数値から日付に自動的に変更されないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

日付を簡単に入力できるように、Excel Online では、「12/2」が自動的に「12 月 2 日」に変更されます。しかし、日付に変更する必要がない数値を入力する場合、これはイライラすることになるかもしれません。これは無効にすることができますが、回避方法がいくつかあります。

分数のような、日付と同じように見える数値が多くある場合は、セルの書式を文字列として設定できます。こうすると、Excel Online で日付にする試みが実行されなくなります。

  1. 数値を入力するセルを選びます。

  2. [ホーム]、[表示形式]、[文字列] の順にクリックします。

入力する数値が少ない場合は、次のように入力すると、Excel Online で日付にされるのを止めることができます。

  • 数値の前にアポストロフィ (') を入力します。たとえば、「'11-53」または「'1/47」と入力します。Enter キーを押すと、アポストロフィはセルに表示されなくなります。

  • 分数の前には 0 とスペースを入力すると、たとえば 1/2 が 1 月 2 日に、3/4 が 3 月 4 日に変換されなくなります。「0 1/2」または「0 3/4」と入力します。Enter キーを押すと、0 (ゼロ) はセルに表示されなくなり、分数書式になります。

    注記: 

    • アポストロフィの代わりにスペースを使うこともできますが、データに対してルックアップ関数を使う計画がある場合、アポストロフィを使用することをお勧めします。MATCH や VLOOKUP のような関数は、結果の計算時にアポストロフィを無視してくれます。

    • 数値がセル内で左揃えになる場合、そのセルは数値として書式設定されていないことを意味します。

    • 「1e9」のように "e" が含まれた数値を入力した場合、自動的に「1.00E+09」という指数になります。指数に変換する必要がない場合は、数値の前にアポストロフィを付けて「'1e9」と入力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×