数値から日付に自動的に変更されないようにする

Microsoft Excel では、日付を簡単に入力できるように preprogrammed しています。 たとえば、12/2 は2月2日に変更します。これは、日付に変更したくないものを入力した場合に非常に困難です。 残念ながら、この機能を無効にする方法はありません。 ただし、そのためにはいくつかの方法があります。

数値を文字列として入力するセルを事前に書式設定します。 これにより、Excel では、日付に入力した内容が変更されることはありません。

入力する数値の数が少ない場合は、次のように入力すると、Excel による日付への変更を停止することができます。

  • 数値を入力する前にスペースを入力します。 Enter キーを押すと、スペースはセル内に残ります。 (注を参照)

  • 数値を入力する前のアポストロフィ (') (「11-53」や「1/47」など)。 Enter キーを押すと、アポストロフィはセルに表示されません。

  • 1/2 や3/4 などの分数を入力する前に、ゼロとスペースを入力すると、たとえば、2月または4月に変更されないようになります。 「0 1/2」または「0 3/4」と入力します。 Enter キーを押すと、セルの値が0のままになり、そのセルが分数の種類になります。

  1. 数値を入力するセルを選択します。

  2. Ctrl キーを押しながら1キー (QWERTY キーの上にある数値の行の 1) を押して、[セルの書式設定] を開きます。

  3. [テキスト] を選択し、[ OK]をクリックします。

  1. 数値を入力するセルを選びます。

  2. [ホーム>表示形式>テキスト] をクリックします。

注: 

  • データに対する lookup 関数の使用を計画している場合は、データの入力にスペースの代わりにアポストロフィを使用することをお勧めします。 MATCH や VLOOKUP などの関数は、結果を計算するときにアポストロフィを見落とさないようにします。

  • 数値がセル内で左揃えになっている場合、通常は数値として書式設定されていないことを意味します。

  • "E" を含む数値を入力した場合、1e9 のように自動的に計算され、指数形式は 1.00 E + 09 となります。 指数番号を表示しない場合は、数値の前にアポストロフィを入力してください: ' 1e9

  • 入力した数値によっては、セルの左上隅に小さな緑色の三角形が表示されることがあります。数値が文字列として保存されていることを意味します。これは、Excel ではエラーになります。 三角形を無視するか、またはクリックします。 左側にボックスが表示されます。 ボックスをクリックして、[エラーを無視] を選択します。三角形が消えます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×