文字列形式を使用する必要があります。これは、Excel の最大精度が 15 桁であり、15 桁より後の数値は切り捨てられるためです (この動作は、ユーザーが希望しているものではない可能性があります)。

数値の表示形式が文字列になっている場合、数値はセルで右揃えではなく左揃えで表示されるため、ひとめで簡単に判断できます。

  1. 文字列の書式を設定する数値を含むセルまたは範囲を選択します。

    セルまたはセル範囲を選択する方法

    選択対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    注: ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    先頭のセルを選択してから、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことで、行または列内のセルを選択することもできます。

    注: 行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    ヒント: セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

    ヒント: 空のセルを選択し、そのセルに文字列の書式を設定した後、数値を入力することもできます。これらの数値には文字列の書式が設定されます。

  2. [ホーム] タブの [数値] で [表示形式] ボックスの横にある矢印をクリックし、[文字列] をクリックします。

    注: [文字列] オプションが表示されない場合、スクロール バーを使用して一覧の最後までスクロールしてください。

ヒント

  • 文字列として保存する数値で小数点以下の桁を使用するには、数値を入力するときに小数点を含める必要があります。

  • ゼロで始まる数値を入力すると、製品コードなど、Excel が既定では、0 を削除します。たくない場合は、先頭の 0 を保持する Excel を強制するユーザー設定の表示形式を作成できます。たとえば、入力するか、10 桁の製品コードをワークシートに貼り付けるしている、Excel は 0784367998 に 784367998 のような数字を変更します。この例で構成されている、強制的に Excel で先頭の 0 を含む、製品コードのすべての 10 桁を表示できるコード0000000000に、独自の表示形式を作成できませんでした。この問題の詳細については、番号コードの先頭の 0 を保持して作成または削除するユーザー設定の表示形式を参照してください。

  • 場合によっては、数値が文字列形式としてセルに保存され、後で計算に問題が発生したり、並べ替え順序が不適切になったりすることがあります。これは、データベースやその他のデータ ソースから数値をインポートまたはコピーしたときなどに発生します。そのような場合は、文字列として保存されている数値を数値形式に変換する必要があります。詳細については、「文字列として保存されている数値を数値形式に変換する」を参照してください。

  • 特定の数値形式のテキストに数値を変換するのには、文字列関数を使用することもできます。この方法の例については、番号コードの先頭の 0 を保持するを参照してください。TEXT 関数を使用する方法の詳細については、 TEXT 関数を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×