数値から日付に自動的に変更されないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel は簡単に日付を入力できるように、あらかじめプログラミングされています。たとえば、12/2 は 12 月 2 日に変更されます。これは、日付に変更する必要がないデータを入力するときには、非常に煩わしい機能です。残念ながら、これをオフにする方法はありません。ただしそれを回避する方法はあります。

数値を入力するセルの書式を文字列としてあらかじめ設定しておきます。この方法で、Excel に入力したデータが日付に変換されなくなります。

  1. セルを選択する数値を入力します。

  2. Ctrl キーを押しながら 1 キー (QWERTY キーの上の数字列の 1) を押して、[セルの書式設定] を開きます。

  3. [文字列] を選び、[OK] をクリックします。

入力する数値の数が少ない場合は、次のように入力すると、Excel によって日付に変更されなくなります。

  • 数値の前にスペースを入力します。Enter キーを押した後も、スペースはセル内に残ります。(メモを参照)

  • 数値の前にアポストロフィ (') を入力します。たとえば、「'11-53」または「'1/47」と入力します。Enter キーを押すと、アポストロフィはセルに表示されなくなります。

  • 分数の前には 0 とスペースを入力すると、たとえば 1/2 が 1 月 2 日に、3/4 が 3 月 4 日に変換されなくなります。「0 1/2」または「0 3/4」と入力します。Enter キーを押すと、0 (ゼロ) はセルに表示されなくなり、分数書式になります。

    注記: 

    • データに検索関数を使用する計画がある場合には、データ入力の際にスペースではなくアポストロフィを使用することをお勧めします。MATCH や VLOOKUP などの関数は計算時にアポストロフィを無視します。

    • 数値がセル内で左揃えになる場合、そのセルは数値として書式設定されていないことを意味します。

    • 「1e9」のように "e" が含まれた数値を入力した場合、自動的に「1.00E+09」という指数になります。指数に変換する必要がない場合は、数値の前にアポストロフィを付けて「'1e9」と入力します。

    • によっては、番号を入力して、表示のセルの左上隅の小さな緑の三角形ことを示す数値が文字列として保存されている、Excel には、エラー。三角形を無視するか、それをクリックします。左側にボックスが表示されます。ボックスをクリックし、[エラーを無視するには解消三角形を選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×