操作を繰り返す

操作を繰り返す

操作を繰り返す

直前に実行した操作を何度でも繰り返すことができます。

Word の場合

たとえば、同じテキストを複数の場所に貼り付ける場合、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) を使用してテキストを貼り付けることができます。

同じテキストを貼り付ける

  1. 目的のテキストをコピーし、1 回貼り付けます。

    .

  2. テキストを貼り付ける場所をクリックします。

    テキストを貼り付ける位置をクリックします

  3. [繰り返し] ボタン (繰り返し) をクリックします。

    .

    直前に実行した操作が繰り返され、コピーしたテキストが貼り付けられます。

    コピーしたテキストが貼り付けられます

  4. 文書内の別の場所に同じテキストを貼り付るには、手順 2. と 3. を繰り返します。

Excel の場合

Excel では、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) は、クイック アクセス ツール バーに既定で用意されていません。直前に実行した操作を繰り返すには、最初に [繰り返し] ボタン (繰り返し) をクイック アクセス ツール バーに追加する必要があります。

  1. . (Microsoft Office ボタン) をクリックします。

    .

  2. [Excel のオプション] をクリックします。

    .

  3. [ユーザー設定] をクリックします。

    .

  4. [コマンドの選択] で、[基本的なコマンド] をクリックします。

    .

  5. コマンドの一覧で [繰り返し] をクリックします。

    .

  6. [追加] をクリックします。

    .

  7. [OK] をクリックします。

    .

    [繰り返し] がクイック アクセス ツール バーに追加されます。

    .

たとえば、同じ行を複数の場所に貼り付ける場合、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) を使用して行を貼り付けることができます。

同じ行を貼り付けます

  1. 目的の行をコピーし、1 回貼り付けます。

    .

  2. コピーした行を貼り付ける行をクリックします。

    コピーした行を貼り付ける行をクリックします

  3. [繰り返し] ボタン (繰り返し) をクリックします。

    .

    直前に実行した操作が繰り返され、コピーした行が貼り付けられます。

    コピーした行が貼り付けられます

  4. ワークシートの別の場所に同じ行を貼り付るには、手順 2. と 3. を繰り返します。

PowerPoint の場合

たとえば、同じオブジェクトをそれぞれのスライドに貼り付ける場合、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) を使用してオブジェクトを貼り付けることができます。

.

  1. 目的のオブジェクトをコピーし、1 回貼り付けます。

    .

  2. オブジェクトを貼り付けるスライドをクリックします。

    .

  3. [繰り返し] ボタン (繰り返し) をクリックします。

    .

    直前に実行した操作が繰り返され、コピーしたオブジェクトが貼り付けられます。

    .

  4. プレゼンテーションの別の場所に同じオブジェクトを貼り付るには、手順 2. と 3. を繰り返します。

Outlook の場合

Outlook では、メイン ウィンドウ以外のウィンドウ (たとえば、新しいメッセージを入力するためのウィンドウ) で [繰り返し] ボタン (繰り返し) 機能を使用できます。

たとえば、同じオブジェクトを同じメッセージに貼り付ける場合、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) を使用してオブジェクトを貼り付けることができます。

同じオブジェクトを貼り付けます

  1. 目的のオブジェクトをコピーし、1 回貼り付けます。

    .

  2. オブジェクトを貼り付ける場所をクリックします。

    .

  3. [繰り返し] ボタン (繰り返し) をクリックします。

    .

    直前に実行した操作が繰り返され、コピーしたオブジェクトが貼り付けられます。

    .

  4. メッセージ内の別の場所に同じオブジェクトを貼り付るには、手順 2. と 3. を繰り返します。

ヒント: 繰り返すことができない操作

Doctor

セルで関数を使うなど、一部の操作は繰り返すことができません。

直前の操作を繰り返し実行できない場合は、 [繰り返し] ボタン (繰り返し) の代わりに 繰り返すことができません (繰り返しできません) と表示されます。

ヒント: キーボード ショートカットを使用して操作を繰り返すには

Doctor

直前の操作を繰り返すには、Ctrl キーを押しながら Y キーを押します。

ページの先頭へ

<<前へ | 1  2

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×