提案された各グラフにグラフを作成します。

提案された各グラフにグラフを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel で利用可能なグラフの種類を調べて探し出したグラフが、作業中のデータには合わなかったというのは、もう過去の話です。[挿入] タブの [おすすめグラフ] コマンドを使用すれば、利用しているデータに適したグラフを素早く作成することができます。

  1. グラフを作成するデータを選択します。

  2. [挿入]、[おすすめグラフ] の順にクリックします。

    [挿入] タブの [グラフ] グループ

  3. [おすすめグラフ] タブで、利用しているデータに合わせて自動的に推奨されるグラフの一覧をスクロールし、いずれかのグラフをクリックして、データがどのように表示されるのかを確認します。

    [グラフの挿入] ダイアログ ボックスの [おすすめグラフ] タブ

    ヒント: 希望のグラフがない場合、[すべてのグラフ] をクリックして使用できるすべてのグラフの種類を確認します。

  4. 目的のグラフを見つけたらクリックして、[OK] をクリックします。

  5. グラフの右上隅の横にあるグラフ要素グラフのスタイル] および [グラフ フィルターボタンを使用して、軸タイトルデータ ラベルグラフの外観をカスタマイズするにはなどのグラフ要素を追加または変更します。グラフに表示されるデータ。

    推奨された積み上げ縦棒グラフ

  6. 追加のデザイン機能および書式機能にアクセスするには、グラフの任意の場所をクリックして、グラフ ツールをリボンに追加してから、[デザイン] タブおよび [書式] タブで目的のオプションをクリックします。

    [グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office で利用可能なグラフの種類

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×